×

【パチスロ新鬼武者2】CZ間でハマっている台を天井狙いで実戦!低投資でバッサリゾーンを狙い打てば勝てるのか?

【パチスロ新鬼武者2】CZ間でハマっている台を天井狙いで実戦!低投資でバッサリゾーンを狙い打てば勝てるのか? eyecatch-image

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回実戦したのは「パチスロ新鬼武者2」。導入から3ヶ月が経ったにも関わらず稼働の衰えない超人気機種です。てこれまでにシンプルなゲーム数天井狙い、そしてリセット後の「バッサリゾーン」狙いという実戦をお届けしましたが、今回行ったのはズバリ「バッサリゾーン」間333Gハマりで発動するチャンスゾーン天井狙い。初当たりシステムの軸である「バッサリゾーン」を低投資で狙い打ち勝利を目指したいと思います!

 

 

AT初当たりは大半が「バッサリゾーン」契機

 

 

なな徹(パチスロ新鬼武者2)

「通常時の抽選システム」から引用

 

通常時の抽選
「初期高確モード」抽選
CZ「バッサリZONE」抽選
リーチ目成立時はAT or ボーナス当選
ロングフリーズ抽選

※なな徹調べ

 

通常時はCZ「バッサリゾーン(天井含む)」「リーチ目」「ロングフリーズ」という3種類の初当たり契機が存在。この内「リーチ目」「ロングフリーズ」の出現率は判明していないものの、ネット上の情報そして僕の実戦経験からも相当薄い確率である可能性が高く、少なく見積もっても9割…いや、下手すると9割9分の初当たりが「バッサリゾーン」契機というバランスだと思われます。

 

これだけ初当たりが「バッサリゾーン」に依存しているゲーム性ならば、投資を抑えて「バッサリゾーン」に突入させることができれば勝てる可能性は高くなるハズ…!

 

 

なな徹(パチスロ新鬼武者2)

「天井発動条件・恩恵」から引用

 

CZ天井
発動条件 通常時を333G消化
恩恵 CZ「バッサリZONE」当選
AT天井
発動条件 サブ液晶に表示されている
G数で1000G到達
恩恵 成功確定のCZ当選
(AT確定)

※なな徹調べ

 

投資を抑えて「バッサリゾーン」に突入させる為に行える戦法…それは「バッサリゾーン当選期待度がアップする(超)高確率状態を打つ」そして「バッサリゾーン間天井に近い台を打つ」の2つ。前者に関しては100%(超)高確率状態のみを回すことができれば有効だと考えていますが確実性には欠ける…ということで、今回は「バッサリゾーン」突入までのゲーム数が明確かつ確実に一度は突入させることができる「バッサリゾーン」間天井狙いを検証したいと思います!

 

 

・目安は「バッサリゾーン」間200Gハマり以上

・「バッサリゾーン」成功時はAT「蒼剣ラッシュ」終了後即ヤメ

・「バッサリゾーン」失敗時は即ヤメ

 

今回の実戦ルールはこちら。AT当選が確定するゲーム数天井(1000G+α)狙いとは異なり「バッサリゾーン」間天井狙いに関しては期待値の情報が無い為、現実的に空き台が見つかりそう&「このくらいならさすがに期待値マイナスにはならないのでは…?」と思える200Gハマりを目安にしてみました。また、「バッサリゾーン」失敗時は(超)高確に滞在している可能性もありますが、今回はあくまで「バッサリゾーン」間のハマり台狙いなので必ず即ヤメとします。

 

投資を抑えて「バッサリゾーン」を狙い打つという戦法は上手くいくのか…。それではまず、1台目の実戦模様をお届けしたいと思います!

 

 

予想外の大チャンス到来!?

 

「打ってみた」新鬼武者2 サブ液晶203G

 

1台目で確保したのはAT終了後203G、「バッサリゾーン」間でも203Gハマっているこちらの台。いや~200Gくらいならすぐに見つかると思っていたのですが本機の人気は凄まじく、この程度の台を探すのにもかなり苦労しました(汗)。それではコイツを「バッサリゾーン」当選まで実戦です!

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 荒野ステージ

 

「バッサリゾーン間天井狙い」ではあるものの、特に333Gハマり(天井)に到達したからといって何かしらの優遇措置が存在するというような情報はないので早めの当選に期待して打っていきます。ただ、AT終了後(&設定変更後)1回目の「バッサリゾーン」は「BZテーブル」優遇(3以上濃厚)という恩恵が存在。これに関しては以前の「打ってみた」でも一度テーマとして取り上げましたね。その時はほとんどがテーブル3だったので、過度な期待はしないでおこうと思っていたのですが…

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 サブ液晶みの吉黄セリフ

 

「みの吉タッチ演出」で黄色セリフが発生しテーブル4以上が濃厚に。これだけでもだいぶテンションが上がったのですが、この後もう一度「みの吉タッチ演出」が発生。そして…

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 サブ液晶みの吉緑セリフ

 

えっ、マジ…? なんと今度は緑セリフが発生しテーブル6以上が濃厚に。今回の実戦テーマは必ず1回は「バッサリゾーン」を消化できるとは言え、下位テーブルばかりでAT当選は0回という展開も十分あり得ますからね。1台目にして予想外の特大チャンス到来です。

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 荒野ステージ 好機

 

その後は弱レア小役からの前兆を2回ほど失敗したものの、高確らしきところでタイミング良く強チャンス目を引くことができ…

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 バッサリゾーン獲得

 

302Gで「バッサリゾーン」に当選! 天井まであと30G強ではありますが前述の通り特に恩恵はありませんからね。単純に投資1000円分ほど節約できたようなものなので素直に感謝であります!

