×

ガリぞうの地元稼働だからこそできる「収録案件ではできない勝ち方」とは?【収支日記#127:2022年8月2日(火)~8月8日(月)】 (1/3)

ガリぞうの地元稼働だからこそできる「収録案件ではできない勝ち方」とは?【収支日記#127:2022年8月2日(火)~8月8日(月)】 eyecatch-image

ガリぞうの収支日記#127 週間スケジュール+2984枚

 

今週の収支日記は8月2日~8月8日の1週間です。今回から3ヵ月ぶりの稼働のみ月間となります。今月の目標は2つ。「必死感の回復」と「6.5号機慣れ」を目指すつもりです。

 

 

8月2日:収録案件だと見せられない事

 

収録案件では見せられない「勝ち方」も多々存在します。分かりやすいところで言えば、店選びでしょうか。最も大事な部分ではあるものの、ホールへの撮影許可が必要な収録案件の仕組み上、自分で店を選ぶシーンを撮るとなればかなり敷居が高くなります。また、ホールが今も暗に示している機種示唆系も、ホールにかかる迷惑を鑑みれば映像では難しいでしょう。今日の稼働も「収録時にはできない動きと考え方」が発揮された日でした。

 

今日は帰郷後初の実戦日。普段なら店調査から入るところですが、今日は朝イチから狙える店があります。しかも、2軒も。3ヵ月前の稼働のみ月間で得られた情報に加え、出張中にデータサイトで見ていた状況が現場復帰初日から打てる状態にしてくれました。

 

大本命は「この店でこの台を打てばほぼ確実に高設定」と思われる某店の某機種。朝イチから打ちに行ってみたものの、この台はライバル達に取られてしまいました。他にもツモれる可能性のある台はあるのですが、大本命以外は確信を持てないのでここは撤退。(状況や読み筋も書きたいのですが、台を取られたライバルに私の事を知っている素振りが見えたので、ここを読まれている可能性も考慮して詳細は割愛しておきます。)

 

 


 

収録時に見せられない勝ち方その① 朝イチで確定台

 

普段の稼働では割りと見られる「その日その店でその台さえ押さえられればほぼ確定で高設定」という状況は収録時だと滅多に用意できません。ここ数年だと、岩槻の円形や心斎橋での某読み筋くらいでしょうか。そもそも確信レベルの状況だと、行けば確実にツモれるのですから、人に教えたくないのも当然であり、詳細はご容赦ください。

 


 

気持ちを切り替えて2軒目へ。こちらは3ヵ月前にマッピーや頭文字Dでツモれていた店舗で、競争率は低いながら高設定へのたどりつきやすさが長所です。おそらくですが、時差には機種寄せがあると思われ、今日も浅い昼時差なので、保険店として今後も扱っていけるかどうかを調べる意味で来てみました。

 

 


 

収録時に見せられない勝ち方その② 保険店

 

朝イチの店選びが失敗だったり抽選の段階で弾かれた際、2軒目の候補として保険店を用意しておく動きはパチスロ生活者であれば当然です。しかし、収録現場が決められている収録案件ではまず間違いなく見せられない動きです。

 


 

ホール到着は昼時差開店から1時間後。状況把握の為、店内を何周かしていると、キャッツアイを打っている方がキャッツボーナスでシナリオ6(瞳→愛→泪→キャッツアイ)を確認。これ即ち設定2以上確定です。もしかしたら機種寄せなのかもしれないと思い、設定2以上が確定した台の右隣の空き台に着席。

 

 

キャッツアイ A番台
G数 当選 備考
239 赤BIG 貯玉7回分
0 CT 赤BIG×1,R×2
4セット 611枚
198 cz
253 奪還
295 奪還
345 赤BIG
0 CT 青BIG×2,赤BIG×3,R×6
設定2以上
12セット 1564枚

※CTからの引き戻し奪還成功時の獲得枚数は引継ぎ表示。

 

ガリぞうの収支日記#127 キャッツアイ スイカ揃い

 

私の台でもボーナス終了時の台詞で「お楽しみはこれからよ!」が出現し、早々に設定2以上が確定しました。また、私が打つ台のさらに右隣の台でもキャッツタイム(CT)終了画面で喫茶店が出現し、設定2以上が確定しました。やはりこれはキャッツが機種寄せと見ても良さそうです。しかも、前述写真の通り、CT最終ゲームで終了画面にならない(=ボーナス確定)という好展開にも恵まれ、一撃1500枚overの出玉も獲得。幸先良しです。

 

 

G数 当選 備考
201 cz
210 奪還 成功
226 CT 赤BIG×1
2セット 226枚
134 cz
143 奪還 成功
164 CT 赤BIG×2
3セット 401枚
17 R
0 CT 高設定示唆
4セット 456枚
25 R
0 CT R×1
6セット 626枚
46 赤BIG
0 CT 7セット 690枚
10 R
0 CT 設定4以上
8セット 725枚

