セガサミーHD3月期決算、パチスロ販売等が好調で増収増益に

セガサミーHD3月期決算、パチスロ販売等が好調で増収増益に eyecatch-image

セガサミーホールディングスは5月13日、2020年3月期決算短信を発表。それによると売上高3,665億9,400万円(前年同期比10.5%増)、営業利益276億4,300万円(同111.3%増)、経常利益252億9,600万円(同237.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益137億7,500万円(同421.3%増)の増収増益となった。

遊技機事業では、パチンコにおいて『P北斗の拳8覇王』等を投入。販売台数は10万4,000台(前年度は15万9,000台)となった。パチスロでは、大型タイトル『パチスロ北斗の拳 天昇』等を投入し、販売台数は12万3,000台(同6万7,000台)となり、パチスロ販売が好調に推移。結果、遊技機事業の売上高は1,083億6,400万円(前年同期比6.8%増)、営業利益は249億2,900万円(同84.8%増)となった。

今後については、新型コロナウイルス感染症拡大の影響について、開発、販売、納品スケジュールの遅延や、ホールの購買意欲の低下に繋がる可能性があると見通している。また、2021年3月期の連結業績予想については未定としており、業績への影響を慎重に見極め、合理的な予想の開示が可能となった段階で速やかに公表するとしている。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る