【P咲-Saki-全国編】従来のシリーズ作品から大きく変化したスペックや演出を試打レビュー!

【P咲-Saki-全国編】従来のシリーズ作品から大きく変化したスペックや演出を試打レビュー! eyecatch-image

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回は三洋物産さんから登場する注目の新台「P咲-Saki-全国編の試打レビューをお届け。スペックや演出、ラッシュはどんな感じだったか筆者の独断と偏見に基づいて各項目を5段階評価でレビューしていきたいと思います。

 

本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

「P咲-Saki-全国編」の解析情報はこちら

 

 

新ギミック群が様々な演出で大活躍!

 

P咲-Saki-全国編 ギミック・盤面構成☆4

 

P咲-Saki-全国編 液晶右上 咲ギミック

 

P咲-Saki-全国編 液晶下ギミック エトペン

 

まずはギミック面から。2014年に登場した「CR咲-saki-」、そして2019年に登場した「P咲-saki- 阿知賀編」以来約4年ぶりの登場となる本機ではギミックを一新!盤面の上下には2枚のサブモニター、右上には主人公である「咲」、下部には「エトペン」、右下には麻雀牌…と多種多様なギミックが搭載されております。

 

 

P咲-Saki-全国編 サブモニターギミック「好機」

 

P咲-Saki-全国編  大当たり告知時 サブモニター・麻雀牌ギミック・咲ギミック可動

 

各ギミック作動時はこんな感じ。全ギミックが作動する大当たり告知時のインパクトもさることながら各ギミック(特に2枚のサブモニター)は通常時からラッシュ中まで様々な活躍の場面が設けられており、単なる賑やかしではなくギミックが主役となる演出が用意されていたのはこの項目的にかなり高ポイントです!

 

 

P咲-Saki-全国編 盤面左下 アタッカーと麻雀牌ギミック

 

お次は出玉関係の盤面構成。こちらはおそらく、先日登場した「P聖闘士星矢 超流星LIGHT」含む最近の三洋系機種ではお馴染みの造り。並以上の造りだとは思いますが溢しポイントの位置(アタッカーの真上)はちょいと気になるところ。そんなにクセの悪い台はないことを願いたいところですが…大当たり消化&ラッシュ消化の両方に影響があるので本機を実戦する際はなるべくチェックすることをオススメします!

 

ギミックはこれまでの「咲」から一新。麻雀系作品では普遍的なモチーフである「麻雀牌」のギミックも斬新なデザインになっていたり、全体的にかなり力が入っていると感じました!盤面構成に関してはそれほど悪くはないのですがやはり大当たり&ラッシュ中共にある程度の溢しは発生してしまったので、欲を言えばもう少し影響の少ない場所に配置、もしくはそもそも溢しが発生しづらい造りになっていると良かったですね。☆は4つ!

 

 

「咲-saki-」とは思えぬ尖り方!?通常大当たりに時短があれば…!

 

P咲-Saki-全国編 スペック・ゲーム性☆4

 

P咲-Saki-全国編 9図柄揃い

 

特図1

 

P咲-Saki-全国編 特図1円グラフ

 

ラウンド 電サポ 振り分け
10R 時短10000回転 53%
2R 時短なし 47%

 

本機は初当たり確率約1/319.9の一種二種混合機。「阿知賀編」では甘デジver.以外が設定付きでしたが今作は設定非搭載機となっております。まずは通常時に関してですが、初当たり時の内訳がこちら。10R大当たり(1500発)=ラッシュ突入、2R大当たり(300発)時は引き戻しのチャンスなく通常時へ…とかなりメリハリのあるタイプになっております。ここで気になったのは、これまでの「咲-saki-」ではスタンダードだった通常大当たり時の時短がなくなってしまったこと。もちろん今作ではその分初当たりの半数以上が10R&ラッシュ性能もアップと目立つ強化点もあるので一長一短…というか好みによってはプラスに感じられると思いますが、時短引き戻しがパチンコ最大の快感だと思っている僕としてはこの変化は少々残念に感じてしまいましたね。

 

 

P咲-Saki-全国編 超即ヅモRUSH

 

お次はラッシュについて。本機ではいわゆる下位ラッシュ&上位ラッシュ的なモノは存在せず、「超即ヅモRUSH」一本勝負。通常時の内訳に関してはちょっとネガティブな意見も語りましたが、その分ラッシュ性能は非常に強力なモノになっております。

