【P真・一騎当千~桃園の誓い~】新筐体がカッコいい!シリーズ最新作のスペックや演出を試打レビュー!

【P真・一騎当千~桃園の誓い~】新筐体がカッコいい!シリーズ最新作のスペックや演出を試打レビュー! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

今回はDaiichiさんから登場する注目の新台「P真・一騎当千~桃園の誓い」の試打レビューをお届け。スペックや演出、ラッシュはどんな感じだったか筆者の独断と偏見に基づいて各項目を5段階評価でレビューしていきたいと思います。

 

本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

「P真・一騎当千~桃園の誓い」の解析情報はこちら

 

 

新筐体「Cygnus」がスタイリッシュでカッコいい!

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ギミック・盤面構成☆5

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 筐体全体

 

まずは本機で初のお披露目となる新筐体「Cygnus(シグナス)」について。こちらは以前までの筐体「ルナーレス」がベースとなっており、抗ウィルス加工が施されたハンドルや下皿の形状など多くのポイントは継承。しかし筐体両サイドの枠が細くなっていたり筐体上部のスピーカー小型タイプ×2個に変更されていたりと、全体的に「ルナーレス」よりもスタイリッシュな仕上りになっていると感じました。

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 筐体下部 下皿・ラッキーリング・ハンドル周り

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 筐体下部中央 ラッキーリング

 

そして1番の大きな変更点はボタン部分。「ルナーレス」で搭載されていた球体型のボタンデバイスはなくなり、斬新なデザインが目を引く新デバイス「ラッキーリング」を搭載。基本的なボタン系演出ではその横にあるチャンスボタンとなり「ラッキーリング」は限られた演出のみなので、より直感的にアツさを体感しやすくなっております。「ラッキーリング」のアクションはバイブ、LED回転、引くor押す…など実に多彩なパターンが用意されており、演出ギミックとしても非常に魅力的なものになっていました!

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ロゴ・シャッターギミック・導光板可動

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ シャッターギミック可動 両サイドキャラ・中央「祝福」文字

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ロゴギミック可動 斜め落下ロゴ部分割れるギミック

 

お次は盤面上に搭載されているギミック。本機の主な可動ギミックは前回から継承されたロゴギミック&シャッター型ギミックの2種類を搭載。ギミックの数自体は多くないものの動きのバリエーションが豊富、そしてそれぞれのギミックと導光板が同時に作動した際はかなりの迫力があります。「真」と刻まれたロゴギミックに割れるようなアクションが追加されるなど、全体的に前作からの進化をかなり感じるギミックになっていました。

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 盤面右上 メインアタッカー

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 盤面右下 下アタッカー

 

まずはアタッカーですが、本機は前作と同じくダブルアタッカー搭載機。共にDaiichi機種ではお馴染みの配置&形状となっており、上級者の方ならオーバー入賞もかなり狙える優秀な造りです。下アタッカー上部には入賞口が存在しており若干大当たり消化のテンポが悪くなっているように感じましたが、アウトではなく賞球が1個あること、そもそも通常時の「一騎当千BONUS」 でしかこのアタッカーを使用しないことを考えればさほど気にしなくても良いでしょう。

 

続いてラッシュ&時短(右打ち)の消化に関わるところ。メインアタッカーの右下&盤面最下部にスルー、そしてメインアタッカーの最下部にスルーが配置されております。今作は右打ち中の当選システムが普図抽選タイプになっておりますが、スルーが2箇所用意されていることで快適に消化することができました♪

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 盤面右側 中央あたり アウト

 

右打ち中の主な溢しポイントはここ。今回の試打ではほとんど玉減りは気になりませんでしたが、やりようによっては打感がけっこう変わる気もしますね。他はさほど注意すべきポイントがないので、本機を実戦する際は基本的にここをチェックするようにしましょう!

 

「ラッキーリング」による新感覚の興奮を味わえる新筐体「Cygnus(シグナス)」、そして2種類の可動ギミックいずれもハイクオリティな仕上り。盤面構成に関しても気になるポイントは少なく優秀な造りだと言えるでしょう。ここは☆5つで!

