【Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ】SANKYOの新規オリジナルコンテンツ!スペックや演出、ラッシュはどんな感じだったか徹底レビュー!

【Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ】SANKYOの新規オリジナルコンテンツ!スペックや演出、ラッシュはどんな感じだったか徹底レビュー! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

今回はSANKYOさんから登場する注目の新台「Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ」の試打レビューをお届け。スペックや演出、ラッシュはどんな感じだったか筆者の独断と偏見に基づいて各項目を5段階評価でレビューしていきたいと思います

本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

「Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ」の解析情報はこちら

 

 

派手さはないが味のあるギミック

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ ギミック・盤面構成☆4

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ カスミ役物

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 波役物

 

まずはギミック面から。本機に搭載されている主な可動ギミックは、液晶横に搭載されている「カスミ役物」と普段は液晶下部に収納されている「波役物」の2種類。

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ カスミ役物作動

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 1図柄テンパイ 波役物作動

 

ギミック総数は少ない為この両ギミックは通常時~ラッシュ中まで様々な演出で活躍。「カスミ役物」は液晶の周囲をぐる~っと1周するのが基本アクションなのですがこれが中々クセになります(笑)。「Pフィーバーアクエリオン極合体」「Pフィーバー炎炎ノ消防隊」といった最近のSANKYOさんの機種などと比べるとギミックデザインやアクションに関してはかなりシンプルで若干物足りなさを感じるのは否めないのですが、そのチープ感が本機の持つ雰囲気と絶妙にマッチしてるんですよねぇ。

 

アッと驚くようなギミックアクションがあるわけではないものの、非常に味のあるギミックだなと感じました!

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 3テンパイ

 

擬似連時に流れる楽曲「私、震えます」を始めとして、SANKYOさんの代名詞である「V-コントローラー」及び「レバブル」をフィーチャーした演出が多数搭載されているのも非常にユニーク。リーチ演出中に「カスミ」と「フブキ」が「V-コントローラー」を抱えている衝撃の映像も(笑)。この自由な世界観はオリジナルコンテンツだからこその魅力ですね♪

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 盤面右下アタッカー

 

続いて盤面構成。まずはアタッカーですが本機はダブルアタッカー構成となっており、基本的には右打ち中の1R目(V入賞ラウンド)のみ下アタッカー、それ以外は羽根アタッカーでの消化となります。どちらも溢しはほぼ発生せずラウンド間のインターバルもかなり短いので、打ちっぱなしで快適に消化できる優秀な造りでした!

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 盤面右下電チュー

 

お次はラッシュ消化に関わる部分。赤いプラ板が電チュー、その下がスルー兼賞球口(1個)となっています。電チュー横に一応溢しポイントがありますが本機のラッシュ中は1回転で決着がつくゲーム性なので、よっぽどのことがない限り玉減りが気になるようなことはないでしょう。

 

ギミック&盤面構成は概ね好印象。ただギミック面に関して言うと、個人的には「スプラッシュ×スプラッシュ」というコンテンツとマッチしているなと感じましたが、ハイクオリティなギミックデザイン&アクションを求めている方は物足りなさを感じてしまうのかなと思います。☆は4つで!

 

 

ラッシュ突入時は3000発+α。見た目とは裏腹な攻撃的スペック!

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ スペック・ゲーム性☆4

 

 

通常時(特図1)

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 通常時(特図1)円グラフ

 

ラウンド 電サポ 振り分け
2R
(3000overFEVER)
時短250回転
(リミット10回)
約10.5%
2R
(最終試練FEVER)
時短250回転
(リミット10回)
約39.5%
2R
(最終試練FEVER)
時短なし 約50.0%

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 3000オーバーフィーバー

 

本機は初当たり確率約1/199.8の一種二種混合機。まずは通常時に関してですが、初当たり時の内訳は上記の通りです。トータルでのラッシュ突入率は約50%となっていますが、いずれのパターンでもラッシュ突入時は必ず「3000OVER FEVER」を経由するので最低でも3000発は保証されているというのが本機の大きな強みです。

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 最終試練終幕

 

その反面ラッシュ非突入振り分け当選時は時短など引き戻しのチャンスは無く、2R(300発)の出玉のみで通常時へ。個人的な予想ではありますが、コンテンツ的には突出した出玉性能よりも遊びやすさそして演出面の楽しみを重視する方がメインのユーザー層になる気がするので、ラッシュ非突入振り分け時に多少なりとも引き戻しのチャンスがあるかもう少し出玉のボリュームがあれば良かったなと感じました。

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 入浴エキサイトラッシュ突入

 

