×

【Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱】シンフォギア最新作はどんな感じなのか?スペックから演出まで徹底レビュー!

【Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱】シンフォギア最新作はどんな感じなのか?スペックから演出まで徹底レビュー! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

今回は注目の新台「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱」を試打してきましたので、スペックや演出はどんな感じかをユーザー目線でレビューしていきたいと思います。

 

本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

>>「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱」の解析情報はこちら

 

 

妥協のない作り込みに感動。「風」のギミックも追加!

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー ギミック・盤面構成

 

本機は前作から使用されているシリーズ専用筐体「絶唱」での登場。しかし「ガングニールデバイス」以外の筐体デザイン、そして液晶上で作動するギミックなどは大幅に刷新されています。正直このあたりはある程度前作そのままでも文句は出ないと思いますが、妥協のない作りこみは本機にかける意気込みを感じますね。

 

また、盤面構成は出玉に関わるアタッカーやゲージ構成が前作から若干変更。とはいえネガティブな要素があるわけではなく、新たに搭載された羽根アタッカーの拾いは良好。そして前作でお馴染みの「愛ポケット」も継承されており、右打ち中は打ちっぱなしでもほぼ玉減りの心配はないので右打ち中の爽快感や快適性は損なわれていません。

 

こちらの項目に関してはほぼ非の打ち所がないかなと思うので、星は5つで!

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 筐体画像

 

シリーズお馴染みの「響ランプ」の存在感がすごいことになっています(笑)。僕は一足先に打たせていただきましたが、やはり筐体デザインやギミックが進化しているとワクワクしますね!

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー ギミック

 

新たに搭載されたギミックの中でも最も注目なのは筐体上部に取り付けられた「アクシアの風」。ギミックの形状そして名称からもわかる通り、ここから風が吹き出せばそれ即ち幸運のお告げ…SANKYOさんの台ではおそらく初となる風を用いた一発告知演出が搭載されました。

 

演出カスタマイズ機能を使えば一発告知演出の出現率をアップさせることも可能。レバブルに続き「アクシアの風」中毒になるユーザー続出の予感です!

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 愛ポケット

 

「愛ポケット」が継承されたのはめちゃくちゃ嬉しいポイント。これにより2のラッシュの快適性は一気に増しましたからね! 右打ち中は安心して演出をガッツリ堪能しましょう!

 

 

ラッシュ突入率が大幅アップ! さらに上位ラッシュもあるなんて…

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー スペック・ゲーム性

 

初当たり確率約1/199.8の一種二種混合機。「最終決戦」からの引き戻しがラッシュ突入のメインルートというゲーム性も歴代シリーズを踏襲していますが、本機には明確に強化されたポイントが複数存在します。

 

まず1点がラッシュ突入率。初当たり時のラッシュ直撃振り分けが約26%へと大幅アップ。となると「最終決戦」の突破期待度が下がっているのか…と思いきや、ここは約50%とまさかのほぼ据え置き。トータルラッシュ突入率は約63%となっており、初代&2を遥かに上回る数値を実現しています。

 

そしてラッシュ中にも進化ポイントが。本機はシリーズ初となる上位ラッシュ「70億の絶唱」なるものまが搭載されました。ラッシュ突入率がグンッとアップしているだけでなく、まさかラッシュ中に上位要素が追加されるとは…。

 

この文章を書きながら「早く打ちてー!」とワクワクしてくるくらい魅力的なスペック&ゲーム性だと思います! もちろん星は5つで!

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー メガデスインフィニティ

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 7図柄揃い

 

通常時7図柄はテンパイはもちろん激アツ。今作では当たればラッシュ突入濃厚になりました!

 

上位ラッシュももちろんですが、個人的にはラッシュ突入率が大幅アップしているのがマジで嬉しいです。こういうパターンってだいたい初当たり時の出玉が減っていたりするものなのですが、本機はなぜか前作よりも微増してるという(笑)。

 

ラッシュ直撃(約26%)振り分けじゃなかったとしても「最終決戦」突破期待度はしっかり50%あるので、初当たり当選時のワクワク感は間違いなくシリーズ最強です!

 

 

多彩な新演出に演出カスタマイズ機能。これ以上望むものは思い当たらない!

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 通常時

 

通常時は歴代シリーズ機の基本的な演出フローを継承しつつも新演出をどっさりと追加。今作ではアニメ四期にあたる「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」の映像がふんだんに仕様されており、「エピソードリーチ」などの内容が大幅に刷新されています。

 

そして、いわゆるセリフ予告やステップ予告と呼ばれる最も目にする機会の多い予告演出群も新パターンを大量に追加。試打段階での印象として初代→2の時よりも目新しさが強く、歴代シリーズを打ち込んだ方も新鮮な気持ちでワクワクして楽しめるのではないかなと感じました。そしてさらに朗報。本機はシリーズ3作目にしてついに演出カスタマイズ機能が搭載されました!

 

個人的には「シンフォギア」シリーズの演出バランスは元々かなり好みな部類。試打を行った限りでは、歴代シリーズの演出バランスを踏襲しているように感じたのでデフォルトでも十分楽しめそうではありますが、演出カスタマイズ機能はあるにこしたことはないですからね。

 

ただでさえ演出面は大幅にパワーアップしているというのにユーザー待望の演出カスタマイズまで搭載とはまさに至れり尽くせり。通常時もシリーズ最高の仕上がりだと思いますので、星は5つで!

