×

【HEY!エリートサラリーマン鏡】5号機の「サラ番」に似た打感!?大都技研のスマスロ第1弾をレビュー!

【HEY!エリートサラリーマン鏡】5号機の「サラ番」に似た打感!?大都技研のスマスロ第1弾をレビュー! eyecatch-image

チワッスあしのです!

 

この記事は大都技研さんの最新作『HEY!エリートサラリーマン鏡』のレビュー記事です。こちら先発群からちょっと遅れたとはいえスマスロ第1弾として発表された機種です。思い返せば6号機の一発目も鏡でしたが、なんだろう。鏡はそういう立ち位置なのかな? 言わずもがな、スマスロの特徴である「有利区間の上限ゲーム数なし」などはゲーム性にどう生かされているのか。この辺を含めてチェックしてみましょう。

 

なお細かい数字等はまだ判明していない状態でこれを書いてる関係上、諸々想像に頼っている部分があります。もしかしたら何かものすごい勢いで間違ってる部分などもあるかもしれませんが、その辺は「なな徹」にてご確認を!

 

>>「HEY!エリートサラリーマン鏡」の解析情報はこちら

 

というわけで早速どんな感じか見てみましょう。以下、筆者の独断と偏見による5段階評価です。どうぞ!

 

 

5号機『サラリーマン番長』の打感にとてもよく似てる!

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー スペック・ゲーム性★×5

 

・有利区間の存在を忘れる打感

・USA図柄を「狙え!」が追加。中押し「BAR・カバン・BAR」は削除

・通常時はトランク成立でCZ「ラブフォースワン」抽選

・AT中の仕組みは大幅変化……!

・貫通式のシステムも採用してるぞ!

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー 鏡 クリムゾンエリート

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー エリートメジャーリーグ vsマダラン・ジョブス

 

通常時の打感をひとことでいうと「おかえりサラリーマン番長」という感じ。ただし演出は鏡固定。その分鏡の魅力が随所に散りばめられております。この辺は後述しますね。

 

ボーナスまでのルートは「ゲーム数・レア役・CZ」の3つ。そのうちCZは少々特殊で「トランク(前作の弁当箱)」から突入する感じになっています。また今作はリールに「USA図柄」が追加。いわゆる「狙え!」でいくつ止まるかで期待度が変わる系の演出のための図柄です。CZ中、およびボーナス中はレア役を引かずとも「UAS図柄」からの当選があるので常に期待が持てる感じに作られていました。なお前作の「BAR・弁当箱・BAR」の中押し狙いは削除。それに伴い「頂スラッシュ」も無くなっています。

 

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー 「USAを狙いなさい」カットイン

 

AT突入ルートは「疑似ボーナス中の7揃い」なのでそんなに変化はないのですが、一方で大きな変化があったのはATのゲーム性。ゲーム数の上乗せに関してはあんまり変わらないのですが、AT中の疑似ボーナスがなくなり「ディスク」という形になっています。これはちょっと説明が必要なので後述しますが、要はラッシュ消化中に発動するのではなく、ゲーム数がゼロになった時に発動する恩恵のようなもの。なので考え方としてはセット上乗せに近い。たぶん有利区間を意識させない為の作りだと思われます(あと○枚で有利区間終了、みたいな見せ方を極力避けるため)。

 

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー ドリームカムズアゲイン

 

また今作は(主に)有利区間終了後に突入する貫通式のシステムとして「ドリームカムズアゲイン」なる仕組みあり。この辺のシステムにより差枚数的にも「有利区間の上限を感じさせない作り」を実現していました。

 

とりあえずスペックとゲーム性に関しては打った感じ「今の時代にチューニングしたサラ番」という言葉がしっくりくる感じ。違和感なく打てる感じにしっかり落とし込んであるのが好印象でした。ここは★5で!

 

 

「ケイシロウダンス」は摩訶不思議なゲーム性

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー AT中★×4

 

・AT中はレア役・ゲーム数で「ディスク」を獲得

・ディスクはゲーム数をすべて消化したあとに発動

・恩恵は「セット上乗せ」「特化ゾーン」など

・上乗せにはループ率が存在!

・基本的な演出は「サラ番」を踏襲

・「ドリームカムズアゲイン」は枚数によって突入率変化?

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー ケイシローダンス

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー アメリカンドリーム確定画面

 

AT「アメリカンドリーム」は前作「サラリーマン番長」から大きく変化。特に大きな違いは「擬似ボーナスがなくなり、代わりに『ディスク』になった」事。ディスクは前作の疑似ボーナスと同じく「ゲーム数・レア役」によりゲット。もちろんゲーム数は通常時から引き継がれてるのでモード天井の影響を受けます。んで前作は疑似ボーナス当選時にそのまま発動していましたが、今作はATゲーム数をすべて消化したあとに発動という形になっています。

 

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー ディスクジャッジメント

 

こちらが「ディスクジャッジメント」。最低でも「セット上乗せ」はゲットできるので、ディスク獲得=セット継続+αなイメージです。なおディスクはセット中に複数枚獲得の可能性あり。

 

で、「ディスクジャッジメント」でゲットできる報酬として用意されている上乗せ特化ゾーン。これが「ケイシロウダンス」なるもの。ちょっと文章で説明するのが非常に難しいですが、ストラックアウトみたいなパネルが背景にあり、それを撃ち抜けば裏に書いてあるゲーム数がゲットできるというもの。どのパネルが撃ち抜かれるかは当該ゲームの「保留玉」により選ばれ、またパネル自体の昇格もこの保留により行われます。

 

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー ケイシロウダンス パネル画面

 