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 バッサリゾーン突入画面

 

「バッサリゾーン」開始時にアイコンが右から表示された場合は上位シナリオ濃厚。テーブル6以上は濃厚という状況ですが果たして…?

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 バッサリゾーンテーブル7

 

ん~もう一声ほしかったところですが悪くはない! 選択されたのはテーブル7でしたね。目指すは当然「蒼剣」アイコン以上ですが、最低でも赤(AT期待度約50%)までは持っていきたいところです。

 

 

シーズン1 画像9

 

よし! まずはベルを揃えることに成功。そして次ゲームで…

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 バッサリゾーン NEXT 連撃チャンス

 

うほー! 弱チェリーを引当て赤アイコン到達&「連撃チャンス」へ! ここを活かせれば「蒼剣アイコン」到達にもかなり期待が持てますが残念ながら次ゲームでは小役を引くことができず。

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 バッサリゾーン 赤

 

「打ってみた」新鬼武者2 百鬼モード

 

かなりテンションの上がる滑り出しでしたが、残念ながらその後はベル1回のみしか引くことができず赤アイコンで終了→「百鬼モード」へ。しかしこれでも期待度は約50%ありますからね!

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 AT連続演出 研究所に潜入せよ!

 

「打ってみた」新鬼武者2 AT連続演出

 

こんなチャンスは滅多にないよなぁ…なんて思いながら「百鬼モード」を消化していきましたが、発展したのはかなり期待度の低い演出。頼む! 右行ってくれ!

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 前兆連続演出

 

あちゃあ…前兆も弱かったしこれはマズイかも。

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 カルロス演出失敗

 

やっぱりそうだよね…。

 

 

「打ってみた」新鬼武者2 サブ液晶328G

 

ということで実戦ルール通り通常時に戻ったところでこの台での実戦は終了。さて、この台での投資は150枚&回収は6枚ということでまずは黒星スタート。大チャンスを逃してしまったのは残念ですがまだ一台目ですからね! 今回は同様の条件で合計5台を実戦してきましたので、結果をまとめてご覧ください!

 

 

痛恨のノーヒット

 

1台目 AT後:202G~ BZ間:202G~
G数 当選 備考
303 BZ 契機:強チャンス目
テーブル7
最終アイコン:赤
311 百鬼モード 失敗
328 ヤメ
投資:150枚 回収:6枚 差枚:-144枚

 

2台目 AT後:268G~ BZ間:268G~
G数 当選 備考
344 BZ 契機:BZ天井
テーブル3
最終アイコン:黄
失敗
356 ヤメ
投資:150枚 回収:22枚 差枚:-128枚

 

3台目 AT後:202G~ BZ間:202G~
G数 当選 備考
345 BZ 契機:BZ間天井
テーブル3
最中アイコン:黄
失敗
354 ヤメ
投資:200枚 回収:2枚 差枚:-198枚

 

4台目 AT後:206G~ BZ間:206G~
G数 当選 備考
345 BZ 契機:BZ間天井
テーブル3
最中アイコン:緑
360 百鬼モード
377 ヤメ
投資:230枚 回収:9枚 差枚:-221枚

 

5台目 AT後:207G~ BZ間:207G~
G数 当選 備考
292 BZ 契機:強チェリー
or押し順強チャンス目
テーブル3
最終アイコン:黄
失敗
303 ヤメ
投資:184枚 回収:37枚 差枚:-147枚

 

トータル結果
戦績 0勝5敗
差枚 -838枚

 

 

安定した勝利を目指すなら…

 

結局今回は5台ともATに突入させることができず圧倒的敗北…。トータルでのマイナス差枚数は838枚なので、出玉性能を考えると2回ATに入っていればプラスになっていたかもというところでしょうか。「バッサリゾーン」でのAT当選期待度が約33%ということを考えれば、正確な数値は不明ですが期待値的にも多少なりともプラスではあるのかなという気はします。

 

しかし今回、そして以前お届けした「設定変更後&AT後1回目のバッサリゾーン狙い」を通してかなり厳しい実戦結果を残してしまっているので、個人的には今後はバッサリゾーン間220G~くらいを狙い目にしようかなと。200G~でも投資は最大で5000円ほどですし趣味打ちとしてなら十分オススメできる狙い方なので、スタイルに合わせて狙い目を調整してお楽しみいただければと思います!

 

 

閉店前にチャンスあり

 

個人的に考える「バッサリゾーン」間天井狙い一番の強みは時間効率です。6.5号機では一撃2400枚以上を吐き出せることが可能になったこともあり、AT当選まで1000Gゲームを要することも多いので閉店までの残り時間をかなりシビアに考える必要が生まれました。その点「バッサリゾーン」間ハマり狙い(200G~)なら最大でも100G強回せばAT当選orヤメでOK。

 

21時頃くらいまでなら全く気にせずガンガン攻めることができるので、高設定台を終日ぶん回した後なんかでも本機のシマをチェックして収支の上乗せを狙ってみてはいかがでしょうか。

 

 

多彩な狙い目を有効活用していく所存

 

今回の「バッサリゾーン間ハマり台狙い」はATを一度も味わえず完敗。こんなこともあり得るだろうと想定はしていたものが現実になってしまいましたね(泣)。「パチスロ新鬼武者2」は導入台数こそ控えめなものの、稼働率でいえばおそらく6.5号機の中でもトップクラス。きっと今後も長い間ホールで活躍すると思うので、今回の結果にめげず高設定狙い・天井狙い・そして「バッサリゾーン間ハマり台」狙いを積極的に行っていきたいと思います。

 

「なな徹」では最新の6.5号機を中心に天井期待値や攻略情報が随時更新されているので、是非チェックして立ち回りに活かしてくださいね!

 

 

パン君 アイコンテーブル3はホント無理

この記事を共有

いいね!する

120

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る