×

【鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編】設定6の約3000G実戦データを公開!設定6は3周期以上ハマらない!?スランプグラフなど気になる挙動も紹介 (1/3)

【鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編】設定6の約3000G実戦データを公開!設定6は3周期以上ハマらない!?スランプグラフなど気になる挙動も紹介 eyecatch-image

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回は「鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編」の設定6、約3000G実戦データをお届け!

 

本機はシリーズ初の周期抽選システムを用いているということで、おそらく各周期到達時の当選期待度には設定差が設けられていることが予想されます。今回は通常時の周期抽選、そして情報の少ない演出面での設定示唆などにも注目しながら実戦していきたいと思います!

 

記事最後の3000G実戦データに移動する

 

 

序盤は大ハマりこそないもののATが伸びず苦しい展開に

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編

 

早速実戦を開始すると1G目で有利区間ランプが点灯。どうやら本機は通常時から常に有利区間ランプが点灯しているタイプのようですね。この後どのタイミングで有利区間ランプが切れるのかにも注目です。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 レア役

 

シリーズを通して初めて初当たりのメイン契機が周期抽選となった本機。1周期は50 or 100 or 150ですが毎ゲーム最低1以上の減算を行うので、実際にこの数字のゲーム数を消化する必要はありません。こんな感じでレア役を引ければ意外とすぐ周期に到達…

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 周期到達 鬼

 

と、まさかカウンターの数字が判明する前に周期到達が表示されるとは!「強バリバリ目」はレア小役の中でもかなり強い部類なので、もしかしたら必ず周期抽選に到達するのかもしれませんね。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 鬼

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 晴天堀 ツッパリ度2

 

周期到達時は次ゲームのレバーオンで発生する「鬼」の色、液晶周りのエフェクト色や滞在ステージなどで当選期待度を示唆しています。そしてこの数ゲーム後に連続演出へ発展。ここで直接当選が告知されるパターンはあまりなく、ここから「カッ飛びゾーン」に突入すれば期待度がアップするのですが…

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 密着列島ヤンキー24時

 

残念…ひき肉にされるようなので逃げましょう。ちなみに通常画面に戻った際に液晶周囲のエフェクトが消えていない場合は前兆継続中の可能性大。連続演出に失敗したあと再度連続演出に発展や「カッ飛びゾーン」に突入することもあるので、エフェクトが消えるまではヤメないようにご注意ください!

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 負け

 

その後2周期目、3周期目では「カッ飛びゾーン」に突入したものの連続演出は失敗。この手の機種は周期到達時の当選率に大きめの設定差が設けられている台が多いイメージなんですが…本機それにあてはまらないのか、それとも僕のヒキが弱いだけなのか。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 単車勝負 リュウジVSペロ

 

4周期目でも「カッ飛びゾーン」に突入し、激アツの「リュウジ」が出現!さすがにこれはハズせないぞと見守ると…

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 正義一貫

 

よっしゃー!実戦開始から277G、4周期目で初当たりに当選です!

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 ツッパリボーナスっ!

 

初当たり時は基本的に「ツッパリボーナス」へ突入しますが、まれに「鬼浜ボーナス」に直行することもあるようです。「鬼浜ボーナス」直撃に設定差が設けられている可能性もあるので、この後の実戦で引けるかどうかに注目ですね!

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 トータル100

 

「ツッパリボーナス」の消化ゲーム数は20G固定。今回は100枚を獲得しボーナスが終了しました。あらかじめお伝えしておくと、本日当選した「ツッパリボーナス」&「鬼浜ボーナス」終了画面は全てこちらの画面でした。設定示唆画面の存在は否定できませんが、搭載されていたとしても出現率はかなり低めに設定されているのかもしれませんね。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 ツッパリゾーン

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 晴天堀ステージ 対決高確中

 

「ツッパリボーナス」終了後は「ツッパリゾーン」へと突入し、20G+αの間で「激闘バトル」を突入を抽選。「激闘バトル」に勝利することができれば「鬼浜ボーナス」当選となります。「晴天堀ステージ」<「銀世界ステージ」<「炎天閣ステージ」の順に「激闘バトル」発展期待度が上がり、ステージは消化中に昇格することもあるようです。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 全役でバトル抽選中!