 

 

P咲-Saki-全国編 超即ヅモRUSH中 豊音VS咲

 

P咲-Saki-全国編 役満BONUS獲得

 

「超即ヅモRUSH」は10000回転の時短となっており、実質大当たり確率は約1/27.6なので突入時点で大当たり当選はほぼ約束された状態。重要なのはどの大当たりに当選するかで、内訳は「10R+時短10000回転(=ラッシュ継続)」が81%、「2R+時短ナシ(残保留で引き戻しの可能性アリ)」が19%となっています。これまでの「咲-saki-」とは異なり一種二種混合機での登場となった本機ですが、実質的なゲーム性としては馴染み深いバトルタイプに近い感じに仕上っていました!

 

 

P咲-Saki-全国編 ラスヅモチャレンジ

 

P咲-Saki-全国編 右打ちでチャージ指示

 

また、今作では「2R+時短ナシ」に当選してしまった場合でも残保留(最大4個)による抽選「ラスヅモチャレンジ」に突入。これは一種二種混合機だからこその新要素となっておりここでの引き戻しも含めるとトータルのラッシュ継続率は約84%!4回転での引き戻し期待度も約14%と十分現実的です。最初に述べたように僕は引き戻しがパチンコ最大の快感だと思っているので、この「ラスヅモチャレンジ」の存在はかなり評価できますね!

 

1番大きな変化があったのは通常時で、これまでの「咲-saki-」とは異なり初当たりがかなりメリハリのある内訳に。昨今はこのような仕様の台がヒットすることが多かったので当然の変化なのかもしれませんが、個人的な好み&「咲-saki-」というコンテンツであれば通常時の時短搭載を含めもう少し遊びやすいイメージを持てるスペックの方がマッチしたんじゃないかなぁ…というのが本音ですね。逆にラッシュのゲーム性はかなり好み。バトルタイプっぽいゲーム性は継承されていますし、「ラスヅモチャレンジ」という一種二種混合機だからこそのお楽しみがあるのも高ポイントです。スペック&ゲーム性に関しては☆4つ!

 

 

様々な展開から大当たりに期待できるバランスへのシフトは好印象!

 

P咲-Saki-全国編 通常時☆4

 

P咲-Saki-全国編 通常時 紫保留 疑似3 「好機」帯

 

スペック&ゲーム性で大きな変更点があった本機ですが、通常時の演出面も刷新。1番印象的なのは「P咲-saki- 阿知賀編」において通常時の要だった「闘牌カードシステム」がなくなり、どちらかといえば初代に近いオーソドックスな演出構成&演出フローになっていたことです。

 

 

P咲-Saki-全国編 SSS ZONE

 

P咲-Saki-全国編 9図柄テンパイ 清澄決戦

 

といっても本機からの新演出が多数搭載されているので新鮮味は十分。「P咲-saki- 阿知賀編」が好みだった方には残念な変化かもしれませんが良くも悪くも「闘牌カードシステム」が信頼度に与える影響が大きすぎた印象があるので、様々な展開から大当たりに期待できるように感じられる本機の演出構成は個人的にかなりアリだと思いました!

 

 

P咲-Saki-全国編 9図柄テンパイ 金文字カットイン

 

個人的に通常時で心配していたのは演出バランス。というのも「P咲-saki- 阿知賀編」にはあまり詳しくないのですが初代はそれなりに打ち込んでおり、あくまで主観で言えば演出バランスは割と崩壊気味(それでも好きだったのですが)だった印象が強いんですよね。ただ、今作に関しては大当たり時の変動こそ激アツ演出や金系演出の複合が多く派手な感じではあるものの、驚くような激アツハズレは未確認。数百回転程度のサンプルなので全てを知ることができたわけではないものの、それなりに納得できる演出バランスになっていると感じました。

 

通常時の演出も大きく刷新された本機。「闘牌システム」を軸とした演出構成よりも様々な演出に一喜一憂できる本機の方が好みだったので、個人的にはかなり好印象でした。演出バランスも今回試打した限りでは心配しないで良い仕上りだと感じたので、☆は4つ!

 

 

イケイケ感は間違いなく過去最高だが、個人的には麻雀バトルをもっと楽しみたかった…!

