×

【パチンコが好きな県民】日本で一番パチンコが好きな都道府県民を決めよう!

【パチンコが好きな県民】日本で一番パチンコが好きな都道府県民を決めよう! eyecatch-image

チワッスあしのです。

 

いつもありがとうございます! パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回は「日本で一番パチンコが好きな都道府県民」について。果たしてどこ……? というかどうやって決めるんだこれ。

 

 

決め方について

 

データから見ると…九州の人はパチンコ好き?

 

基本的にどの都道府県にも遊技ファンというのはいて当然なのですが、その熱量には結構地域差がある気がします。たとえば筆者が若かりし日々を過ごした長崎県。これは当時は「地元でパチンコ打ってる人って結構少ないよな」と思ってましたけど、都会に出てきてからは「いやめちゃくちゃ多かった」と感じています。明らかに長崎のほうがファンの密度が濃かった。この「濃かった」というのは人口に対してパチンコやってる人の割合が高かったという事です。もちろん筆者が勝手に思ってるだけなので全然違うかもしれんのですが、果たしてそのへんどうなんだろう。ちょうどタイミングよく日遊協さんが「遊技業界データブック2022」を発表されたことですし、せっかくなんでその辺からデータを拾ってみましょう。

 

まずは全体のデータから。基本的な部分を抜粋してみます。

 

 

令和3年時点での遊技場数・遊技機台数データ
遊技場数 8,458店
パチンコ機台数 2,338,294台
回胴式遊技機台数 1,475,703台

 

設置台数の都道府県別順位
1 大阪府 280,937台
2 東京都 267,827台
3 愛知県 256,805台
4 神奈川県 193,593台
5 北海道 185,483台

(※日本遊技業関連事業協会「遊技業界データブック2022」より)

 

この辺は概ね人口に比例していますな。一番少ないのは鳥取県で22,005台。次いで島根県で23,515台となっています。続いてこれらをもとに、「人口/台数」をチェックしてみましょう。

 

 

設置台1台あたりの人口が多い県
1 沖縄県 52.5人
2 東京都 52.3人
3 神奈川県 47.7人
4 奈良県 47.5人
5 埼玉県 39.8人

 

はいこんな感じ。なんと沖縄が1位。すげーパチンコファンが多そうなイメージがありますが真逆の結果でした。これはとりもなおさず「人口に対してパチ屋が少ない」という意味になります。まあ沖縄の場合は離島群の人口とかも含まれておるのでここの数字はデカくなって当たり前じゃんかと思うかも知れませんが、人口の90%が本島に集中しておるほか石垣島とかにもパチ屋はあるゆえそこまで人口分散の影響はないと判断します。んでここは「人口に対して台数が少ない地域」と言い換えることができます。一方でこの逆が「人口に対して台数が多い地域」ですな。これちょっと面白い結果が出ていました。

 

 

設置台1台あたりの人口が少ない県
1 宮崎県 19.4台
2 鹿児島県 21.0台
3 大分県 21.3台
4 熊本県 24.0台
5 長崎県 24.1台

 

はいこれ。わお。九州ばっかりじゃん。なんだこれ。ただし九州でも福岡は唯一そうでもなく29.2台とランキング26位でした。ちなみに3位の大分に関しては「日本で一番設置台数が多い単一店舗」である「nikko大分中央店」さんが有名です。なので「単に九州には郊外型のデカい店舗が多いだけじゃね?」という疑問がわきますな。では各県の「平均設置台数」の最新ランキングを見てみましょう。

 

 

店舗ごとの平均設置台数
1 三重県 577.7台
2 愛知県 554.7台
3 富山県 554.2台
4 福岡県 541.1台
5 熊本県 538.1台

 

これは「店舗の大型度ランキング」ともいいかえることができますが、4位と5位に九州勢がランクインしているとはいえ別に飛び抜けてデカいわけではなく。「設置台1台あたりの人口が少ない県」の1位である宮崎県は8位の502台。2位の鹿児島に至っては387.4台の43位と下から数えた方が早い始末。特に郊外店舗が多いからランキングが高いんじゃいという結果は見えません。なるほどね。九州人はみんなパチンコ好きなんですな。

 

 

長崎県民最愛説

 

九州勢は概ねホール数ランキングが実際の人口より好位置

 

はい、上のデータから読み取れる事は以下の感じ


・沖縄と福岡を除く九州地域は台当たりの人口がめちゃ少ない
・にもかかわらず1店舗あたりの設置台数はさして多くない
・要するにパチ屋そのものが多い
・それでもやってイケてるぜ

 

基本的にパチ屋の店舗数と人口は比例してるのですが九州勢は概ね「パチ屋の数」のランキングが実際の人口よりも好位置につけています。

 

 

人口ランキングと設置台ランキング比較
都道府県 人口ランキング 店舗数ランキング
福岡 9 9
佐賀 41 44
長崎 30 22
大分 34 29(同数)
宮崎 35 29(同数)
鹿児島 24 13

(※人口は2021年国勢調査より)

 

見りゃ分かるのですが異常値を叩いてるのは鹿児島です。しかも鹿児島は上の【店舗ごとの設置台】のランキングで43位。にもかかわらず【設置台1台あたりの人口が少ない県】で2位に輝いているので、「昔ながらの小型店が生き残りつつ」「人口あたりの設置台数が多い」という結果になっています。というわけで鹿児島がトップでいいんじゃねーかと思ったのですが、ちょっとまった。長崎を見て下さい。長崎も鹿児島と同様の傾向があります。しかも、長崎はボートレース場も競輪場もあります。そして鹿児島と宮崎にはそれらがありません(場外除く)。さらにIRのカジノの候補として長崎はまだ佐世保が残っています。すげえぜ長崎!

 

まあ筆者が勝手に言ってるだけですが、以上のような理由によりここはギリギリ僅差で長崎県民の勝ちとします。遊技最愛県は長崎! フィニッシュ!

 

 

業界豆知識あしの 画像3異論は認める

この記事を共有

いいね!する

103
  • 1:2022-09-29 12:58:11天気の悪い日は仕事ができなくなる、漁業や農業が盛んな地域ほどパチやる人が多いと昔聞いたことあります

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る