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 絶唱演出1

 

「聖詠演出」「絶唱演出」といったシリーズ伝統の激アツ演出も映像を刷新! 本機の象徴ともいえる「絶唱演出」は多めに写真を掲載しておきます。

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 絶唱演出 画面分割

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 絶唱演出3D表現

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 絶唱演出カットイン

 

3D映像を用いた新規映像で展開される「絶唱演出」。写真ではお伝えできませんがSEやボイスも進化しており凄まじい迫力です。「Pフィーバーからくりサーカス」でも感じましたが、こういった激アツ演出やリーチ演出のクオリティにおいては今のSANKYOさんは頭一つ抜けている気がしますね。

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 演出カスタマイズ

 

そして見逃せないのが演出カスタマイズ機能を搭載されたこと。お馴染みのレバブル&先読みカスタムはもちろん、一発告知カスタム設定時は注目の新ギミック「アクシアの風」発生率も大幅アップ!

 

元々の演出バランスが悪くないだけに、カスタムを使うべきかどうか悩んでしまいます(笑)。今回の試打ではデフォルト時とフルカスタム時でそれぞれの初当たり演出パターンを検証しているので、是非そちらもチェックしてみてくださいね。

 

 

高速消化ゾーンは好みの分かれるポイントかも?

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー ラッシュ中

 

上位ラッシュ「70億の絶唱フィーバー」についてですが、簡単には引けない上位ラッシュということでその出玉性能はかなりのモノ。「70億の絶唱フィーバー」突入時点で電サポ250回となるので実質次回大当たりが濃厚となり、それが70%ループします。残りの30%を引いてしまった場合でも「シンフォギアチャンス黄金」へと復帰…とまさにボーナスステージのようなゲーム性。

 

上位ラッシュを含めたトータル継続率は約82%と、破壊力は十分です。

 

上位ラッシュには通常時から右打ち中までいつでも突入する可能性がありますが、右打ち中の直撃(特図2)大当たりの50%で突入というのがメインルート。実際のところ1日打っても引けない日の方が多いかも…くらいだと思います。ただ通常のラッシュも継続率約78%と悪くない性能なので、上位ラッシュはあくまでオマケ程度に考えておいたほうが精神的には宜しいかもしれません(笑)。

 

基本的なラッシュの打感はこれまでのシリーズ同様ですが、最も大きな変化を感じたのはラッシュ前半の3回転が高速消化(「最速でッ!ゾーン」)になっていた点でしょうか。元々「シンフォギア」シリーズは「Vストック」がない時点で残保留の期待度はかなり下がるゲーム性であることを考えると、前半だけ高速消化というゲーム性は個人的にはかなりアリです。

 

ただ、その分メイン区間が少なくなってしまっている点は気になる方もいるかもしれません。アレンジが加わり魅力的なのは間違いないのですが、ここまでの項目に比べると気になるポイントもあったので…ここは☆4つで!

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー ラッシュ中画面

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 4図柄揃い

 

前半3回転が高速消化になりお馴染みの演出を楽しめるメイン区間が3回転だけになってしまったのは少し寂しさを感じますね。

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー ラッシュ終了画面

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー C時短突入

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー Vストック

 

実は上位ラッシュ「70億の絶唱フィーバー」の影に隠れた新要素として本機にはC時短も搭載。残保留でC時短(1/409.6)に当選すると、ノイズ発生→「Vストック」獲得(実質次回大当たりまで電サポ継続)という告知が発生します。

 

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー ユニゾン演出

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 最終抜剣ラストイグニッション

 

今回確認できた新演出の中で特に秀逸だったのが「ユニゾン」。2キャラクターのリーチ演出が順番で展開され、両方に成功すると「Vストック」獲得が確定! 

 

今回体験した「ユニゾン」経由での大当たりでは、「限定解除エクスドライブ」に変わって搭載されたと思われる「最終抜剣ラストイグニッション」に当選しちゃいました。

 

とにかくラッシュ中の演出も通常時と同じくらいパワーアップ。上位ラッシュやC時短といった新要素も含め、間違いなく過去最高のラッシュになっていると思います!

 

 

SANKYOが本気を出すとこうなる

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー オススメ度

 

ついに登場する待望のシリーズ最新作は、伝統のゲーム性をベースに昨今のトレンドでもある上位ラッシュやC時短を追加。そして通常時~ラッシュ中の演出面やギミックも大幅に進化…と、SANKYOの本気を感じる一台でした。

 

嬉しいことにあまりにも進化したポイントや魅力的な部分が多すぎて、どこまで説明しようか…どの画像を使おうか…と、この記事を書くにあたっても非常に苦悩させられました(笑)。間違いなくシリーズ最高と呼べる完成度。「シンフォギア」シリーズのファンでなくともパチンコユーザーならぜひ一度は打ってみることをオススメします。もちろん星は5つ!

 

 

今回のレビュー結果

 

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱新台レビュー 総合レビュー

 

パン君 アイコン新しい「絶唱演出」をすごいので、ぜひホールで見てほしい!

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る