【e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3】常識破りのラッシュを搭載!シリーズ最新作のスペックや演出を徹底レビュー!

【e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3】常識破りのラッシュを搭載!シリーズ最新作のスペックや演出を徹底レビュー! eyecatch-image

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回はニューギンさんから登場する注目の新台「e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3の試打レビューをお届け。スペックや演出、ラッシュはどんな感じだったか筆者の独断と偏見に基づいて各項目を5段階評価でレビューしていきたいと思います。

 

なお、本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

「e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3」の解析情報はこちら

 

 

「漢魂」が無くなってしまった寂しさはあるがギミックの大幅刷新は高評価

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 ギミック・盤面構成☆4

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 待機画面

 

本機に搭載されているギミックは、盤面上部のロゴギミック、普段は液晶周囲に隠れている家紋型のギミック、そして昨今のニューギン系機種でお馴染みのサブモニターの3種類。いずれもかなりシンプルなデザインですが、必要以上の装飾はせずスタイリッシュな仕上がりは「義風堂々」にピッタリですね。

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 ロゴギミックと家紋型ギミック

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 家紋型ギミックとサブモニター

 

ギミック作動時はこんな感じ。搭載されているギミック総数自体はそんなに多くありませんが動きにバリエーションがありインパクトも抜群。前作からギミックの使いまわしがなく一新されているのも素晴らしいですね。しかし気になるポイントが1つありまして、今作でも通常時は「漢魂」が重要な役割を持つ演出となっているのですが前作のようなギミックではなく液晶演出で表現されていました。だからといって楽しみ方は一切変わらないのですが、「漢魂」はおそらくシリーズを象徴する演出という扱いだと思うのでここはできればギミックを続投して欲しかったですね!

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 盤面右上 スルー 電チュー

 

続いて盤面構成について。まずはラッシュの消化に関わるところですが盤面右上にスルー、その真下には電チューが配置されております。本機のラッシュは基本的に1回転で大当たりに当選するゲーム性なのですが、スルーを玉が通過するとすぐに電チューが開くため大当たりまでに要するのは1発~2発。ゲーム性によるところもありますが、ラッシュの消化には一切のストレスを感じない優秀な造りになっていました。

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 盤面右下 アタッカー

 

お次は大当たりの消化に関わるところ。本機の大当たり出玉は様々なサイトで1500発と表記されていると思いますが、実は1R目(V入賞ラウンド)で開放するミニアタッカーの賞球数は1個。それだと1500個に足りなくね…?という疑問が浮かびますが、メインアタッカーの左下にある15個or7個のポケットに入賞しやすい造りなので、実質的には1500発の払い出し(多少前後はしますが)を受けることが可能となっています。とはいえ、なんのメリットがという話なのですが、実はこれ本機の出玉性能に大きな貢献をしてくれているんですね。こちらは次の項目で詳しくご紹介させていただきたいと思いますが、素直に「これはようやった!」と感じましたので盤面構成に関してはかなり高評価です!

 

ギミック・盤面構成共に完成度の高さを感じましたが、個人的には「漢魂」のギミックがなくなってしまったのが非常に残念でしたね。本機単体で評価するのであれば☆5でも良いのですが…ここは少し厳しいかもしれませんが☆4つで!

 

 

常識破りの衝撃的なラッシュを実現!

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 スペック・ゲーム性☆5

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 通常画面 7・1・3図柄

 

通常時(特図1)

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 通常時(特図1) 円グラフ

 

 

ラウンド 電サポ 振り分け
10R+10R(※1) RUSH突入 20%
10R(※2) RUSH突入 35%
10R(※2) 時短なし 45%

※1…約1500個(10R大当たり約1360個+その他入賞の合算値)×2回。
※2…10R大当たり約1360個+その他入賞の合算値。

 

本機は初当たり確率約1/348.59の一種二種混合機。本シリーズは初代→2でまるで別物といえるくらいスペックやゲーム性が変化しましたが、今作もかなり衝撃的なスペック&ゲーム性での登場となります。まず通常時に関してですが、初当たり時の内訳が上記となっています。ラッシュ突入率は55%で、その内4割弱は3000ボーナス。そして通常大当たり時は時短こそないもののこちらも10R(1500発)の出玉をしっかりと獲得可能です。7月に同社からリリースされた「e花の慶次~裂 一刀両断」もラッシュ突入率55%かつその際は必ず3000ボーナスだったのでそれと比較すると見劣りしますが、十分優秀な初当たり内訳の部類という印象ですね。もちろん初当たり時の平均出玉が「e花の慶次~裂 一刀両断」よりも若干減った分は他のところに還元されており、ラッシュ性能がマジでとんでもないことになっています!

