【十字架5 感想レビュー】現実的に「闇ルート」が期待できる!通常時~ATまでかなり完成度の高いゲーム性!

【十字架5 感想レビュー】現実的に「闇ルート」が期待できる!通常時~ATまでかなり完成度の高いゲーム性! eyecatch-image

バックナンバーはこちら

パン君 プロフィール
パン君

パチ&スロ動画配信サイト「JANBARI.TV」で活動する「JB メンバーズ」所属。パチ&スロの二刀流スタイルで日々戦う彼は「ジャンバリの大谷翔平」を自称している。

Twitter
https://twitter.com/janbari_pankun

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です!

 

NETさんの大人気シリーズ「十字架」最新作、「十字架5」が遂にホールデビュー! そんな本機の設定6をショールームで試打してきましたので、この記事では実際に打ってみて感じた事や分かったことなどを交えつつ、最速でレビューしていきます!

 

>>設定6の3000G実戦レポートはこちら

 

 

通常時からAT中まで一切隙の無いゲーム性

 

十字架5 スペック・ゲーム性5

 

まず全体的なスペックやゲーム性について。

 

通常はシリーズ伝統のゲーム性を踏襲した「光ルート」そして本機の独自ルートである「闇ルート」が存在し、いついなかなるときでも初当たりに期待できるゲーム性。また、メインATも2種類あり、「サモンズロード」中は「クロスラッシュ」を、「クロスラッシュ」中は上乗せ特化ゾーンを…といった感じで常に目標を持って楽しめました。

 

これ以外でも本機はどこをとっても本当にバリエーション豊富という印象。チャンスゾーン突入時は2種類ある内どちらに突入するのか、「セクシーマジカルタイム」突入時はどのキャラクターが出てくるのか…と何かが確定したあともすぐにまたドキドキできるポイントが用意されていました。

 

この後の各項目では気になったポイントもいくつかあげますが、全体的なスペック・ゲーム性はかなり素晴らしい出来だと感じたのでここは思い切って☆5評価で!

 

 

ヤレル感満載!しかしチャンスゾーンの仕様だけが唯一残念なポイント。

 

十字架5 AT中4

 

「サモンズロード」&「クロスラッシュ」という2つのATをループさせて出玉獲得を目指していくゲーム性。AT突入後の第1目標である「クロスラッシュ」突入率は平均約1/12、最高では1/4という高い数値になっているので、毎ゲームかなりの期待感を持って消化することができました。

 

AT中も現在の「クロスラッシュ」突入率はどのくらいなのか…「クロスラッシュ」突入時は「スピリット」が何人参戦しているのか…「セクシーマジカルタイム」突入時は誰が出てくるのか…といった感じでドキドキできるポイントを上げればキリがありません。個人的に一番興奮したのは「クロスラッシュ(断罪ノ塔ステージ)」で、今回の実戦では「断罪ノ塔ステージ」の20G間でチャンスゾーンに5回突入→上乗せ特化ゾーンに3回突入(内1回は「ダークサイドノア」)という凄まじい展開を経験。「断罪ノ塔ステージ」移行時にはノリノリな楽曲が流れることもあり、「ヤバい状態にいる!」という感覚が堪らないです。

 

残念なのはAT中に突入したCZ「ブラッドパーティ」が完全ナビ状態ではないこと。正確な純増枚数はわかりませんが、体感としては現状維持~微減程度でした。成立小役による勝利抽選を行っているのでゲームバランス的に仕方がなかったのかもしれませんが、元々の純増枚数が約2.7枚/Gかつナビ確率が低下している区間があるということで爽快感という面では少々残念な感じ。

 

感情を揺さぶるポイントが多く本当に素晴らしいゲーム性なのですが、出玉スピードの物足りなさを考慮して☆4つで!

