×

【パチスロ犬夜叉】引けば引くほどボーナスが増える!斬新すぎる「AT+A+1」システムが面白い!

【パチスロ犬夜叉】引けば引くほどボーナスが増える!斬新すぎる「AT+A+1」システムが面白い! eyecatch-image

チワッス、あしのです!

 

フィールズさんの新機種『パチスロ犬夜叉』を導入に先駆け試打させていただく機会をいただけましたので、僭越ながら実際に打ってどうだったかをレビューさせていただきます。

 

今作はフィールズさん一発目の6.5号機。ご存知「有利区間上限が差枚数管理になった」ヤツです。この新しい仕組みを活かすため、大量獲得に繋がる斬新な工夫が施されていました。下でも触れますが、それが「AT+A+1(エーティ・プラス・エープラスワン)」なる新システム。メーカーさん曰く「最高峰の性能を実現」とのことですが、果たしてどんな内容なのか。実際に打ってみて感じたことをポイントごとにレビューしていきたいと思います。どうぞ!

 

 

大量獲得に割り切ったような設計!

 

S犬夜叉試打 レビュー「スペック・ゲーム性」

 

・通常時はどこからでも当たりがある

・ブッた斬り目から前兆を経て当たりとそのまま連続演出で当たりのパターンあり

・リアボは非搭載。ATは純増1.8枚で疑似ボーナス中は5枚。メリハリ!

・有利区間の扱いに一癖ありそう?

 

まずはここ。6.5号機といえばそれまでの6号機と較べて凹んだ分も吐き出す分夢が見られる仕様になってあるべきですが、本作はここに振り切った感じがしました。というのも、今回の試打ではおそらく一回も有利区間が切れてなかったんじゃないかなと思った次第。なんでそう思ったかというと「満月」のゲージがリセットされなかったから。あと単純に筆者のヒキが非常に悪くて一度もAT「ブッた斬りSRUSH」で1000枚に到達しなかったからであります。1000枚=リセットと【仮定】して打ってたのですが、ポイントの持ち越しを見る限りその仮定はまだ生きてます。

 

まだ詳細なデータが出てないので何ともいえないのですが、「有利区間の扱いに一癖ある」ことと「通常時はどこからでも当たりがある」という仕様を併せて考えると、結構夢が広がる仕様なんじゃないかと。

 

 

S犬夜叉試打 ブッた斬り目

 

また今作は「ブッた斬り目」という出目が存在しています。中リール上段白7図柄がそれにあたりますが、これはいわゆる「リール遊び」で出現するパターンとリアルで出てるパターンがあったような。リール遊びのほうは前兆「妖対峙(あやかしたいじ)」を経て当たりに繋がるパターンがメインでしたが、リアルのほうはそのまま対決演出に発展して当たってました。

 

リールがブルンブルンしてるかしか確認しておらず払出枚数を見てなかったんでアレなのですが、まあブルンブルンしてなかったんでリアルの小役だったのではないかと推察。というか強レア的な役が中押しでブッた斬り目に変換されてるのか? 解析を待ちましょう。とりあえずどっからでも当たります。

 

なんせ今までにない形に仕上がっていると感じたので★は5つで!

 

>>ブッた斬りの詳細はこちら

 

 

演出はシンプル! かつカッコイイぞ!

 

S犬夜叉試打 レビュー「演出」

 

・滞在ステージと内部確率は完全リンクじゃない?

・レア小役から「月下ステージ」に直接はいる事もあった

・内部ptは5回マックスになると必ず「月下ステージ」へ移動

・AT中の3.2.1が超カッコイイ!

 

通常時の演出は非常にシンプル。小役から当たるというよりもあくまで「ブッた斬り目」重視の設計になっているため、その出現率を示唆するステージ変化がメインになっています。特殊高確である「月下ステージ」はCZっぽい見せ方になっており、ここからの当たりは「四魂ボーナス」を経由せずそのままAT直行です。チャンスとなるステージは高確ステージの「夕刻」、超高確ステージの「大樹」の2つ。ただこれ内部確率と完全リンクなのかどうかは不明でした。「夕刻」ですぐに「ブッた斬り目」が出ることもありましたし、「大樹」でも全然出ないこともあり。また「夕刻」「大樹」が短いゲーム数でループすることもありました。

 

>>月下・魍魎丸バトルの詳細はこちら

 

 

S犬夜叉試打 月下ステージ

 

また、AT中はとにかく演出が超カッコイイです。特に「ブッた斬り目」のナビが出現する時の「3.2.1」のカウントダウン。これブッた斬り目が止まるとそのまま「いぬやしゃー!」つって当たるのでかなり爽快なり。これは近年稀に見るかっこよさなのでぜひ実機で体験してください。★は4つです。

 

 

AT中のシステムがかなり独特!

