【リプレイ後のメダル投入】6.5号機第1弾となる「キャッツ・アイ」は昔も色々凄かった件。

【リプレイ後のメダル投入】6.5号機第1弾となる「キャッツ・アイ」は昔も色々凄かった件。 eyecatch-image

バックナンバーはこちら

あしの プロフィール
あしの

「浅草に住むサブカル・ギャンブル系フリーライター。ペンネームの由来は4号機『バクチョウ(メーシー)』の主人公あしの君から。いろんな所でちょいちょい書かせて頂いております。

Twitter
https://twitter.com/Slot_Ashino

チワッスあしのです。

 

パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回は「リプレイ後のメダル投入」について。いつの間にかOKになった感がある仕組みなのですが、これを最初に搭載したのはなんと……。という話。結構知ってる人が多いかも知れませんが、お付き合いください。

 

 

すげーじゃん!キャッツ!

 

初のリプレイ後 メダル投入機能つき機種=キャッツ・アイ- コレクション奪還作戦

 

パチスロが「ユーザビリティ(使いやすさ・遊びやすさ)」に舵を切ったのは4号機中期くらいからだと思います。それまでパチスロというのは知る人ぞ知るアングラのケが強く、一見さんお断りな大人の遊びだったとの事。まあ筆者も4号機からしか打ってないんで3号機の時代のことは今更肌感覚として体感しようもないのですけどもね。

 

さてシステム的な爛熟はさておき「ユーザビリティ」という単語でパッと思いつくのは「マックスベット」です。これも搭載されたのは4号機からですね(三号機の「ミラクル」でした!)。それまではベットボタンを三回押すというのが基本だったのですから、今思うとなかなかにめんどくさい。こっち系の進化は5号機に移り変わっても続いていくわけですが、その中にひとつ、割りと重大なものがあります。それが「リプレイ後のメダル投入」ですな。

 

はい最近のユーザーにとっては当たり前なのですが、その昔のパチスロはリプレイ揃い後にはメダル投入が出来ませんでした。実際やってみるとそのまんまボロボロと下皿からメダルが出てきてたんですね。これ5号機の途中から「リプレイ後もメダル投入OK」の機種が爆増し今ではそっちが当たり前になっておりますが、市場に最初に登場したリプレイ後のメダル投入機能つき機種はオリンピアの『キャッツ・アイ-コレクション奪還作戦』というART機でした。

 

知ってる人にとっては超当たり前の話なのですが、知らなかった人はせっかくなのでこの機会に覚えちゃいましょう。

 

ちなみに筆者この台はほとんど打たなかったのでその機能については気づかず。最初に「おいおいリプレイ後にメダル入るぜ!」とビックリしたのはサミーの『パチスロ攻殻機動隊S.A.C』でした。したがって散々偉そうに「知ってる人には超当たり前」とか言っときながら、筆者はずいぶん長いこと「攻殻」が最初だと思ってました。ごめんよキャッツ……!

 

ちなみに今春リリース予定の「Sキャッツ・アイ」(※と「シリウス」)は、このまま順調に行けば市場に投入される最初の6.5号機となる見込みです。別稿でも書きましたが「有利区間の終了条件」のうち枚数制限の方が「差枚方式」になったものですね。これもかなり重大なタイトルなのですが、「リプレイ後のメダル投入」とあわせこれにて「初モノ搭載として歴史に名を刻んだ機種」がふたつめ。キャッツシリーズは偉大なり!

 

と、実はもう一個あります。これホントに豆知識で恐縮なのですが。

 

 

乳揺れも初搭載。

 

メーカーは違うけど…キャッツ・アイの 「初」は他にもある!?

 

これは完全筆者調べなので間違いがあるかも知れませんが、パチスロの液晶で初めて乳が揺れる描写がなされたのはおそらく2000年の『キャッツアイ』です。当時はサミーからリリース。『ハードボイルド2』より一年前にリリースされたAR搭載機ですね。

 

これキャラがジャンプして着地するときにちょっと乳が揺れるんですが、初の液晶搭載機種がそもそも同年の「ゲゲゲの鬼太郎」であったことを考えるとおそらく最初にそっち系の描写がなされた機種であるはず。ちょっとまだ検証の余地があるんですが、確度90%くらいで合ってると思います。なおその筋で有名な「バクチョウ」の登場が2001年。少なくとも筆者は当時キャッツのほうで「おい!揺れとんじゃん!」と思ったもんです。

 

これが正しい豆知識だとすると「初のリプレイ後のメダル投入」と「初の6.5号機」に続き「初の乳揺れ」で三冠目。メーカーは違えども版権としては同一シリーズなので、これはもう時代のパイオニア的宿業を背負って生まれしシリーズといっても良いんじゃないかなと思います。

 

ちなみに今春リリース予定の「Sキャッツ・アイ」はこちらななプレスでも3000ゲーム試打やレビューを予定しています。また攻略情報サイト「なな徹」にて内部の詳細情報等も判明ししだい公開予定なので、興味があるかたは続報をお待ちくださいまし。

 

>>「Sキャッツ・アイ」の解析情報はこちら

 

 

業界豆知識 画像3メダル投入に関しても乳揺れに関しても、今はあってあたり前になってるのも凄い

この記事を共有

いいね!する

202
  • 1:2022-04-27 12:58:46初のMAXベットは3号機のミラクルですよ
  • 2:2022-04-27 14:07:11ミラクルのマックスベットは、単純に投入ボタンが連打されているだけだったので、急いでレバーオンすると1、2枚がけになってしまうことがありました。ベットボタンの長押しが必要でしたね。 リプレイ後のメダル投入は、パチスロ界では衝撃的だったのかもしれませんが、技術的には当たり前にできることですよね。むしろゲーム中でさえ投入できていいとも思うのですが未だに実現されていません。
  • 3:2022-04-27 14:18:12ミラクルはただの連射機能だから
  • 4:2022-04-27 17:36:42乳揺れはリオパラでは?
  • 5:2022-04-27 17:40:11失礼、4号機以前の乳の話でござったか
  • 6:2022-04-27 19:53:53ござったか面白い!
  • 7:2022-04-28 08:13:48先日、激壇蜜を打ったらリプレイでコインを受け付けず、逆に新鮮だったな。 おまけにビッグ後にクレ落ちして、これも。 明らかに狙ってると思ったよ

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る