 

「ツッパリゾーン」突入から4Gで「激闘バトル」に発展。今回の実戦を通してのお話になりますが、「ツッパリゾーン」中はレア小役を引かずとも「激闘バトル」への発展に期待できる印象でした。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 ノブオVSマサル 負け

 

「ノブオ」の場合はレア役のみが対応役なので、やはりそう簡単には勝てませんね。一度敗北してしまっても「ツッパリゾーン」のゲーム数が無くなるまでは何度でも「激闘バトル」抽選が受けられるので、気持ちを切り替え次の「激闘バトル」を目指します!

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 ツッパリゾーン終了

 

その後「ダイゴ」の「激闘バトル」へ発展させることができたのですが、何も引けず敗北。1回目の初当たりから「鬼浜ボーナス」当選はなく終了です。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 グレー背景 鬼浜爆走紅蓮隊

 

次ゲームで「鬼浜爆走紅蓮隊」と書かれたグレー背景の画面に移行し、有利区間ランプが消灯。この2G後に有利区間ランプが点灯し通常時へと移行しました。この後の実戦でも、この画面に移行した場合は必ず有利区間リセット(ランプ点灯までは1~5Gほど)が行われました。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 夜露死苦ぅ!!

 

1回目の初当たりは少々ハマってしまったので次は早めの当選を期待して回していくと、今回は230G(2周期目)で「ツッパリボーナス」に当選。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 ノブオVSマサル 負け

 

さらに「ツッパリボーナス」中にバリバリ目成立から「激闘バトル」のストックを獲得!ストック分の「激闘バトル」は「ノブオ」で発展したのですが今回も敗北。やはり「ノブオ」では厳しいか…。しかしこの数ゲーム後「ハヤト」の「激闘バトル」に発展し…

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 ハヤトVSペロ 疾風怒涛

 

なんにも引いてないのにまさかの勝利!どうやら対応役を引けなかった場合でも普通に勝利できそうですね!

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 鬼浜ボーナス

 

ということで、本日初の「鬼浜ボーナス」に当選!こちらも消化ゲーム数は20G固定となっており、消化中のレア小役や7揃いでこの後突入する「仁義なき争い」の勝利ストック抽選を行っています。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 仁義なく争い

 

「鬼浜ボーナス」を消化し終え「仁義なき争い」へ突入。こちらも「ツッパリゾーン」と同じゲーム性で「鬼浜ボーナス」をかけたガチ抽選が行われるのですが、「仁義なき争い」は必ず1回のバトルのみで終了と、ここに全てのアツさ集約されています。「鬼浜ボーナス」消化後は再度「仁義なき争い」へ突入。「仁義なき争い」で4連勝し、1000枚獲得まで継続する上位AT「特攻ボーナス」を目指すのがATのゲーム性となっています。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 疾風怒涛

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 鬼浜ボーナス

 

1回目の「仁義なき争い」では対応役を引けなかったものの無事勝利し「鬼浜ボーナス」に当選!ハズレorベル成立時の10%に当選したということですね。「激闘バトル」とは異なり液晶上に各小役の期待度が表示されているので、高期待度の小役を引けたときはドキドキです。

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 負け

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 トータル457獲得

 

次の「仁義なき争い」も「ハヤト」で勝利しこれで2連勝。あと2勝すれば「特攻ボーナス」突入となるのですが…残念ながら3戦目で敗北してしまいAT終了。次ゲームでグレー背景の画面が終了し有利区間リセットとなりました。「特攻ボーナス」は合計獲得枚数1000枚まで必ず継続という強力な性能なので突入のハードルは高いのだろうと思っていましたが、「鬼浜ボーナス」初当たり時の約1/3で「特攻ボーナス」に繋がるようです。

 

今日の実戦で必ず1回は突入させたいですね!

 

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 ツッパリゾーン終了

 

その後306G(3周期目)で「ツッパリボーナス」に当選するも単発で終了。有利区間がリセットされたこのタイミングで約1000Gに到達したので、ここまでの実戦データをまとめたいと思います!

 

 

前半戦:約1000G

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 実戦データ

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 ゲーム数、ボーナス関連

 

鬼浜爆走紅蓮隊 激闘謳歌編 スランプグラフ

 

前半戦の初当たりは3回。当選周期は2周期目・3周期目・4周期がそれぞれ1回ずつと大ハマリこそないものの、特別初当たりがエクストラという印象はまだありません。まだまだサンプル不足なので、この後も引き続き当選周期には注目したいと思います。またATは「特攻ボーナス」までの到達もなく中々獲得枚数を伸ばせずにいますが、成立役によるガチ抽選がウリの機種なのでおそらく単純に引き負けているだけなのかなと予想しています。

 

中盤戦以降は「特攻ボーナス」突入を目標に実戦していきたいと思います!

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る