 

ガリぞうの収支日記#127 終了画面「良」設定4以上

 

キャッツアイはCT中の獲得枚数が極端に少ないと、枚数が表示されないという不親切な機能が搭載されているのですが、そういった展開悪もなく右肩上がりで出玉を伸ばしていきます。加えてCT終了画面で設定4以上も確定しました。しかし……。

 

 

G数 当選 備考
76 cz
179 奪還 成功
199 CT 1セット 25枚
40 cz
50 奪還
141 奪還 成功
161 CT R×1 設定4以上
2セット 159枚
34 cz
43 奪還
99 奪還
162 奪還 成功
185 CT 1セット 14枚
322 cz
371 奪還
389 CT 1セット 60枚
23 R
0 CT 2セット 133枚
100 cz
117 奪還
174 奪還 成功
195 CT 1セット 35枚
53 赤BIG
0 CT 設定2以上
1セット 94枚
28 赤BIG

 

その後は何度CTに入れても獲得枚数が100枚前後にしかならないという酷い展開で、2000枚くらいあった出玉が半分ほどのまれてしまいました。6.5号機は総じて荒く感じます。

 

 

G数 当選 備考
0 CT R×1 設定2以上
3セット 297枚
16 R
0 CT 赤BIG×1,R×1
6セット 677枚
11 R
0 CT 7セット 838枚
26 ヤメ

 

ガリぞうの収支日記 画像4

 

ゲームデータ
総ゲーム数 6041G
通常ゲーム数 2449G
ボーナスゲーム数 1123G
CTゲーム数 2469G
ボーナス初当たり 11回 1/222.6
CT中ボーナス 22回 1/112.2
潜入ステージ
通常時潜入ステージ
当選回数
13回 1/128.8
通常時潜入ステージ
成功回数
7回 53.8%
CT後潜入ステージ
成功回数
7回 38.9%
ボーナス
通常時H・BIG 0回 1/--
通常時BIG 5回 1/489.8
通常時REG 6回 1/408.2
CT中H・BIG 2回 1/1234.5
CT中BIG 8回 1/308.6
CT中REG 12回 1/205.8
BIG中ビタ押し成功回数 123回 98.4%
REG中ビタ押し成功回数 48回 100%

 

その後、数百枚程度のCTを三度重ねたところで時間切れに。(21時前ですが、キャッツアイは当たりの処理時間が長いので21時を過ぎると危険と判断しています。)

出玉を流すと、差枚数は+1573枚に。少しだけ回復してくれました。

 

ちなみに、AT出現率と奪還作戦成功率、キャッツボーナス中のシナリオ・ボーナス終了時の台詞・AT終了画面等を合わせた設定別信頼度はコチラ。

 

 

設定別信頼度
設定1 0.00%
設定2 0.00%
設定3 0.00%
設定4 93.65%
設定5 3.14%
設定6 3.21%

 

分かっちゃいた事ですが、やはりこの保険店が機種に寄せる時は設定4がデフォなのだろうと思われます。「簡単にツモれるけど中身は弱め」と捉えておけば、保険店として付き合いやすいのかもしれません。今後もこちらの店舗はそんなユルい付き合い方でやっていきたいので、自身のYouTubeアカウントで日々の立ち回りを公開している「稼働日誌」では扱わずにしておきます。

 

 

ガリぞうの収支日記#127 差枚+2869枚

この記事を共有

いいね!する

172
  • 1:2022-11-01 13:00:28雑所得は年間20万円以上で初めて課税されるのではなかったでしたっけ。まあパチンコパチスロで換金20はあっという間ですが。自分も株の配当から自動で20%引かれていますが確定申告するとちゃんと戻ってきます。 それからパチプロへの非難は、大稼ぎできた昔ならあったかもしれませんが、今はむしろ(失礼ですが)哀れみの目で見ている人の方が多いと思います。ドラクエで言えば何年も延々とスライムを倒し続けている状態ですよ。人間やはり積んだ経験値を以ってレベルアップしたいものですよね。
  • 2:2022-11-08 22:22:38安定の6稼働のお店のその後が気になっていたので読んでいてスッキリしましたが、やはり当の本人は1つの持ち駒が減ったのでモヤモヤしてしまいますよね。  まだ設定状況が変わっただけならまだ良いですが、メインに使っていた機種(新し目)がいきなり撤去されたりするといよいよ冷や汗が出てきますよね。  パチスロを打つ人は悪みたいな風潮が有りますが、仕事をして貯金が趣味ですみたいな人よりよっぽどお金を回して経済に貢献してると思います←言い過ぎw

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る