 

 

十字架5

 

十字架5 クロスラッシュ

 

「サモンズロード」初当たり時の初期ゲーム数は少ない時だと10G~20Gほど。これでは駆け抜けが多発してしまうのでは…と思っていたのですが今回の実戦では必ず一度は「クロスラッシュ」へ突入したので、おそらくAT初当たり時は「クロスラッシュ」突入の最低保証があるのではないかなと思います。せっかく突入したATが数十枚の獲得で終わってしまうのはあまりにも悲しいので、こういった配慮は有難いですね。

 

>>AT「サモンズロード」の詳細はこちら

 

>>クロスラッシュの詳細はこちら

 

 

十字架5 クロスラッシュ

 

十字架5 クロスラッシュ

 

「クロスラッシュ(断罪ノ塔ステージ)」突入時はノリノリな楽曲が流れ台枠が虹色に点灯。おそらく1回分のチャンスゾーン or 特化ゾーン保証があるのかな? ちなみに「サモンズロード」中に「十字架揃い」が成立すると「断罪ノ塔ステージ」突入確定。カットインが発生しただけで心臓バクバクです。

 

 

十字架5 左リール 中BAR

 

ふいに訪れる大量獲得のチャンス「ドラキュラミッション」なんかも存在。残念ながら一度も「ドラキュラバトル」→「オメガバトル」へ繋げることはできませんでしたが、「ドラキュラミッション」に程よく突入したというのも常に「何か起きるかもしれない…」と感じながら楽しめた要因かなと。

 

「ドラキュラミッション」や「ドラキュラバトル」に関する抽選システムは不明なので、非常に気になるトコロであります。

 

>>ドラキュラミッションの詳細はこちら

 

 

十字架5 クラッシュ!

 

十字架5 勝利

 

「ブラッドパーティ」が完全ナビ状態なら文句なしの☆5だったなぁ…。ちなみに「ブラッドパーティ」のゲーム性は通常時&AT中で共通です。毎ゲームの成立役によって攻撃抽選、そして召喚している「スピリット」毎に対応役(成立で大ダメージ)が存在しています。リプレイが対応役である「アスピス」の存在、そして対応役があまり引けなくても普通に勝てる(期待度約40%)ので、無理ゲー感がなかったのは非常に高ポイント。

 

>>ブラッドパーティの詳細はこちら

 

 

「闇ルート」からの当選も現実的!本当にバランスのいい通常時

 

十字架5 通常時5

 

通常時は「光ルート」と「闇ルート」の2パターンで初当たりを目指すゲーム性。それに加えて規定ゲーム数消化によるAT直撃抽選(割合は低め)もあるので、通常時も本当に退屈とは無縁のゲーム性でした。「闇ルート」での当選時は上位上乗せ特化ゾーン「ダークサイドノア」突入確定なのでそう滅多に引けるもではないだろうと思っていたのですが、今回設定6を約3000G打った際に「ダークネスゾーン」へ4回突入しています。残念ながら一度も活かすことはできなかったのですが、「ダークネスゾーン」でのフリーズ発生期待度は約30%と明示されているので、1日打てば複数回フリーズを引くことも現実的なのかなと。

 

正直実戦する前は「闇ルートなんでどうせオマケ程度でしょ…」と思っていたので、良い意味で期待を裏切られました。退屈しないゲーム性、そしてかなり現実的にフリーズ=「ダークサイドノア」当選に期待できるということで☆は5つです!

 

>>ダークネスゾーンの詳細はこちら

 

>>ダークサイドノアの詳細はこちら

 

 

十字架5 マップ

 

リプレイ成立時に獲得する可能性がある「聖石」はどちらのルートにも関わる重要な存在。これが全て貯まると「十字架への願い(十字架揃い高確率)」「ダークネスゾーン」への突入抽選を行っているようです。レア小役を引かないと始まらない台だとどうしても退屈な時間が増えてしまうので、リプレイに役割を持たせているのは嬉しいですね。

 

>>聖石の詳細はこちら

 

 

十字架5 ドラキュラダンジョン

 

十字架5 BARを狙え

 

通常時に揃えば「ドラキュラダンジョン」突入確定、チャンスゾーン中に揃えばAT確定…と、とにかく「十字架」が揃えばなにかしらが確定です。通常時は最高1/13.5まで「十字架揃い」の確率が上昇するので、連続して揃い始めると「今高確率にいるのか…?」とドキドキ。「十字架揃い」の確率は一度上がったら揃うまで落ちないようなので、「城門前ステージ(高確状態以上濃厚)」に移行した際は止めてしまわないように注意!