 

「スペック詳細/大当たり内訳」についてはこちら

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 天衣無縫RUSH

 

RUSH中(特図2)

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 RUSH中(特図2) 円グラフ

 

ラウンド 電サポ 振り分け
10R+10R RUSH突入 69.5%
2R 時短なし 30.5%

 

初代は当時としては珍しい2段階の状態がある確変ループタイプ、2代目はライトミドルながら強力な出玉性能のショートSTタイプでの登場でしたが、今作もこれまでとは全く異なるゲーム性へと進化しております。本機の「天衣無縫RUSH」は1回転でラッシュ継続or終了が決まる超短期決戦型タイプとなっており、継続期待度は約70%。継続率80%や90%が当たり前の時代に70%…?と思ってしまうかもしれませんが、こちらの大当たり内訳を御覧ください。なんとラッシュ継続時は全て3000ボーナス(10R×2)、そしてその際わずか(4%)ではありますが10R大当たりがさらにもう1回1G連で当選…というとんでもスペックになっております。他メーカーでも3000ボーナスに特化した機種は登場していたのですが、それらの継続率は60%程度。おそらく現時点で3000ボーナス×継続率70%を実現しているのは本機のみなのではないでしょうか。

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 限界突破SPECIAL義風BONUS

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 3020発ゲット

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますがパチンコにはいわゆる総量規制、ざっくりいえば「連チャンモード突入時は平均○○発(モードTY)までの性能に収めないとダメですよ」というルールが存在。これが小当りラッシュタイプや確変ループタイプなど連チャンシステムの仕様毎に定められているのですが、本機のモードTYは一種二種混合機で定められている数値を優に超えているんです。といってももちろん本機がそのルールを侵害しているなんてことはなく、ここで出てくるのが先程の項目で触れたポケット入賞によって1500発獲得できる大当たりの消化システム。パチンコは大好きですがこういった細かいルールには疎かった為今回始めて知ったのですが、どうやらモードTYにはポケット入賞による払い出しは含まれていないようなんですよね。これによって70%で3000発(4%で10R大当たりが1G連)というかつてない興奮を味わえるラッシュを実現。連チャンも全て1G連ということで出玉スピードも凄まじく、唯一無二の魅力を持った素晴らしいラッシュになっていると思いました!

 

これまでのシリーズとは全く異なる衝撃的な変貌を遂げた本機のスペック&ゲーム性。3000発をかけた1回転の緊張感&連チャン成功時の興奮は凄まじく、歴代シリーズナンバーワン…いや、現行機トップクラスのラッシュに仕上がっていると思いました。気になるポイントとしてはラッシュ終了時の大当たりは表記上2Rとなっていますが、実獲得出玉はわずか15個であること。ラッシュに突入しても30%はわずか数十秒でこちらに当選して終了…となってしまうので、その際の絶望感は中々のもの(汗)。とはいえ、大当たりの消化システムなどを工夫することによってかつてない3000発×70%というラッシュ性能の実現したことは本当にお見事!ということでここは☆5つ!

 

 

通常時の演出は2に近い造り。映像クオリティがとてつもなく進化!

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 通常時☆4

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 メイン液晶、サブ液晶に漢魂

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 好機 サブ液晶に漢魂ストック

 

本機は2015年に登場した「CR義風堂々!!~兼続と慶次~」、2019年に登場した「P義風堂々~兼続と慶次~2」に続くシリーズ3作目の作品。初代から2にかけては基本的な予告演出・リーチ演出共に割と大きな変化があった印象ですが、今作では「漢魂ストック」が主要予告として継承されていることをはじめ、全体的には2にかなり近い演出構成となっていました。

 

「リーチ前の予告演出」についてはこちら

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 兼続と慶次 金カットイン

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 背中合わせの兼続と慶次

 

予告演出では金系演出や「鉄扇キセル演出」をはじめとしたシリーズ伝統の激アツ演出(4大注目演出)からの強リーチ発展が初当たりの王道ルート。初代はそれなりに打ちましたが2はそこまで実戦回数が多くないので正確な比較をできているかは自信がないのですが、良くも悪くも2からそこまで大きな変化はない印象を受けました。

 

「リーチ後の予告演出」についてはこちら

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3  1・7・1図柄停止 漢たちの酒語りリーチ

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 1図柄揃い 武将集合カットイン

 