 

 

独自要素たっぷりのハイスタンダードミドル

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ スペック・ゲーム性☆5

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 4図柄揃い

 

 

特図1

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 特図1円グラフ

 

ラウンド 電サポ 振り分け
10R+10R
(超ドキドキ!
ハーレムタイム)
ST163回転 約1%
10R
(闘士恋撃)
ST120回転 約62%
10R
(チャンスタイム)
時短100回転 約37%

 

本機は初当たり確率約1/319.7の一種二種混合機。初当たり確率こそ前作と同じですが全体的なゲーム性は大きく刷新されているのでそれぞれ詳しくレビューしていきます。まずは通常時の初当たり関連からいきますが、ここだけでも多数の変更点が。1つ目は初当たりがオール10R(1500発)に、そして1%ですが3000BONUSが搭載されたことです。前作の初当たりはオール2Rだったのでこれはめちゃくちゃ嬉しい要素。一応引き戻しを含めたトータルでのラッシュ突入率が約73.2%(前作)→約70%(今作)へと若干下がってしまってはいるのですが、その分を差し引いてもお釣りが出るくらいの大きな強化点だと思いました!

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ チャンスタイム100回

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ チャンスタイム中 残り99回

 

もうひとつの変更点は通常大当たり時に突入するのが「時短100回」になったこと。時短である「チャンスタイム」中は通常時よりも大当たり確率が重くなっており、引き戻し期待度は約20%となっています。初当たり時のラッシュ突入振り分けは前作と同じなので、トータルでのラッシュ突入率の低下はこの引き戻し期待度の違いによるものですね。

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ チャンスタイム中 3図柄揃い

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ チャンスタイム中 H図柄揃い

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 超ドキドキハーレムタイム確定

 

しかし、時短の回数が100回転へと大幅に増加したのは個人的にめちゃくちゃ嬉しい変化。最近他の機種のレビューでもお話したことがあるのですが僕は2007年~2008年くらいに流行していたミドルスペック機が大好きで狂ったように打ち込んでいたもので、時短100回かつ演出も基本的に通常時と共通という、まさにあの頃と同じ。しかも「チャンスタイム」中の大当たり当選時は上位ラッシュへ直行という恩恵もあり、本機で1番大当たりを引きたいタイミングとなっているのも面白いですね。

 

やはりワクワクできる時間は長ければ長いほど嬉しいですしここだけの恩恵も存在…ということで、引き戻し期待度の低下を差し引いても非常に魅力的システムだと感じました!

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 闘士恋撃120回

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 超ドキドキハーレムタイム163回

 

お次はラッシュのゲーム性について。今作のラッシュは普図抽選×STタイプとなっており、メインのラッシュである「闘士恋撃」はST120回転、上位ラッシュである「ハーレムタイム」はST163回転で大当たり当選を目指すゲーム性。大当たり確率は約1/99.9となっており、大当たり期待度は「闘士恋撃」では約70%、「超ドキドキ!ハーレムタイム」となっています。そして右打ち中の大当たりももちろんオール10Rかつ3000BONUSの振り分けも存在。分かりやすくパワフルなスペックという印象です。

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 右打ち中 超ドキドキハーレムタイムまであと2回

 

下位ラッシュから上位ラッシュ突入を目指すゲーム性は昨今のトレンドでもありますがそこはさすがのDaiichiさん。本機は下位ラッシュである「闘士恋撃」中に最大2回の大当たり当選で上位ラッシュ「超ドキドキ!ハーレムタイム」突入となる、「カウントダウンシステム」という名の独自要素を搭載しております。規定回数の大当たり当選で上位ラッシュへというシステムは主に演出や出玉スピードに差が設けられるタイプで採用されていたので、出玉性能も異なるタイプにおいてはかなり珍しい(初かも?)スペック。というか、こんなの可能だったのかと驚きました。

 

初当たりからオール1500発で3000発も搭載、通常大当たりでも時短100回、「カウントダウンシステム」など本機独自の魅力がこれでもかと詰まった1台となっています。上位ラッシュ突入までのハードルは若干高いかもしれませんが、これらの強みを考えれば十分許容範囲。なな徹によると等価交換でのボーダーラインが約16.6回転/kとかなり甘めですし…ここも☆5つ!

