×

PストリートファイターVの演出カスタムで55項目を全て「超激アツ」に設定したら通常時はどんな感じになるのか?

PストリートファイターVの演出カスタムで55項目を全て「超激アツ」に設定したら通常時はどんな感じになるのか? eyecatch-image

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

この度新企画「打ってみた」が始動させていただく運びとなりました。イェーイ! パチンコであればカスタムやゲーム性の検証、パチスロであれば「〇ゲームハマリ以上」や「モード〇以上」だけ打てば勝てるのか…などなど、パチンコ・パチスロを問わず気になるところを「打ってみた」結果をお届けしていきます!

 

初回となる今回は、今週導入されたばかりの最新台「PストリートファイターV」に搭載された常識破りの演出カスタマイズ機能「パチ研」です!

 

 

「パチ研」でフルカスタムしてみた!

 

今やどのメーカーの台でも標準搭載となっている演出カスタマイズ機能。昨今では「赤系演出」や「レバブル予告」いった特定演出の信頼度&発生頻度を調整できる台も多く、ある程度ユーザー好みの演出バランスに仕上げることが可能となっていました。しかし…本機の「パチ研」で調整可能な演出項目は前代未聞の55種類。そして各演出は「デフォルト」「激アツ」「超激アツ!?」「予告カット」から設定することが可能となっています。

 

>>「PストリートファイターV」カスタマイズ機能の詳細はこちら

 

 

PストリートファイターVパチ研画像

 

そこで気になったのは、すべての項目を「超激アツ」に設定したら通常時はどうなってしまうのか? というところ。というのも保留変化や先読みなどを出現=激アツに設定可能な機種はいくらでもありますが、「パチ研」でカスタマイズできる演出項目には「ミニキャラ予告」や「リーチエフェクト予告」といった通常時に無くてはならない賑やかし(言い方が悪いですが)の演出も含まれてるんですよね。となるとハズレの変動では限られた極少数の演出しか発生しない台になってしまう気がしますが、本当にそんなことがあるのでしょうか…?

 

ということで今回は、「パチ研」で選択可能な演出項目を全て「超激アツ」に設定するとどのような挙動になるのかを試していきます!

 

 

初当たりまでに期待できた展開はマジで0回

 

PストリートファイターV ノーマル中VSロゴ予告「超激アツ」選択

 

今回実戦したのは導入初日。ピカピカの台に座るやいなや「パチ研」のメニューを開き全ての演出を「超激アツ」に設定していきます。今回はどんな演出があるかも確認する為に一つ一つ設定していきましたが、「予告一括設定」で「超激アツ」を選べば全演出に適用できるようです。また、各項目をカスタムしていく中で演出ごとの追記事項が「予告自体が出現しません」「デフォルト以外出現で超激アツ!?」「デフォルト以外出現しません」といったパターンがあることに気付きました。なるほど、これならさすがにハズレの変動は完全に無予告…といったことはなさそうですね。

 

 

PストリートファイターVラッキーエアー激アツ

 

面白いのが「ラッキーエアー」を「激アツ」に設定可能なこと。他社の機種(平和や西陣など)では必ずしも風=大当たりということはないのですが、藤商事の「ラッキーエアー」といえば超激アツ演出の代名詞ですからね。まぁ今回はフルカスタム時の挙動を知ることが目的なのでこちらも「超激アツ!?」に設定しましたが、他の藤商事ではありえない体験をしたい方は是非「激アツ」を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

PストリートファイターV カスタマイズ「金色期待度大幅アップ」

 

「パチ研」で全て超激アツに設定し終えたのですが、「パチ研」とは別に用意された十字キーで操作できるカスタム項目に「金色期待度大幅アップ」を発見。まぁ色系演出に関してほぼ全て「デフォルト以外出現で超激アツ!?」になっているのであまり影響はないと思いますが、せっかくなのでコチラもONにしておきましょう!

 

ちなみにこの項目では他に「真空波動拳予告期待度アップ」「保留変化期待度アップ」「先読み演出期待度アップ」「ラッキーエアー出現アップ」もあったのですが、こちらをカスタマイズすると「パチ研」で行った設定がリセットされてしまいました。演出内容が被っている項目に関しては後に操作した方が適用されるようですが、今回は「パチ研」で設定可能な項目を全て「超激アツ」+「金色期待度大幅アップ」をONに設定。

 

 

PストリートファイターV パスワード入力画面

 

こちらのパスワードを入力すればすぐにフルカスタムで遊技可能です。

 

それでは正真正銘フルカスタムで実戦開始!