 

P咲-Saki-全国編 ラッシュ☆3

 

P咲-Saki-全国編 超即ヅモRUSH

 

お次はラッシュについて。システム面についてはすでにご紹介しているのでここでは演出面を中心にレビューします。まずおさらいをすると、「超即ヅモRUSH」は時短10000回ですが右打ち中の大当たり確率は約1/27.6なので実質大当たり濃厚。大当たり内訳は「10R+時短10000回転(=ラッシュ継続)」が81%、「2R+時短ナシ(残保留で引き戻しの可能性アリ)」が19%なので、基本的には10R大当たり当選に期待、残念ながら2R大当たりだった場合は「ラスヅモチャレンジ」での引き戻しに期待するゲーム性となっています。

 

「超即ヅモRUSH詳細/専用演出」についてはこちら

 

 

P咲-Saki-全国編 超即ヅモRUSH中 キャラ図柄止め演出

 

P咲-Saki-全国編 7図柄揃い

 

そして注目の演出面。これまでの「咲-saki-」はそもそも一種二種混合機ではなく純粋な確変ループタイプだったので王道バトルをじっくりと楽しめる演出フローでしたが、本機の場合10R大当たり当選時は基本的に先読み→即当たり系演出での告知。そしてバトル演出発展で2R大当たり(「ラスヅモチャレンジ」突入)のピンチ(10Rの可能性もアリ)といった感じになっています。一撃3000発以上のボーナス(保留連告知)搭載なども含め昨今のトレンドが盛り込まれており爽快感は間違いなく過去最高レベル。ただ、やはり「咲-saki-」のラッシュ(確変)中といえば麻雀バトルの緊張感が醍醐味だったので、爽快感はそこそこにもう少し麻雀バトルの比重が高いゲーム性を求めていた…というのが正直な気持ちですね。

 

 

P咲-Saki-全国編 RUSH中 敵キャラセリフ

 

P咲-Saki-全国編 RUSH中 咲 ロン(虹文字)

 

ただ、これはこれでやっぱり今までの「咲-saki-」にはなかった魅力を感じられるというのも事実。今回試打した限りではバトル演出の発生率は低め(煽りだけはちょいちょい出る)で発展するとかなり危機感があるのですが、そこからバトルに勝利できた際、もしくは敗北→「ラスヅモチャレンジ」で引き戻しに成功した際はめちゃくちゃ興奮できました!

 

「ラスヅモチャレンジ」についてはこちら

 

通常時以上に大きな変化があったラッシュ中の演出。これまでの「咲-saki-」にはない魅力もありますし昨今のトレンドもしっかり押さえているので、好きな方にはかなりハマると思います!ただ、昨今はバトルタイプのゲーム性を楽しめる機種が希少な存在なので、僕としては本機がその需要を満たしてくれることに期待していたんですよね。初代をガッツリ打っていた僕としてはやっぱりバトルをもっと楽しみたかったので…ここは☆3つで!

 

 

ラッシュ性能重視の方には全力でオススメできる1台!

 

P咲-Saki-全国編 オススメ度☆4

 

「P咲-saki- 阿知賀編」以来約4年ぶりの登場となる「咲-saki-」の最新作。スペック・演出・ギミックいずれも新要素がたっぷりの造りで非常に力が入っていると感じた1台でした!ラッシュ中の演出に関してはけっこう辛口レビューをしましたが、これはあくまで初代の印象が1番強く残っている僕個人の意見なので、「むしろこれを待っていた」という方もたくさんいらっしゃるかと思います。ラッシュ突入時のイケイケ感は間違いなく過去最高レベルに仕上っているので、新生「咲-saki-」を是非ホールでお楽しみください!

 

 

今回のレビュー結果

 

P咲-Saki-全国編 総合レビュー☆3.8

 

「P咲-Saki-全国編」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコン初代では「魚群柄演出」がハズレまくったのも今では良き思い出。

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

新台導入日

  • 導入予定
  • 導入済み

アクセスランキング

  • 1【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】284

    【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】

  • 2ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】415

    ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】

  • 3ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】44

    ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】

  • 4ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】111

    ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】

  • 5ガリぞうが主に打っている機種の設定推測ポイントを解説!【収支日記#211:2024年3月12日(火)~2024年3月18日(月)】1

    ガリぞうが主に打っている機種の設定推測ポイントを解説!【収支日記#211:2024年3月12日(火)~2024年3月18日(月)】

  • 6【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?1

    【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 7【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 8【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 9【アオハル♪操A-LIVE】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?2

    【アオハル♪操A-LIVE】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 10【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!1

    【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • もっと見る