連チャンモードである「入浴エキサイトRUSH」は1回転のSTとなっており、約1/1.1の大当たりを射止めることができればラッシュ継続、大当たり非当選ならラッシュ終了(残保留による抽選はナシ)というゲーム性でトータル継続率は約90%。かわいいキャラクター達にどこかほんわかした雰囲気漂う世界観の「スプラッシュ×スプラッシュ」ですが、連チャンシステムは中々に尖っておりますね。

 

演出面に関しては後ほどの項目で詳しくご紹介しますがチャンスアップ演出などもほどよく搭載されており、1G即決着というスピード感の中でもドキドキ感を味わうことのできる秀逸なゲーム性だと感じました。

 

 

右打ち中(特図2)

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 右打ち中(特図2)円グラフ

 

ラウンド 電サポ 振り分け
7R(特図当たり時は6R) 時短1回転 約3.0%
5R(特図当たり時は4R) 時短1回転 約2.9%
3R(特図当たり時は2R) 時短1回転 約94.1%

※…入浴エキサイトRUSH中の場合、3000overFEVERの時短回数は時短0回転or時短250回転となる
※…小当たり時の払い出し出玉個数はV入賞を含む約310個/約610個/約910個

 

右打ち中の大当たり振り分けはこちら。「7R(特図当たり時は6R)」や「5R(特図当たり時は4R)」といった振り分けも用意されていますが、ほとんどは「3R(特図当たり時は2R)」となっています。同じ超高継続タイプの機種と比較するとラッシュ中の大当たり振り分けは少々見劣りする印象で、せめて5R以上の振り分けが10%くらいあれば大当たり時にもっとドキドキできたなぁと感じました。とはいえ本機はラッシュ突入時点で3000発+αもの出玉を獲得できているので、ライトミドルスペックであることを考えると十分すぎるほどの出玉性能ではあると思います。

 

ラッシュ突入時は最低でも3000発以上の出玉を獲得した上で継続率約90%のラッシュに突入…ミドルスペック機であれば見慣れた数字ではありますが、ライトミドルではかなり希少なスペックなのではないでしょうか。ただ、やはりコンテンツを考えると初当たりでのラッシュ非突入時の振り分けにもう少し優しさが欲しかったかな。☆は4つで!

 

 

どんなリーチ演出でも大当たりに期待できるバランスがGOOD!

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 通常時☆5

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 5図柄テンパイ カスミ演出

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 1図柄テンパイ 全力全震

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 1図柄テンパイ Vコントローラーを引け

 

新規オリジナルコンテンツである「スプラッシュ×スプラッシュ」のストーリー概要が下記の通り。

 

『泉歴2023年 幻の秘湯を掘り当てたものが幸せになる世界。経営難の実家を立て直すため、幻湯温泉修行に出たカスミとフブキ。ある日、「蔵」で「幻の秘湯」のありかを示すデバイスを見つける。カスミはフブキと相棒のウッソーと共に「幻の秘湯」を探すたびに出るのであった…』

 

ギミックの項目でもすでに触れていますが、デバイス(V-コントローラー)がストーリーの鍵となっているのが非常にユニークです(笑)。

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 6図柄テンパイ 幻湯温泉はピッカピカ 演出

 

愛らしいキャラクター達にコミカルな演出群。パチンコの題材となる作品ってアツいバトル物やどこかシリアスな要素が含まれる物が多かったりするので、自然と笑顔になれる本機のような世界観は個人的にめちゃくちゃ貴重だと感じます。ライトミドルという遊びやすさ重視のスペックにも非常にマッチしていますね♪

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 4図柄テンパイ 氷山の試練 赤タイトル

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 4図柄テンパイ 氷山の試練中 赤テロップ

 

一つ一つの演出も気に入りましたが、実は通常時で一番魅力的に感じた部分は演出バランス。特に初当たり当選時に選択されるリーチ演出パターンが非常に多彩だったことですね。もちろん激アツ演出が複合してハズレたりすることもありますが、なにか一つ激アツ演出が発生していれば信頼度が低めのリーチ演出に発展しても著しく期待感を損なうことはなく、十分大当たりの期待を持てるのが好印象でした。

 

世界観がかなり個性的なので好みは分かれるかもしれませんが、少なくとも僕の好みにはドンピシャ。また、今回試打した限りでは信頼度のバランスも申し分なく、ライトミドルに求めているものをしっかりと理解してくれているなと感じましたね。ここは☆5つです!

 

 

スピード感のあるゲーム性だけど演出もめちゃくちゃ楽しい!

