【ぱちんこ GANTZ:3 LAST BATTLE】これが「GANTZ」の最適解!?様々な点が進化したシリーズ最新作を徹底レビュー!

【ぱちんこ GANTZ:3 LAST BATTLE】これが「GANTZ」の最適解!?様々な点が進化したシリーズ最新作を徹底レビュー! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

今回は話題の新台「ぱちんこ GANTZ:3 LAST BATTLE」を実際に打ってみてどうだったのか、といったところをユーザー目線でレビューしていきたいと思います。

 

本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

>>「ぱちんこ GANTZ:3 LAST BATTLE」の解析情報はこちら

 

 

「X-GUN」&「Z-GUN」。Wアタッカー搭載で小当りラッシュに新たな興奮!

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE レビュー「ギミック・盤面構成」

 

これまではあまり大きな変化が見られなかったギミック・盤面構成ですが、本機は様々なポイントが進化。

 

まず大当たり当選告知のタイミングで作動する「Z-GUNギミック」。こちらは液晶全体を覆うデザインへと一新されてインパクトが激増しております。一方で点数や期待度が表示されていた「GANTZ玉」のギミックは非搭載…と思いきや液晶上部移動。ただ、以前のような点数表示演出は確認することができなかったのでおそらくなくなってしまったのかなと。

 

大きな手直しが加えられたのがアタッカーで、本機は「X-GUNアタッカー」「Z-GUNアタッカー」という2種類のアタッカーを搭載。これが影響を及ぼすのが小当りラッシュ中でして、今までの小当りラッシュ中に開放するアタッカーは一箇所のみでしたが、今作では「小当り」当選時は「X-GUNアタッカー」、「強小当り」当選時は「Z-GUNアタッカー」が開放というゲーム性に進化。

 

ただハマることを願うだけではなく「強小当り」を以下に引けるか…という新たな楽しみが生まれ、短い間隔で「強小当り」が連打したときには今までの「GANTZ」シリーズにはない高揚感を味わうことができます。正直「Z-GUNギミック」に関してはオマケ程度の変更ではありますが、小当りラッシュに新たなゲーム性を取り入れユーザーにもっと楽しんでもらいたい…という想いをビンビン感じました! 星は4つで!

 

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE Z-GUNギミック

 

「Z-GUN」は進化を遂げたものの点数表示がなくなってしまった「GANTZ玉」が個人的には改悪要素。僕はデザインの完成度やギミックアクションの迫力などはもちろんのこと作品の世界観を如何に上手く取り入れてるかというところを大事にしているので、その点であのギミックはあらゆるパチンコの中でもトップクラスにお気に入りだったんですけどね…(泣)

 

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE試打 X-GUNアタッカー

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE試打 Z-GUNアタッカー

 

こちらが「X-GUNアタッカー」と「Z-GUNアタッカー」。「ぱちんこ 仮面ライダー 闇のライダーver.」に搭載されていた「全滅アタッカー」の快感を本機でも味わうことができます! 「X-GUNアタッカー」の上には一応溢しポイントが存在するので、心配な方は打ち出す前にここの状況をチェックしておきましょう!

 

 

無駄を削ぎ落とし小当りラッシュに関わる数値を強化!

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE レビュー「スペック・ゲーム性」

 

①状態問わず確変大当たり時は必ず小当りラッシュ突入に!

②初当たり時の確変突入率が50%(前作は45%)に!

③時短は非搭載!

 

根本的なゲーム性は歴代シリーズを踏襲していますが、いくつか注目すべき変更点があります。

 

まずは①に関してですが、今までのシリーズ機では小当りラッシュに突入する確変・小当りラッシュに突入しない確変という振り分けが存在していましたが、今作ではシンプルに改善されています。そして②に関しては単純に確変突入率がパワーアップ。確変=小当りラッシュ突入なので、初当たり時は50%で小当りラッシュに突入…という非常にわかりやすいスペックに。

 

また、前作は初当たり時の大半が2R大当たりでしたが、今作は確変大当たりは必ず6R大当たりへと強化されているのも嬉しいポイントですね。

 

そして最後の③ですが、本機の電サポ状態は確変状態のみとなっており、引き戻しのチャンスとなる時短は非搭載となっています。「引き戻しこそがパチンコの花」と考えている自分にとっては残念なポイントなのですが、むしろ「GANTZ」シリーズはこれが正解なのかなと。というのも、小当りラッシュ搭載機って時短中の消化スピードが極端に遅くストレスを感じてしまうことも多かったんですよね。

 

そこをバッサリ切り取って小当たりラッシュ突入率や初当たり時のラウンド数増加といったスペックアップを実現した本機は、「GANTZ」シリーズの完成形ともいえる出来栄えなのではないでしょうか。星は5つで!

 

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE試打 超GANTZボーナス

 

今回は確変大当たり=必ず小当りラッシュ突入(継続)! 過去のシリーズでは小当りラッシュ非突入の確変に限ってハマり、小当りラッシュではすぐに当たる…なんてこともありましたが本機はそんなストレスとは無縁。とにかく確変を引けばいいのです!

 

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE試打 ラッシュ中対決リーチ画面

 

バトル敗北後も時短でワンチャン…という引き戻しのドキドキ感が味わえないのは残念ですが、小当りラッシュ搭載機の時短はどうしても好きになれなかったのでね…。時短をバッサリと切り捨てたのは個人的に一番評価したいポイントです!