これは前作に続き「漢魂ストック」を主体とした演出構成であること、また大当たり時に選ばれやすいリーチ演出が「漢たちの酒語りリーチ」や「武将系SPリーチ」といった過去作でも見慣れた映像だったことが要因かなと。といっても個人的には別にこれに対してネガティブな印象はなく、多少なりとも本機からの新演出は搭載されているのでシリーズの最新作として正統な進化を遂げていると感じられました。ただ、もっとガッツリ新鮮な演出に期待していた方にとっては少々前作との違いが乏しいと感じてしまうかもしれませんね。

 

「ストーリーリーチ(お船 その愛と義と/兼続と景勝 越後を守る絆/二人のいくさ人 兼続と慶次/漢たちの酒語り)」についてはこちら

 

「武将系SPリーチ(大谷吉継/片倉小十郎/島左近/石田三成)」についてはこちら

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 兼続 墨絵背景

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 通常時 慶次 出陣背景

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 慶次・兼続 夜に月を眺めるリーチ

 

これはなにも通常時に限った話ではないのですが、演出面における本機の大きな強みが映像美。最近は映像がキレイな台なんて珍しくもありませんが、本機は前作より1ランク…いや、2ランクくらい進化していることを一目で感じるほどのレベルでした。それもそのハズで、なんと本機では液晶演出用のROM容量が前作から2倍近くに増えているとのこと。普通であればこういうのってニューギンさんの代表作である「花の慶次」シリーズで実装しそうなものですが、それを本機でというのは個人的にはかなり推せるポイント。「義風堂々!!〜兼続と慶次〜」に対するメーカーさんの強い意気込みを感じました。写真では伝わりづらいと思いますがただ綺麗なだけでなく映像に奥行きがあって前作よりも迫力が増しているので、これは是非ホールで確かめていただきたいですね!

 

全体的に「P義風堂々~兼続と慶次~2」と近い演出構成となっていますが、新演出の搭載や映像美など進化はしっかりと感じました。しかしこれは筆者があまり大きな変化を求めないタイプの人間故の評価なので、一般的にはもう少し新演出も楽しめる方が良かったかな?という気もしますね。あと、これは完全に個人的な話ですが、初代の擬似連時に鳴る「ピ~ロロ~」みたいな笛の音がめっちゃ好きだったので是非次回作での復活を希望します(笑)。☆は4つ!

 

 

演出面もバッチリ進化。チャンスアップがしっかりアツい!

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 ラッシュ中☆5

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 天衣無縫RUSH

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 生か死か一発勝負演出

 

スペック面や継続システムなどについてはすでにご紹介しているので、ここでは主に演出面をレビューしたいと思います。まずおさらいをすると、本機の「天衣無縫RUSH」は70%の「10R×2(3000発)+ラッシュ継続」or30%「2R(15発+ラッシュ終了)」のどちらに当選するかが1回転で決着するDEADorALIVEの極みともいえるゲーム性。右打ちを開始したその直後には電チューに入賞し運命が決定…というこの瞬間の緊張感は他機種では味わえないモノになっております。スペック&ゲーム性の項目でも感想を述べましたが、マジでとんでもないラッシュが誕生してしまいましたね。

 

「天衣無縫RUSH詳細」についてはこちら

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 城門到達

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 城門を超える兼続

 

ラッシュ中の演出は城門突破成功で大当たりとなる「いくさRUSH」、「兼続」が「慶次」を倒せば大当たりとなる「一騎討ちRUSH」というお馴染みの2種類に加え、「鉄扇キセル演出」が発生すれば大当たりとなる「鉄扇キセルRUSH」を加えた合計3種類となっています。演出スタートから決着までの時間はいずれも1分前後。1回転という超短期決戦タイプではありますが、果たして待ち受けるのは天国かそれとも地獄か…という本機最大の緊張感をじっくりと味わえる演出構成になっております。

 

「いくさRUSH演出詳細」についてはこちら

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 VS天に愛されし者 前田慶次 危険度☆1

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 虹帯兼続攻撃 金カットイン 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 7図柄揃い

 

