×

ガリぞうが初見のホールで立ち回るときの「最善手」とは!?【収支日記#122:2022年6月28日(火)~7月4日(月)】 (1/3)

ガリぞうが初見のホールで立ち回るときの「最善手」とは!?【収支日記#122:2022年6月28日(火)~7月4日(月)】 eyecatch-image

ガリぞうの収支日記#122 スケジュール

 

今週の収支日記は6月28日~7月4日の1週間です。思い返せば、演者稼業と私自身の生業の狭間での悩みが顕著に表れ始めた1週間だったように思います。その答えは未だ出せていませんが。

 

 

6月28日:最善手とは

 

設定状況や示唆の形により、最も効率的な動き方は異なってきます。朝イチで1台だけ設定6の台が告知されている状況ならば(店によっては今でも見られます)、誰よりも早く並んで先頭で入場すると最も期待値が高いでしょう。

 

その店舗の入場が抽選方式なら、何らかの方法で試行回数を増やす事で先頭入場の可能性が高まるかもしれません。全台系を探す取材ならば、その機種をいち早く見つける為にも自ら打つ台数を増やす為にも頭数がモノを言うでしょう。しかし、こうした行為は店側が禁じていたり良心の呵責により避けたりする人も多いでしょう。その性格や立場により、最も効率的な立ち回りができない場合もあります。人によって異なる中で自分にとっての最善手は何なのか。そんな収録実戦記です。

 

今日は千葉県にてDMMぱちタウンTVの番組「ヒーローズロード」の収録です。番組を観て頂いた事のある方には分かると思いますが、一般的な全台系等の横に並んだ高設定探しではなく、シマを縦に貫いた高設定を見つける事が最たる目的となる企画です。

 

一応補足しておくと、元々この番組はレギュラー出演しない事を条件に受けさせて頂きました。道を探す立ち回りが私の色として馴染んでしまうと他番組にも影響を及ぼしかねず、「日々の稼働で培ったパチスロの勝ち方を伝える事」に支障が出る可能性を危惧した結果です。ただ、現状この番組の皆勤賞は私のみで、どう見てもレギュラー扱いにしか見えないので運営と相談してみたところ、今回は私と水樹さんに加え梅屋君も参加してくれる事になりました。

 

 

ガリぞうの収支日記#122 ヒーローズロード写真引用元:DMMぱちタウンTV

 

今回の店舗は他番組も含め初収録店で、地域的にも初見な為、客層を含めた経験値が圧倒的に足りません。ホールの過去の傾向も調べてみましたが、これと言って手がかり的な情報も得られませんでした。そんな中で道を探すとなると、最善手は「午前中は見」です。まずは道探しに全力を注ぎ、ある程度見えてきたところで打ち始めるなり空き待ちをするなりしていけば、無駄な投資を避けつつ高設定にたどりつきやすくなります。

 

しかし、今日は道探しが最たる目的と言えど、あくまで「収録実戦」。何かしら打つ画が必要なので、私なりの落としどころを考えます。道探しの3割が該当する「カド台」で、かつ道沿いの台数が少なく、例えハズしていたとしてもプラス期待値を維持できる位置。以上の考えから「ひぐらしのなく頃に・祭2」のカド台に照準を絞りました。

 

抽選前に確認すると、並びは185人だそうな。そんな中、私の番号は……186番。オーバーキルでした。

 

10時、開店。ほぼ最後尾からの入場ですが、一応は本命台のひぐらしのカド台へ。しかし、ひぐらしのシマで唯一埋まっているのがカド台でした。もしかしたらすぐにヤメていくかもしれないですし、その方が打ち続けられるとしても自然に挙動を把握できる隣のカド2を確保してみました。目押しがあまり得意じゃない機種でしたが、それも先月の稼働のみ月間で矯正済。おそらくはプラス期待値を維持したまま挙動確認できると思います。

 

 

ひぐらしのなく頃に祭2 A番台
G数 当選 備考
261 赤R 投資300枚
11 RT 50.50.0.4
148 白BIG
34 RT 50.100.0.9
95 RT 50.150.0.12
149 RT 50.200.2.16
203 白R

※RT後の数字は「RTゲーム数.累計RTゲーム数.累計RT中ハズレ回数.累計RT中共通ベル回数」。

 

とりあえず正午過ぎまで打ってみますが、隣のカド台の当たりが重く、設定推測に関する挙動を確認できません。そして、意外にも私の台の共通ベルが200Gで16回(1/12.5)と設定6以上の挙動を示しています。私の真後ろのニューパルは全く動いていませんが、さらに後ろ側のシマのマクロスには出玉がついています。

 