 

S犬夜叉試打 レビュー「AT中」

 

・ATは減算式(STじゃない)

・AT中はボーナス高確率

・AT中に引いたボーナスは「引いた回数」だけ+1の数字で出てくる

・疑似ボーナス中のポイントはそのセットの累計なので、上乗せ率も高くなっていく

・主な抽選は同色のナビが2連するかしないかなのでガチ

 

 

S犬夜叉試打 AT画面

 

これ、文字だと伝わりづらいのですが、要するにATそのものよりそこで引いた疑似ボーナスで出玉を積んでいくタイプです。で、AT中に引いた疑似ボーナスは、1回目だと1個だけなのですが、2回目は2個出てきます。3回目は3個、4回目は4個……。みたいな感じ。つまり引けば引くほど加速度的に出玉が伸びると。しかもATはST式じゃなくて減算式なのですが、ここのゲーム数の上乗せも疑似ボーナスをトリガーに行われます。つまり3回とか4回ボーナスを引けばその分上乗せ率が高くなると。これちょっと表にしてみましょうか。

 

 

当選回数 ボーナス総数
1回 1個
2回 3個
3回 6個
4回 10個
5回 15個
6回 21個
8回 29個

 

こんな感じ。1個とか2個だとそうでもないのですが、体感3回を超えた当たりから「結構出たなこれ」と感じるくらいの雰囲気です。4回になると一気に4つまとめて出てくるのでかなりアツいのですが、残念ながら今回の実戦では3つが限界でした。次からアツそうなのに……。ちなみにメーカーさんによると、だいたい6~7個当選くらいで2400枚は超えそうとの事。そこまでいくと何らかの上乗せはほぼ発生する感じでしょうし、次当たったら一気に8つとか出てくるわけで。こりゃあもう差枚数管理の威力が味わえる感じ。これはうまい!

 

>>AT「ブッた斬りスラッシュ」の詳細はこちら

 

 

S犬夜叉試打 ボーナスストック抽選

 

さらにAT終了後は期待度50%の引き戻しステージである「ブッた斬りZONE」に突入する可能性あり。1000枚OVER時は必ず入るようなので、明らかに夢がある仕様です。ちなみに筆者、ヒキがショボすぎて一回も1000枚超えませんでした……。

 

とにかくAT中はこの機種の大きな見せ所。しかも面白いので★5つ!

 

>>ブッた斬りゾーンの詳細はこちら

 

 

ハマり台は狙い目?

 

S犬夜叉試打 レビュー「立ち回り」

 

・有利区間の仕様次第ですが、打った感じハマり台はすごくお得な気がする

・AT中の性能に差は無さそう?

・ある程度ハメてから一気に出すスタイルがデフォ

 

有利区間の仕様が判明してない現状うかつなことはいえませんが、内部ポイントが月の形+印で確認できるのでリセットタイミングはある程度見抜けるハズ。6.5号機のシステムから考えて、ハマってればハマってるほどお得ですし、AT=リセットじゃないっぽいので、履歴が確認できるお店に関してはずっと1000枚を超えずに3000Gくらい消化してる機種は狙う価値ありな気がします。ただ、高設定でもヒキが死んでいるとどマイナスを食らってしまう可能性あり。逆に言うと次で一気に2400枚をブチ抜いて出せれば逆転なわけで。要するにそういう機種なんだなとおもいました。またシステム上、AT中の性能差はそんなに無さそうです。

 

 

S犬夜叉試打 内部ポイント

 

AT間とかボーナス間ではなく、4000Gの間でどれくらい1000枚以下で推移してるかを見る。これはちょっと斬新な立ち回りかなぁと。この辺は詳しい解析待ちですが、参考にされてください。★4つ!

 

 

かなりオススメなり!

 

S犬夜叉試打 レビュー「オススメ度」

 

この機種のゲーム性は6.5号機じゃないと恐らく成立してないと思います。それだけでもだいぶ頑張った感じがします。特にAT中の、突破すればするほど出玉が加速するシステムは枚数の上限があるルール内で考えられる、ひとつの到達点であるように感じます。オリジナル曲も非常に良かったですし、原作を知る・知らぬにかかわらず、スロッターなら一度は触ってみても良いかなと。

 

あとは有利区間関連の謎が判明すると、立ち回り的にも有用なパーツになる可能性を秘めてるのもポイント高い。「ハマればハマるほど人が打つ」というのは「少ない回転数が回されづらい」という現象にも繋がりますけども、稼働が多いホールならばしっかり見たほうがいいと思われます。というわけで立ち回りも文句なしということで、オススメ度も★5で!

 

 

今回のレビュー結果

 

S犬夜叉試打 総合レビュー

 

>>「パチスロ犬夜叉」の解析情報はこちら

 

 

パチスロ犬夜叉 画像126.5号機いいな!今後の機種にも期待が膨らみます

 

 

パチスロ犬夜叉 コピーライト

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る