シリーズお馴染みの「いくさRUSH」と「一騎討ちRUSH」は変動開始時から最終ジャッジの瞬間まで様々な演出チャンスアップポイントが存在。勝利(成功)すれば「10R×2(3000発)+ラッシュ継続」という至福の瞬間、敗北(失敗)してしまうと「2R(15発+ラッシュ終了)」濃厚(復活の可能性アリ)という演出構成は、往年のバトルスペックの演出を彷彿させます。演出構成は過去作に搭載されていた「いくさRUSH」「一騎討ちRUSH」から大きな変化はないのですが、スペック面が大きく進化したことによりチャンスアップ出現時の興奮や期待感はこれまでと段違い。今回試打した限りでは何か1つでもチャンスアップパターンが発生すればかなり高確率で勝利(成功)に結びついていたのも好印象でした。これだけ極端な振り分けなので、いかにも熱そうな展開で敗北(失敗)してしまった際の絶望感は計り知れないですからね…。そんなユーザー心理への配慮ということなのかはわかりませんが、チャンスアップ発生でしっかりとアツくなれるメリハリのある演出バランスだったのは良かったです!

 

「一騎討ちRUSH」についてはこちら

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 兼続と慶次 襖が閉まればRUSH終了!?

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 ブラックアウト演出

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 鉄扇キセル

 

新搭載の「鉄扇キセルRUSH」は制限時間内にブラックアウト→「鉄扇キセル」が発生すれば大当たりとなる脳汁ダダ漏れ間違いナシの告知タイプ。といってもなにも予告演出のない完全告知タイプというわけではなく、「鉄扇キセル」発生を煽るいくつかの前兆演出や違和感演出も存在しております。

 

「鉄扇キセルRUSH演出詳細」についてはこちら

 

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 鉄扇キセル 違和感演出 サブモニターに制限時間

 

この演出モードのみサブモニター部分に残り時間が常に表示(チャンスボタン押下で非表示に)されており、残り時間が少なくなってきた際には「とりあえず前兆演出だけでも出てくれ…」という気持ちでハラハラドキドキ。緊張感という点では間違いなく「いくさRUSH」「一騎討ちRUSH」以上ですな。実は裏ボタンで前兆演出の一切発生しない完全告知タイプにすることもできるのですが、これは是非1度デフォルト状態を味わってみて欲しいです!個人的には往年のバトルスペックっぽい演出を楽しめる「いくさRUSH」&「一騎討ちRUSH」の方が好みではありますが、これまでの「義風堂々!!」シリーズにはないタイプの「鉄扇キセルRUSH」が加わったことでより幅広いユーザーが楽しめるラッシュに仕上がっていると思いました。

 

本ラッシュ最大の魅力は間違いなくスペック(数値面)だと思いますが、演出面もしっかりと進化。歴代シリーズファンの方を納得させる「いくさRUSH」「一騎討ちRUSH」、そして新たな演出構成の「鉄扇キセルRUSH」も加わり万全の構えといったところですね。試打だけでは演出バランスの全てを知ることができたわけではありませんが、一応今回に関してはチャンスアップ発生などの期待できる展開はしっかり当たってくれたので文句ナシ。ここは☆5つです!

 

 

覇権を握る可能性を感じる要注目の1台

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 オススメ度☆5

 

約4年ぶりの登場となるシリーズ最新作は、過去作の流れを踏襲しつつスペックを一新。映像がめちゃくちゃ綺麗になってたりラッシュ中の新モードが搭載されていたりと演出面でも進化は感じたのですが、やはりなんといっても最大の注目ポイントは様々な創意工夫の上で実現した「天衣無縫RUSH」でしょう。現状オール3000発(+α)×継続率約70%なんて出玉性能を実現している機種は他にないと思われるので、本機がユーザーのツボにハマり覇権を握る可能性もあるのかなと。ラッシュ終了時はわずか15発(2R)の出玉のみ…というピーキーなスペックゆえ万人にオススメできるワケではないのが辛いところなのですが、ここは唯一無二のラッシュ性能を実現していることに敬意を表して☆5つ!

 

 

今回のレビュー結果

 

e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3 総合レビュー☆4.6

 

「e義風堂々!!〜兼続と慶次〜3」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコン「花の慶次」以上の人気を得るかも

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

新台導入日

  • 導入予定
  • 導入済み

アクセスランキング

  • 1【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】284

    【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】

  • 2ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】415

    ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】

  • 3ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】44

    ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】

  • 4【Lパチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?0

    【Lパチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 5ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】111

    ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】

  • 6【コイン単価】意外と知らない「波の荒さ」を表すパチスロ単語についておさらいしよう!345

    【コイン単価】意外と知らない「波の荒さ」を表すパチスロ単語についておさらいしよう!

  • 7【スマスロ真・北斗無双】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?0

    【スマスロ真・北斗無双】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 8【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!1

    【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 9【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 10【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • もっと見る