マルハン、被災地復興支援で紺綬褒章を受章

 マルハンはこのほど、平成30年7月豪雨の復興支援活動に対して紺綬褒章を受章。受章に伴い10月4日に倉敷市役所において紺綬褒章伝達式が行われた。

 伝達式では同社の藤田進取締役が出席し、伊東香織市長から紺綬褒章を伝達された。藤田取締役は「この度は褒状を賜り誠にありがとうございます。救援や復興支援などの活動に尽力された方々に深く敬意を表しますとともに、被災された方々の一日も早い復興を心より祈念いたします」と感謝の意を述べた。

 同社では復興支援活動として、会社からの寄付および全国のマルハン店舗で行った募玉・募メダルによる支援活動のほか、同社従業員74名による被災地支援のボランティア活動を行い、これらの活動による貢献が認められこの度の受章に至った。

 今後も企業、従業員ともに地域社会との「共感・信頼」、社会の持つ様々な問題に真摯に取組み、「良き企業市民」として各種社会貢献活動に努めていくとしている。

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列