 

 

PストリートファイターV 液晶画面

 

実戦開始から100回転が経過。予想通りではありますがマジで演出がほとんど発生しねェ…! とはいってももちろんリーチはかかるし、擬似連も発生するのですが…ほら、普通擬似連のあとって強い予告や赤系金系への昇格に期待する瞬間じゃないですか。ところが擬似連の後も大半は「変動開始VSロゴ役物予告(デフォルト)」のみ。明らかに今までに打ってきたパチンコとは別物です。

 

 

PストリートファイターV ボタン押下

 

その後も打ち込んでいくと「四天王バトル予告」や「黒い月暗転予告」の発生が目立ちます。この演出自体の発生率が上がっているわけではないのかもしれませんが、フルカスタムしたことによって大当たりを引かない限り出現できなくなってしまった演出だらけという凄まじい状態なので非カスタマイズ状態に比べ発生する演出に大きな偏りが生じていますね。

 

 

PストリートファイターV ガイルカットイン

 

200回転まで回してノーヒット。発生したリーチは「リュウ登場ノーマルリーチ」と「キャラ系ロングリーチ」のみという…。さすがに各スーパーリーチの発生頻度を自由自在にカスタムすることはできない(おそらく変動時間は変えることができない)ので、これはただ単に僕のヒキの問題でしょう。この200回転でフルカスタム時の傾向はだいぶ見えてきたので、そろそろ1回当たって欲しいなぁと思いながら打っていくと…

 

 

PストリートファイターV 液晶画面

 

変動開始時に「分割パネルステップアップ予告」が発生! 普通であればそれほど珍しくもない演出のハズですが、少なくともこの200回転では初めて。そう、実はこの予告演出は…

 

 

PストリートファイターV カスタマイズ「分割パネルステップアップ」

 

発生した段階で超激アツとなる演出なんです!

 

 

PストリートファイターV

 

PストリートファイターV シャドルー煽り予告

 

しかし「分割パネルステップアップ予告」で選択されたのは青パネル。さすがに赤や金が選択されると思っていたので「マジでこんなんで当たるの…?」という焦りが生まれます。しかし「リュウノーマルリーチ」中に「VSロゴギミック」&「シャドルー役物」が作動。あれ、「シャドルー役物煽り予告」は発生するだけでも「超激アツ」に設定されていたような…

 

 

PストリートファイターV マッスルチャンス

 

ここでノーマルリーチはずれから「マッスルチャンス」に発展、最終煽りで「ラッキーエアー」が発生! 201回転で初当たりゲットです!

 

 

PストリートファイターV 超ファイターバトルボーナス

 

この初当たりは無事「超ファイターバトル」に突入し…

 

 

PストリートファイターV 遊技履歴

 

3連チャンで終了。うーんもうひと伸び欲しかったなぁ…。あ、今回はあくまで「パチ研」の調査が目的なので関係ないところはサクサクいきます(笑)。一応ここまでの投資は3000発なのでちょっぴりプラスになりました。

 

 

PストリートファイターV カスタマイズ「シャドルー役物煽り予告」

 

で、ここで衝撃の事実が判明。今回は「シャドルー役物煽り予告」が発生した時点で超激アツなのかと思っていたのですが、後ほど再確認してみたところ「マッスルチャンス」&「ベガバトル」への発展時は適用外なようで…。せっかくフルカスタムしているのに今回の初当たり出現した超激アツ演出は「分割パネルステップアップ予告」と「ラッキーエアー」の2つのみでしたね。

 

 

ついにキタ! 変動開始時に大当たり濃厚!

 

PストリートファイターV 疑似連

 

引き続き調査を続行すると、1回転目でまさかの擬似3へ発展!