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ ラッシュ☆4

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 入浴エキサイトRUSH

 

ここでは演出面を中心にレビューしますが、まずはゲーム性をおさらいしましょう。本機の「入浴エキサイトRUSH」は電サポ1回転での大当たりを目指すショートSTタイプ。右打ち中の大当たり確率は約1/1.1という超高確率で継続率は約90%。当然連チャンは全て1G連なので非常に爽快感のあるラッシュに仕上がっています。大当たり内訳は約94%が「3R(特図当たり時は2R)」なので瞬発力はそこそこといった感じですが、ラッシュ突入前には必ず「3000OVER FEVER」でまとまった出玉を獲得できる、ということを踏まえれば十分高性能なラッシュ性能に仕上がっているといえるでしょう。

 

「入浴エキサイトRUSH」の詳細はこちら

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ ラッシュ中 4図柄テンパイ

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ ラッシュ中4テンパイ ウォータースライダー演出

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 4図柄テンパイ ウォータースライダー演出成功

 

「入浴エキサイトRUSH」では必ずリーチが発生。演出は1種類となっており、「カスミ」がウォータースライダーから勢いよく飛び出すことができれば大当たり…という非常に個性的な演出構成になっています。変動開始~当落ジャッジまでは5秒ほどなのでかなりスピード感のあるゲーム性ですが、随所で様々なチャンスアップ出現の可能性がありしっかりと大当たりまでの過程も楽しむことができます。

 

このタイプは演出面での自由度が低くなってしまうので仕方ないのかなと思っていましたが本機はそれを物ともせず、ドキドキ感をしっかり味わえるオリジナリティのある演出・ゲーム性を一から生み出しているのが素晴らしいです!

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 大当たり中 入浴技 ぽんぽこ入浴

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 幻湯流入浴技図鑑

 

リーチ演出が非常に個性的な「入浴エキサイトRUSH」ですが、大当たり当選後も注目ポイント!1R目のV入賞時には様々な「入浴技」が出現し技の種類(ランク)によって大当たりのラウンド数を示唆しております。他機種だとラウンド開始時やラウンド中昇格などで「○○ボーナス」のような告知が行われるのが一般的ですが、本機はここも「スプラッシュ×スプラッシュ」の世界観を活かした魅力的な演出を楽しめるポイントになっています。

 

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 大当たり中 入浴技 Wトリプルアクセル

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 大当たり中 600発獲得画面

 

残念だったのは高ランクの「入浴技」をお目にかかれる機会が中々無いこと。「3R(特図当たり時は2R)」比率を考えると高ランク技の出現には期待しづらいというのが正直な印象です。スペック面での方でも触れましたが、せめて「3R(特図当たり時は2R)」以外の振り分けが10%ほどあれば「入浴技」発生時のワクワク感もグッと増したことでしょう。

 

演出面に関しては最高評価に値する出来栄え。ただスペック(出玉性能)の部分においてはやはりもう少し上位ラウンドの振り分けが欲しかったですね。☆は4つで!

 

 

ライトミドルスペック界の頂点に立てるポテンシャルを感じた!

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ オススメ度☆5

 

本機は各項目でいくつか気になったポイントこそありましたがスペック面~演出面まで全体的なクオリティはめちゃくちゃ高いですし、なおかつここまで本機独自の魅力が豊富な機種は本当に貴重だと思うので…特別に☆5でいかせていただきます! スペック違いとしてではなく、新コンテンツ一発目のメインスペックがライトミドルでの登場というのも多くのユーザーにオススメしやすいポイントですね。

 

有名版権とのタイアップ機などと比べると注目度は低いかもしれませんが、皆さんに是非一度は打ってみて欲しい!と思える素晴らしい一台でした♪

 

 

今回のレビュー結果

 

Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ 総合レビュー結果平均☆4.6

 

「Pフィーバースプラッシュ×スプラッシュ」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコン今一番楽しみな機種になりました

この記事を共有

いいね!する

99

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

新台導入日

  • 導入予定
  • 導入済み

アクセスランキング

  • 1【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】284

    【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】

  • 2ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】415

    ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】

  • 3ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】44

    ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】

  • 4【Lパチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?0

    【Lパチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 5ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】111

    ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】

  • 6【スマスロ真・北斗無双】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?0

    【スマスロ真・北斗無双】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 7【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 8【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!1

    【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 9【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 10ガリぞうが収録店舗での下準備の大切さを再認識させられた出来事とは【収支日記#216:2024年4月16日(火)~2024年4月22日(月)】0

    ガリぞうが収録店舗での下準備の大切さを再認識させられた出来事とは【収支日記#216:2024年4月16日(火)~2024年4月22日(月)】

  • もっと見る