ABCが自社基金を通じて静岡県社会福祉協議会に500万円

ABCが自社基金を通じて静岡県社会福祉協議会に500万円 eyecatch-image

冨田社長(右)から神原会長に目録を贈呈。

静岡、山梨、長野、愛知県に38店舗を展開するABC(冨田英児社長)はこのほど、ABCしあわせ基金を通じて社会福祉法人静岡県社会福祉協議会に500万円を寄付した。

11月10日に静岡市の静岡県総合社会福祉会館シズウェルで行われた贈呈式では、冨田社長が静岡県社会福祉協議会の神原啓文会長に500万円の目録を贈呈。神原会長から感謝状を授与された。

ABCしあわせ基金は社会福祉事業への支援を目的に、ABC創業50周年の記念事業の一環として2003年6月に設立したもの。同社では毎年、同基金を通じて静岡県社会福祉協議会への寄付を行っており、寄付金の合計額は18年目の今年も含めて、1億2,141万9,000円になる。

また、この寄付は県内の社会福祉関係の団体に対する寄贈車両の原資として使われており、今年も3つの団体に1台ずつ車両が贈られた。これで寄贈した車両の累計台数は75台となった。

寄贈車両をバックに集合写真。後列は寄贈団体の関係者。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る