 

 

PストリートファイターV

 

発生したのは「ストリートファイターV」というアナウンスが流れる予告。こちらは残念ながら「パチ研」非対応演出です。今回の実戦ではトータル10回近く擬似3まで発展したのですが、基本的にはこの演出と「変動開始VSロゴ役物予告(デフォルト)」くらいしか出現してくれません。

 

 

PストリートファイターV 四天王リーチ ファン

 

これが本日初の「VS四天王リーチ」に発展したもののハズレ。まぁそうなるよね…。結局この後は「VS四天王リーチ」含むスーパーリーチへ何度か発展するようになったので、やっぱり最初の200回転はかなり偏っていたんでしょうね。そこからは50回転ほどの間に「マッスルチャンス」へ3回も発展するも全てハズレ。カスタムの影響で「マッスルチャンス」の発生率も高くなってたりするのか? なんて考えながら打ち続けていくと、遂に待望の瞬間が訪れます…!

 

 

PストリートファイターV 緑保留変化

 

キター! ラッシュ終了後154回転目で本日初の保留変化発生! つまり大当たり濃厚! しかも「変動開始VSロゴ役物予告(金)」も発生…とついに「超激アツ演出」に設定した演出を見ることができました!

 

 

PストリートファイターV カスタマイズ画面

 

ちなみにこの「変動開始VSロゴ役物予告」ですが…実は「※擬似連時を除く」と記載されているんですよね。今回はいきなりの発生だったので間違いなく「超激アツ」ですが、擬似連時に発生した際はその限りではないのでようなのでご注意ください!

 

 

PストリートファイターV シャドルー兵リーチ(赤タイトル)

 

PストリートファイターV 激アツ画面

 

その後も「VSシャドルー兵リーチ(赤タイトル)」→「真空波動拳予告」とカスタムした項目がモリモリ出現し…

 

 

PストリートファイターV パーフェクトKOチャレンジ

 

PストリートファイターV 4図柄揃い

 

トータル信頼度約55%の激アツリーチ「パーフェクトK.O.チャレンジ」で大当たり!

 

しかし残念ながらラッシュには突入せず。それでも今回の初当たりパターンでは保留変化や赤&金系演出に「真空波動拳予告」といった「パチ研」対応演出がモリモリと出現し、これぞフルカスタムという興奮を味わうことができました!

 

 

PストリートファイターV シャドルー兵リーチ

 

持ち玉がまだ2000発あったので、これが無くなるまでと決めて実戦を続行しましたが…

 

 

PストリートファイターV 液晶画面

 

擬似3は何回かあったもののやはり「変動開始VSロゴ役物予告(デフォルト)」以外の予告演出がほとんど発生せず、当然当たりもナシ。175回転を回し持ち玉が尽きたところで終了したいと思います。

 

 

他機種では考えられないエクストリームな演出バランス

 

今回の実戦で見えたオール「超激アツ」カスタムの挙動はコチラ。

 

・発生する予告演出は限られた数種類のみ!

・「ラッキーエアー」以外の「超激アツ」演出非発生でも大当たりの可能性アリ!

 

まず大当たり当選時の挙動に関してですが、基本的には2回目の初当たりパターンのように「超激アツ」に設定した演出が複数発生することが大半かと思われます。しかし救済リーチ的な役割を持つ「マッスルチャンス」はおそらくノーカスタムでも強い予告演出が絡みづらいということもあり、今回のように「本当にこれで当たるの…?」という展開で大当たりするパターンもあるようです。

 

 

PストリートファイターV 遊技画面

 

そして今回最も注目していたハズレ時の変動ですが、これはもう信じられないほど淡白(笑)。現代パチンコでは考えられないほど何も起きません。スーパーリーチへの発展が無くなるワケではありませんが、フルカスタムで出現する予告は「四天王バトル予告」「黒い月暗転予告」「変動開始VSロゴ役物予告(デフォルト)」などほんの数種類のみ。「シャドルー役物煽り予告」や「変動開始VSロゴ役物予告」のように一部の演出には条件がある点に注意しなければいけませんが、基本的には見慣れない演出が発生した時点でほぼ大当たりのようなもの…他機種では考えられない異様な雰囲気を味わえました。

 

ということで第1回目の「打ってみた」は「PストリートファイターV」で「全部超激アツカスタムにしたら通常時はどうなるの?」をお届けしました。今後もパチンコ・パチスロ問わず様々なテーマで打っていきますので、次回以降もお楽しみに! もし試して欲しいことがあれば是非コメントにてお願いします!

 

 

パン君 アイコン本機のカスタム機能は試したいことがまだまだたくさん! いずれまた取り上げるかも?

この記事を共有

いいね!する

8

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る