 

>>ドラキュラダンジョンの詳細はこちら

 

 

十字架5 高確中

 

今回の実戦ではフリーズさせれませんでしたが、約30%で「ダークサイドノア」当選ということで間違いなくトップクラスの叩きどころ。妖しげな演出もかなり良い感じです。

 

 

可能性は感じるが…今後の解析次第では狙い目の機種となるかも?

 

十字架5 攻略面3

 

CZ当選確率が1/220.0(設定1)~1/179.0(設定6)、AT当選確率が1/346.0(設定1)~1/239.0(設定6)であることが判明済。設定6だけ突出していたり奇数偶数で優劣があるわけではなく、段階的に設定差があるタイプなので、設定判別には多少時間を要すると思います。実際に今回の設定6の試打では波乱でしたからね…。各種終了画面の出現パターンや規定ゲーム数消化によるAT直撃などは設定差がありそうなポイントなので、複数の要素から総合的な判別を行うことになりそうです。

 

特定の狙い目に関しては規定ゲーム数に注目。100G、300G、500Gといった感じで振り分けの濃いゾーンがある模様です。ただ、今回の実戦でゲーム数契機らしき当選はほぼ確認できなかったので、積極的に狙えるようなものではないのかなと。

 

唯一現時点でそれなりに期待できそうなのは通常時の初当たりシステムである「聖石」。「十字架への願い」&「ダークネスゾーン」の当選率次第ではありますが、もう少しで貯まりそうな台があれば打ってみるのもアリかと。

 

総合的に攻略面の材料は豊富なものの現時点では判断しかねる、というのが正直な感想。今後の解析によって決定的な判別要素や有効な狙い目が見つかるかもしれませんが、少なくとも今回の設定6実戦では見えてこなかったので、現時点での評価は☆3つで!

 

 

十字架5 700

 

十字架5 サモンズロード

 

今回の実戦で規定ゲームらしき当たり方をしたのは700G(液晶カウンター)からザワザワしはじめATに当選、というパターンの1回のみ。もしかすると700Gが天井なのかも? ただ、設定6でこれだけゲーム数契機での当選を確認できなかったことを考えると、天井以外は狙いにくいかも?

 

 

十字架5 サモンズロード

 

前情報では「ダークネスゾーン」狙いができるのではないかと期待していましたが、今回実戦した感じだと予想していた抽選システム(内部ポイント蓄積タイプ)ではなさそうな気がします。攻略面ではまだまだ不明な要素が多いので、「なな徹」で情報が公開されるのを楽しみに待ちましょう!

 

 

今まで「十字架」を打ってこなかったことを後悔するほどの魅力を感じた

 

十字架5 オススメ度5

 

強力な恩恵を持つ「闇ルート」に現実的な期待を持てる考え込まれた通常時のゲームバランス、ドキドキできるポイントが豊富で息つく暇のないAT中と、本機は通常時~ATまでかなり完成度の高いゲーム性を実現しているというのが率直な感想です。正直なところ僕はこれまで「十字架」シリーズにあまり触れてこなかったのですが、今までなんとももったいない食わず嫌いをしていたのではないかと後悔しています…。

 

AT中のチャンスゾーンなど気になるポイントがないわけではありませんが、その欠点を補って余りあるほど魅力満載な本機はきっと多くのユーザーのハートにぶっ刺さるかと思いますよ!

 

 

今回のレビュー結果

 

十字架5 新台レビュー

 

>>「十字架5」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコンこれを機に「十字架」のことを色々調べてみたんですが、なんとシリーズ毎に登場キャラクターやストーリーが刷新されていると知ってビックリ。すげぇや…!

この記事を共有

いいね!する

18

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る