【Pコードギアス 反逆のルルーシュ 試打#1】シリーズ最新作のスペックを解説!初当たりの20%がラッシュ直行&連チャン濃厚? (1/2)

【Pコードギアス 反逆のルルーシュ 試打#1】シリーズ最新作のスペックを解説!初当たりの20%がラッシュ直行&連チャン濃厚? eyecatch-image

バックナンバーはこちら

パン君 プロフィール
パン君

パチ&スロ動画配信サイト「JANBARI.TV」で活動する「JB メンバーズ」所属。パチ&スロの二刀流スタイルで日々戦う彼は「ジャンバリの大谷翔平」を自称している。

Twitter
https://twitter.com/janbari_pankun
blog・WEBサイト
http://pankun.janbari.tv/

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回はビスティさんの最新機種「Pコードギアス 反逆のルルーシュ」試打レポートをお届け!

 

前作の「CRコードギアス 反逆のルルーシュ 〜エンペラーロード〜」は継続率65%の確変ループタイプでしたが、今作は一種二種混合機にスペックチェンジ。連チャンモードの「コードギアスチャンス」は継続率約91%と、パチンコの醍醐味である連チャンをガッツリ堪能できる1台となっていますよ!今回はそんな本機のスペックについて詳しくご紹介したいと思います。

 

 

初当たりの20%はラッシュ直撃&連チャン濃厚!

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ スペック 

 

一種二種混合機になったことにより、基本的には初当たり後に突入する「ブラックリベリオン(時短+残保留)」での引き戻しからラッシュ突入を目指す突破型タイプとなりましたが、初当たりから「コードギアスチャンス(時短250回)」直撃の振り分けが20%もあるのが特徴です。

 

連チャンモードである「コードギアスチャンス」のトータル継続率は約91%で、メインの振り分けとなるのは7R大当たり。最近の機種では標準装備になりつつある「遊タイム」を非搭載にしたことにより、その分をラッシュ突入率やラウンド振り分けなどのスペック面に還元できているのかもしれませんね!

 

 

「コードギアスチャンス」直撃ルート

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ 7図柄大当たり

 

7図柄での大当たりはその時点で時短250回の「コードギアスチャンス」突入が確定。

 

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ スザクボーナス

 

「スザクライジングボーナス」はラウンド中のバトル勝利で同じく時短250回の「コードギアスチャンス」に突入します!特図1の大当たりは20%が時短250回と、かなり現実的な振り分けに。1日に1回はお目にかかれそうですね!

 

 

ブラックリベリオン

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ ブラックベリオン

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ 右を狙え!

 

初当たり時の80%は時短1回の振り分けとなっており、ラウンド終了後は「ブラックリベリオン」に突入。時短1回+残保留を合わせた5回転の間に約1/6.8の大当たりを射止めれば「コードギアスチャンス」突入となり、突破期待度は約54.6%となっています!

 

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ 作戦選択

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ 作戦選択

 

「ブラックリベリオン」の演出モードは「一撃タイプ」or「1000体撃破タイプ」の2種類から選択可能!

 

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ Vコントローラーを引け

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ 我に従え

 

「一撃タイプ」は予告演出の種類が控えめなので、毎回転期待が持てるモードです。ボタンではなくVコントローラーの指示が発生すれば激アツ!

 

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ 1st進撃

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ 決戦

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ 殲滅成功

 

「1000体撃破タイプ」では液晶下部に表示されたアイコンで各保留の信頼度を示唆。キャラクターのアイコンをストックすれば期待度アップ!多彩な予告演出を楽しみたい方にオススメのモードです!

 

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ ブラックベリオン完遂

 

1000体の敵を撃破できれば「コードギアスチャンス」突入!継続率約91%の高性能ラッシュを堪能しましょう!

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る