 

 

シリーズ物として正統な進化を遂げた通常時

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 通常時☆4

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 通常時 桃園の誓い

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 桃園の誓い中液晶金フラッシュ 4図柄テンパイ ラッキーリング引け演出

 

本機は前作「P真・一騎当千」から約1年と短いスパンでの登場ということで「もしかしたらスペック違い的な感じかな?」という予想もしていたのですが、嬉しいことにその予想は大ハズレ。基本的な演出フローはある程度前作を踏襲しておりますが新演出も多数搭載されておりしっかりと進化を遂げておりました。雰囲気自体は前作に近いですが、予告演出は全体の3割くらいが新演出で構成されている印象。前作の「4大注目演出」だった「桃園の誓い予告」が今作では「桃園の誓いSPリーチ」という最強のリーチ演出になっているといった変更点もありましたね。

 

「4大注目演出」の詳細はこちら

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 通常時 疑似3 劉備暴走

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 劉備暴走演出

 

通常時の予告演出で残念なのは「孫策覚醒予告」がなくなってしまったこと。前作では「孫策」のポーズと共にボタンがポコンと出てくる瞬間がめちゃくちゃ好きで、個人的にDaiichiさんが生み出した演出の中でトップクラスのお気に入りだったもので…。今作から新たな「4大注目演出」として搭載された「劉備暴走予告」も中々良い演出に仕上っているのですが、やっぱりあのポーズを見れなくなるのはちと寂しいです(泣)。

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 通常時 2図柄テンパイ 裂かれた闇リーチ タイトル赤文字

 

各リーチ演出の名称は前作と大きく変わっているのですがリーチの流れやチャンスアップポイントなどは基本的に継承。前作を打ち込んでいた方はその知識を活かして楽しむことができると思います。個人的に気に入っているのが楽曲による盛り上げ方が非常に秀逸なところ。前作もそうでしたが、特にバトル系リーチはめちゃくちゃテンションが上がりますね!

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 通常時 7・7・3図柄 赤同色図柄煽り 液晶金エフェクト

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 通常時 シャッターギミック可動 液晶中央「激熱」文字

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 通常時 4図柄テンパイ VS徐晃公明リーチ タイトル金文字

 

最後は演出バランスについて。ここに関しては前作そして昨今のDaiichi系機種と同じく派手めな味付けという印象。予告演出~リーチ中のチャンスアップまで金系演出の出現ポイントが多数存在するのですが、大当たりに当選した際は複数箇所で金系演出が出現することが多かったです。ここに「4大注目演出」を始めとした激アツ演出も複合してくるので、基本的に大当たり時は序盤からかなり賑やかな感じになります。今回の試打だけで本機の演出バランスを完全に把握できたワケではありませんが、あくまで今回の印象だけでいえばもう少し激アツ演出の発生頻度を落としたり、意外な初当たりパターンなんかもある方が僕の好みでした。

 

演出バランスはどちらかといえば派手な部類ということで好みは分かれそうですが、前作よりも充実している演出カスタマイズ機能を活用すればある程度それぞれの好みに寄せたバランスで楽しめそうですね。☆は4つで!

 

 

先読みのバリエーションは同系統ラッシュの中でも随一!

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ラッシュ中☆4

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 闘士恋撃120回

 

ここではラッシュの演出面を中心にレビューしていきたいと思います。まずは初当たりでラッシュに突入した際のメインとなる「闘士恋撃」ですが、こちらは電サポ回数120回転で約1/99.9の大当たり当選を目指すゲーム性で連チャン期待度は約70%。基本的にはこのモードで2回大当たりに当選すると上位ラッシュである「超ドキドキ!ハーレムタイム」突入となります。演出に関しては前兆発生からの即当たり系演出での告知がメインとなる高速消化タイプで非常に爽快感がありました。

 

「闘士恋撃/超ドキドキ!ハーレムタイム専用予告演出」の詳細はこちら

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 闘士恋撃中 残り95回 液晶切り裂き演出

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 闘士恋撃中 7図柄揃い

 

「闘士恋撃」中は背景こそ専用の画面が用意されているものの各予告やリーチ演出は「超ドキドキ!ハーレムタイム」の「ハーレムモード」と近い構成になっていたので、少し物足りなさを感じました。本機の主役は上位ラッシュである「超ドキドキ!ハーレムタイム」なのは間違いないのですがその過程にある「闘士恋撃」も大事な楽しみドコロだと思うので、ここでしか見ることのできない演出なんかもいくつかあれば嬉しかったですね。

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 超ドキドキハーレムタイム確定

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 超ドキドキハーレムタイム モード選択画面

 

続いて上位ラッシュ「超ドキドキ!ハーレムタイム」について。大当たり確率は変わりませんが電サポ回数が164回に増加して連チャン期待度約81%へと大幅アップ。オール10R(1500発)なのはもちろんわずかながら3000BONUS(10R×2)の振り分けも存在するので、突入時の期待感はかなりのものです。「闘士恋撃」とは異なり演出モードが2種類用意されているのも「超ドキドキ!ハーレムタイム」の魅力ですね。