保留「TOP」ならば上段のパネルのどれか。「Middle」ならば中段のどれか。複数枚を一気にブチ抜くキャラなんかもいるので、そこは叩きどころ。なお保留の効果が発動するかどうかは「小役をひくかどうか」にかかっています。ハズレなら何も起きません。強い保留の時は押し順ベルでもなんでも良いので成立することを祈りましょう。

 

また「ケイシロウダンス」はゲーム性が異なる「BGM」あり。「轟けドリーム」「DISTANCE」「エンブレム」の3種で、それぞれ平均上乗せゲーム数が変わります。

 

これ文章で説明するのが大変なのですが、とりあえず内容を頭に入れてても最初は何が起きてるのかよく分からず。2回目くらいでやっと「ああそういうことね!」となる程度には摩訶不思議なシステムになっておりました。が、分かってからはかなり独特の遊技感で非常に楽しかったです。

 

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー ケイシロウダンス PUSHボタン演出

 

さらに今作でパワーアップしている明確なポイントとして、上乗せに「ループ率」が設定されているという点。前回は50Gの上乗せを10G+10G+30G等に分割して告知したりすることがありましたが、今作はループ率に漏れるまで毎ゲーム「カカカカカモーン!」してくれるケースあり。ちっちゃい上乗せでも高ループなら一気に大量の出玉につながる可能性を秘めています。

 

なお貫通型のシステムとして存在する「ドリームカムズアゲイン」は獲得枚数が多くなれば突入期待度が上がるという仕組み。また失敗しても天井短縮の抽選があるそうなので、この辺も稼働向上に一役買いそう。

 

と、AT中はかなり印象が変わっていました。が、面白い! ★4つでお願いします!

 

 

鏡の魅力爆発!笑える演出がめちゃありました。

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー 演出★×5

 

・対戦相手がギリギリのデザイン

・いい意味でバカバカしい誇張されたアメリカン具合

・とはいえ基本は番長シリーズを踏襲

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー エリートメジャーリーグ演出 ボールを取る少年

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー エリートハリウッドスタジオ vsサキリン・モンロー

 

今回の見どころの一つとして「鏡の魅力がバリバリに詰まった演出」というのも間違いなくあります。お約束の演出たちが謎にアメリカナイズされた形でぶっ込まれており非常に笑える。また対戦相手のデザインもギリギリな感じにリファインされており、どっかでみたアメリカの有名人っぽいキャラがアメリカっぽい種目で対決します。

 

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー KJT画面

 

つってもまあ番長なので、基本的な仕組みは変わらず。「特訓」は「KJT(ケイシロウ・ジョブ・タイム)」なる演出として存在し、ここから対決を経て疑似ボーナスという流れは変わりません。前兆に関してもいままでのシリーズの知識が使える感じになっており、ゲーム数のお約束も同じです。

 

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー 連続演出完全勝利

 

このシリーズ全般に言えることではあるのですが、演出の出来はすこぶる良い。今回はそのうえ「鏡」「アメリカン」といかにも笑える要素がギュッと凝縮されており、しかもそれが上手く調理されている印象。ゲラゲラ笑いながら打てます。なので演出は★5でどうぞ!

 

 

立ち回りはしやすい方じゃないかと思う。

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー 立ち回り★×5

 

・AT直撃やモード移行などはいままでの知識を使える!

・当然ながら液晶ゲーム数は「ボーナス間」

・サラ番と同じ感じで立ち回り可能?

・ただ「ラブフォースワン」に注意

・システム上、AT中もやや高設定有利

 

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー ラブフォースワン

 

立ち回りは「サラ番」の知識をそのまま使えそうな印象。特に高設定を打った今回は通常時のAT直撃などがあり、この辺の挙動もそのまま再現されてそうな雰囲気がありました。モードに関しても前兆開始のゲーム数を見る限り近い感じに再現されているようで、このあたりも立ち回りに活かせそうな予感がしました。ただ今作は「ラブフォースワン」がそのまま疑似ボーナスにつながるケースが多々あり、これがちょっと暴れそうな気配があります。ここに設定差があるかどうかは分かってないのですが、そのへんは「なな徹」にてチェックしてみてください。

 

またこれは前作もそうなのですが、AT中も通常時と同じモード移行を行う関係上、ATの強さはやや高設定優遇となっている【ハズ】です。高設定ほどATが弱い!という一時期の6号機の常識とは違う方向性ゆえ、その辺は頭の片隅に入れておくようにしましょう。

 

というわけで立ち回りに関しては「しやすい方」ということで、★4でお願いします!

 

 

スマスロ先発の本命機種だと思いました。

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー オススメ度★×5

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー アメリカンドリーム確定画面

 

というわけで『HEY!エリートサラリーマン鏡』ですが、これはもう単純に面白い。そもそも番長シリーズ自体が仕組み的によく出来ているのだから当然っちゃ当然なのですが、ただ従来の6号機ではどうしても手が届かなかった部分が「有利区間の上限ゲーム数撤廃」というルール変更によりしっかり届くようになってる印象です。なので打った感じホントに5号機に近い。

 

んで今の時代に合わせた演出や仕組みをぶっこんであるので、これがつまらない訳はない。もちろん出玉的にも有利区間の差枚数上限を突破できる可能性を秘めており、さすがはスマスロ先発群の本命機だなと。そう思った次第。マジでオススメ。というわけで★5でお願いします。というわけで、『HEY!エリートサラリーマン鏡』のレビューは以上! 

 

 

今回のレビュー結果

 

【HEY!エリートサラリーマン鏡】新台レビュー 総合レビュー★平均4.8

 

 

HEY!エリートサラリーマン鏡 画像22鏡のことがもっと好きになる!

この記事を共有

いいね!する

12

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る