 

 

大幅に演出を刷新しマンネリ感を解消!

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE レビュー「通常時」

 

これまでの「GANTZ」シリーズでは新演出が多少追加されたものの、主要演出やリーチ演出に変更はなくマイナーチェンジにとどまっていた印象。しかし本機ではリーチ演出に新たな星人が追加、強演出を多数追加、さらにはステップ予告などの主要予告演出まで刷新されるなど、過去シリーズの中で最も大きな変化が見られます。

 

特にリーチ演出は初代・2・極と3作品にわたり同じ星人と戦わされていたのでね…ようやくこの時が来たかと(笑)。残念ながら無くなってしまった予告演出もあるので、もしかすると歴代シリーズのファンだった方は気になるかも。とはいえ、長年大きな変化が見られなかった「GANTZ」シリーズでついに演出が刷新されたのは喜ばしいこと。

 

間違いなくこれまでのシリーズで一番力が入っているなと感じる出来でした! ☆は4つ!

 

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE試打 田中星人リーチ

 

一番大きな変更点はついにリーチ演出で新たな星人が登場したということでしょう。個人的には原作でかなり印象的だった「田中星人」が参戦してくれたのが嬉しいです。もう一人(星人の単位ってこれでいいの?)の新たな追加星人である「ダビド星人」は「SPSPリーチ」で最も期待度の高いリーチ演出となっていますよ!

 

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE試打 GANTZ玉注目カットイン

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE試打 熱くなりまちた

 

(GANTZ玉は液晶上部にお引越し。点数も表示してよ~!)

 

新演出の「武器ストック」「玉漢ゾーン」「熱くなりまちた。」は初当たり時の大半に絡む超重要演出。リーチ発展前はあまり強くなくてもリーチ中にこれらの演出が立て続けに発生し大当たりするパターンもあり、とりあえず「SPSPリーチ」に発展さえすれば期待できる演出バランスだと感じました。

 

今回の試打で初当たり時に選択されやすい演出を検証しておりますので、気になる方は是非そちの記事もチェックしてくださいね!

 

 

現役最高峰の出玉性能はそのままに様々な点で進化!

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE レビュー「ラッシュ中」

 

「GANTZ」といえばやはり小当りラッシュ(超GANTZボーナス)中が最大の注目ポイント。確変=小当りラッシュというわかりやすい振り分け、Wアタッカー搭載によって実現した新たな興奮…とスペック・ゲーム性ともに大幅な進化。また小当りでの増加分を含めた確変突入時の期待出玉は10000発OVER(払い出し)と、前作同様に現行機トップクラスの出玉性能となっています。

 

そして今作では「超行ってくだちいボーナス」「超妄想ボーナス」に新たな「超バトルボーナス」が加わったことにより、大連チャン中も演出モードを変えて飽きずに楽しむことができるようになりました。「超バトルボーナス」は「ぱちんこ 仮面ライダ ー闇のライダーver.」の「連撃バトルラッシュ」中に近いゲーム性となっており、星人の種類&危険度表示によって期待度を示唆。星人が「Z-GUNギミック」に押しつぶされれば(強)小当りor大当たり当選というシュールな演出になっています(笑)

 

時短非搭載となった点はここでも注目したいポイントでして、本機では通常大当たり=即通常時へ転落。小当りラッシュ機ということで出玉スピードを全面に押し出した台(主に即連タイプの一種二種混合機など)には敵いませんが、メリハリがあるのでお仕事帰りなど夜遅い時間からの短時間勝負でも安心して楽しめる台になったのではないかなと。

 

ゲーム性・スペック・演出…ありとあらゆる面でシリーズ最高の完成度だと思います! 星は5つで!

 

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE試打 超妄想ボーナス

 

従来の演出モードも手直しが加えられており、「超妄想ボーナス」は違和感&「Air-vib」特化型の演出モードに進化。強小当り当選時はミニキャラが上に飛び上がると同時に「ポポポッ…」という新感覚の「Air-vib」が発生します。こんなのよく思いついたなぁ(笑)

 

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE試打 結果画面

 

昨今は短時間でケリがつくタイプの台が人気ということで本機もトレンドを取り入れる形で進化。なにげに小当りラッシュ搭載機で時短がないのって珍しいかも…? これからは夜遅い時間からでも「GANTZ」を楽しめるぞ~!

 

 

「GANTZ」の完成型といえる完成度

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE レビュー「オススメ度」

 

小当りラッシュというGANTZの象徴はそのままに、スペック・演出・アタッカーなど様々な進化点が見られます。

 

何度も言いますが、個人的にはストレスを感じてしまうことのあった時短を取っ払った点がなにより素晴らしい進化だと思います。そのおかげで初当たり時のラッシュ突入率が50%になり、確変大当たり時は必ず小当りラッシュに突入というスペックアップを実現。

 

ゲーム性としても非常にスッキリしてわかりやすくなっているので、今までの「GANTZ」や小当りラッシュ機に苦手意識があった方にも自信を持ってオススメできる一台となっていますよ!

 

 

ぱちんこGANTZ3:LAST BATTLE 総合レビュー

 

 

パン君 アイコン強小当り時の「ポポポッ」は笑いました。今後のOK!!(京楽)機種では標準搭載となるのか!?

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る