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 超ドキドキハーレムタイム ハーレムモード中 残り118回 孫策・孫策・1図柄

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ハーレムモード中 2・6・1図柄 キャラシルエット背景

 

まずは「ハーレムモード」。こちらは機種での説明にも書いてある通り豊富な先読み演出を楽しめる演出モードとなっています。ゲーム性や演出フロー自体は昨今の超高速ST機と同じですが、それらと比較しても先読み演出のバリエーションが非常に豊富な印象。その分先読み発生頻度も少々高いように感じましたが、演出が単調になってしまいがちなこの手のゲーム性だとこのくらい賑やかな方が最後までドキドキしながら楽しめるなという印象を受けました。

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ハーレムモード中 2図柄テンパイ キャラ告白演出白セリフ

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ハーレムモード中 2図柄テンパイ キャラ告白演出虹セリフ

 

かなり熱そうなリーチ演出「超ドキドキチャンス」は、今回の試打では「闘士恋撃」中のみ未確認。もしかすると「ハーレムモード」では専用の演出もいくつか用意されているのかもしれません。出玉だけでなく演出面の満足感においても上位ラッシュに相応しい仕上りだと思います!

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ぷるん告知モード中 ヘソ上役物 ぷるん可動

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ぷるん告知モード中 7図柄揃い

 

続いて「ぷるん告知モード」。こちらはその名称からなんとなくお察しの方もいらっしゃるかと思いますが…そう、液晶上のキャラクターのお胸が「ぷるん」と揺れれば大当たりという衝撃的な演出モードになっております(笑)

 

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ ラッキーリング赤発光

 

ちなみに「ぷるん」の告知が発生する際は「ラッキーリング」も連動して激しくバイブ。単なるお色気演出というワケではなくデバイスによる一発告知モードという側面もあるので純粋に大当たり時の快感が強く、かなり楽しめる演出モードだと思いました!ただ、液晶左下には「ハーレムモード」と同じような画面が表示されているのですがそちらはあくまでオマケ…というか残念ながらそちらでは基本的に演出が発生しないんですよね。なので様々な予告演出やリーチ演出でドキドキしたい方は「ハーレムモード」一択になるかなと思います。

 

本機には本機の魅力がありますが、シリーズ物である以上過去作の記憶が蘇ってしまうのもやはり宿命。前作の「真・覇王演義」が非常に衝撃的かつ魅力的なゲーム性だったので、僕と同じようにあのラッシュを最新作でも楽しみたかったという方は少なくないのかなと…。ここは☆4つで!

 

 

ゲーム性は違えど、Daiichiらしいこだわりを感じる良台

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ オススメ度☆4

 

前作から約1年ぶりのシリーズ最新作となる「P真・一騎当千~桃園の誓い」。シリーズ物としては比較的短いスパンでの登場ですが、スペック&ゲーム性の刷新、通常時の演出においても新規演出が多数搭載されているなど一切の手抜きを感じない力作でした。前作のラッシュ「真・覇王演義」のゲーム性を求めている方もいると思いますが、オール1500発×時短100回転、そして業界初となる「カウントダウンシステム」など本機にしかない魅力もたっぷりと搭載されております。Daiichiさんらしいこだわりや魅力を存分に味わえる1台となっているので、是非色んなユーザーさんに楽しんで欲しいですね!

 

 

今回のレビュー結果

 

P真・一騎当千~桃園の誓い~ 総合レビュー結果☆4.4

 

「P真・一騎当千~桃園の誓い」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコンDaiichiさんの台は毎回どんなスペックで登場するのかワクワクしますね

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

新台導入日

  • 導入予定
  • 導入済み

アクセスランキング

  • 1【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】284

    【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】

  • 2ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】415

    ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】

  • 3ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】111

    ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】

  • 4ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】44

    ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】

  • 5【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?1

    【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 6ガリぞうが主に打っている機種の設定推測ポイントを解説!【収支日記#211:2024年3月12日(火)~2024年3月18日(月)】1

    ガリぞうが主に打っている機種の設定推測ポイントを解説!【収支日記#211:2024年3月12日(火)~2024年3月18日(月)】

  • 7【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!1

    【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 8【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 9あおいが「1GAME」で「男の娘」になった理由とは?色々あった裏側を聞いてみた!895

    あおいが「1GAME」で「男の娘」になった理由とは?色々あった裏側を聞いてみた!

  • 10【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • もっと見る