食事休憩中もデータと睨めっこしていましたが、ホールに戻ってすぐに私の隣のカド台ひぐらしで富竹ボーナス中の悟史(設定2以上確定)を確認しました。水樹さんや梅屋君との相談で「このホールはダミーの高設定も使う可能性」が見えてきているので一概には言えませんが、元々の「カド列が3割で当たり説」もありますし、もう少し観察する為にもカド2で実戦してみます。

 

 

G数 当選 備考
57 白BIG
27 RT 50.250.2.20

 

このART消化中、隣のカド台ひぐらし祭2を打たれている方からお声掛けを頂きました。真後ろにあるニューパルを知人が打っていて、「虹トロフィーが出た」との事。カドのひぐらし祭2でも悟史が出ていますし、これはもう決まりでしょうか。しかもお声掛けを頂いてしまったので、空き待ちをする訳にもいきません。とは言っても他の道が濃厚な空き台も見られないので、本来ならば既に何本か見え始めている道沿いの空き待ちが理想です。ただ、これは実戦収録番組ですし、しばらくは道探し重視で目の前のひぐらしを回していきます。

 

 

G数 当選 備考
78 白BIG
10 RT 50.300.2.22
73 RT 50.350.5.26
125 RT 50.400.6.28
382 赤R
27 RT 50.450.6.30
89 RT 50.500.6.32
141 赤R
18 赤BIG
6 RT 50.550.7.34
264 RT 50.600.9.39
520 白BIG
14 RT 50.650.9.39
65 RT 50.700.10.40
118 RT 50.750.10.43
173 ヤメ

 

結局、最後まで有力な道沿いの空き台は見られないまま時間切れに。私がヤメる直前、カド台のひぐらし祭2で富竹ボーナス中の斜めBAR揃いも確認できましたし、やはり道の一本はひぐらしのカド台ラインで間違いなさそうです。

 

 

ガリぞうの収支日記#122 ヒーローズロードキャプチャー2引用元:DMMぱちタウンTV

 

私の台は偶数挙動だったので、推定設定2でしょうか。出玉を流すと690枚。先月の目押し矯正の成果かノーミスだったので、104%ちょうどの出玉率を活かしてチョイ浮きのままで終われました。

 

 

ガリぞうの収支日記#122 ひぐらし結果引用元:DMMぱちタウンTV

 

結局、道は5本ほどあったようで、マクロスデルタ・えとたま・番長ZERO・サラ番2・沖ドキDUO等、私が普段全く触らないような機種にも正解が多々あったようです。この番組での過去のデータ上、ご覧の通り演者の色よりも道探しが優先されているように見えるので、実戦機種がジャグラーばかりにならず私も戦い甲斐があります。あくまで実戦番組なので、「プロスロ13」のような見だけの動画にする訳にはいきませんが、自身の立場と道徳を天秤にかけて折り合いをつけつつこれからも頑張っていきたいです。

 

尚、この日の収録実戦は既に動画でも公開されています。映像でも観てみたいという方はコチラからご視聴のほどよろしくお願いします。

 

 

>>【動画】ヒーローズロード 第10回【前編】

>>【動画】ヒーローズロード 第10回【後編】

 

 

ガリぞうの収支日記#122 6/28結果

この記事を共有

いいね!する

102
  • 1:2022-09-27 14:25:21たまには普段からデータとにらめっこしてないとツモれないような特殊な(強い平打ちみたいな)取材とかあったら面いのにね、エンタメ寄りになるけど、今日はノーマル禁止のルールが有るので、ノーマルは打てませんみたいにしてホールさん困らせるのも面白いかもねw
  • 2:2022-09-29 12:50:49ジャグラーで勝つならアイムという話をよく聞きますが、本当にそうなのでしょうか。マイジャグは人気があり平常でも稼働が付くのに対し、アイムはガラガラ、店からしてみたら稼働の高い方に割りを割くのでは。某サイトの「とあるホールの設定推測」で店舗、機種ごとの平均設定を出していますが、アイムとそれ以外は0.5程度しか変わりません。機械割で考えるとマイなどの方が甘いです。確かにアイムは夕方にもなれば高設定ならではのREG回数がはっきりしてきますが、履歴打ちする人以外にはあまり関係ないような気がします。
  • 3:2022-09-30 10:16:16目押し完璧な時は画像を上げるのですね。 ユニメモ上げずにデータ開示のみの時の信頼度が下がる気がします。 最近「勝ち方を伝えること」よりも、「自分の商品価値を高めること」に尽力してるように見えてしまってます。 二日酔い実践も増えてますし、「体力の衰え」を嘆くのも違う気がします。 もう正直に本音で喋る演者でやった方が面白い気がしますw ワサビさんとの酒飲みトークが1番面白いので、個人チャンネルで上げてくれると嬉しいです。

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る