×

【スーパーリオエース】山佐から2Dリオちゃんがカムバック!演出やシステムはどうなってるのかレビュー!

【スーパーリオエース】山佐から2Dリオちゃんがカムバック!演出やシステムはどうなってるのかレビュー! eyecatch-image

チワッスあしのです!

 

山佐さんの新台はなんとあの「リオ」シリーズ! その名も「スーパーリオエース」です。エース! キングパルサーエース思い出す! うおお、まさかあのリオちゃんが俺たちの山佐から出るだと……! システムは! 演出は……! 色々気になることだらけですが、早速どんな感じなのか見てみましょう! こちら各項目は5段階になっています。どうぞ!

 

 

シリーズのお約束を踏襲しつつも新しいゲーム性になっていた。

 

スーパーリオエース 画像1

 

・チップを貯めてCZに入れて擬似ボーナスを目指す

・疑似ボーナス中の抽選を突破してATへ

・二段階抽選は賛否両論あるかも

・ATは今までにない感じ。懐かしの演出完備でファン感涙

 

まずシステム的な部分ですが、基本はポイント(チップ)を貯めてCZ経由でボーナス、そしてボーナス中の抽選でATを目指す、というもの。ボーナス=ATじゃないので当たりが遠く感じるのは難点ですが、チップ自体は結構サクサクたまった印象。CZは3種類ありそれぞれ突破率と恩恵が変化。突破率が低いCZは恩恵が大きめに設定されてるようです。

 

またボーナス終了後はチップ高確率状態である「スーパーリラックスモード」からスタート。1周期目はチャンスとなっているとのこと。なのでボーナスからATに結びつかなかった場合でも、もう1周回すかな、みたいなモチベーションに繋がる仕組みになっています。

 

 

パチスロスーパーリオエース チップ

 

またぐっと来たポイントとしては初代からのお約束である初演出群を随所に取り込んでる部分。例えば初代の「ストックタイム」をリスペクトした感じの「リオタイム」があるのですが、これが2段階になっており上乗せ特化ゾーンである「リオチャンス」のストックゾーンになってます。ストック成功時はちゃんと例のカットインが出るわけですが、なんかめちゃくちゃ懐かしくてたまらん気持ちになりました。

 

おそらくストックを再現したいからこの方式がとられてるので、そういう意味ではシステムと「スーパーリオらしさ」がバッチリ噛み合ってるのかなと。というわけでこの項目に関しては★4つで!

 

 

山佐コラボの演出に爆笑

 

パチスロスーパーリオエース 演出

 

・コスプッシュの「ご褒美ブレイク」は一見の価値あり

・「リオタイム」は懐かしくて最高

・2Dリオちゃんというだけで言う事なし

 

 

パチスロスーパーリオエース ご褒美ブレイク

 

演出について。これはもうこのシリーズのウリの部分でもありますし相当気合が入ってる感じがしました。特に笑ったのが「山佐」の遺伝子がバッチリ注入された「コスプッシュ」の「ご褒美ブレイク」。なんとリオちゃんが山佐キャラのコスプレを披露します。あー、ホントに山佐からリオちゃんが出たんだなぁと感慨深い気持ちになるのと同時に爆笑しました。演出で爆笑してしまったのって久しぶり。特に「天下布武」の忍者ルーレットが再現されてたのはナイスセンスと言わざるを得ない。

 

 

パチスロスーパーリオエース 天下布武

 

基本的にはメダルを貯めてCZを目指す仕組みですが「カジノステージ」ではそれが一変。CZ「vsリオ」の前兆ステージとなるので、初代の「ミント通過」などの懐かし演出も見ることができます。この辺も嬉しかった~。というわけで個々の項目はどう考えても★5!

 

 

AT中は「リオチャンス」が独特の仕組み

 

パチスロスーパーリオエース AT中

 

・ATは初見ではちょっと分かりづらいフロー

・「リオタイム」→「リオチャンス」→「リオラッシュ」と進む

・純増枚数は「タイム・チャンス」が約1.5枚/Gで「ラッシュ」が約2.3枚/G

・バトルは対応役の考え方あり(勝率は変わらない模様)

・ベル連でも勝ち確。

 

ATはちゃんとシステムを把握しとかないと何が起きてるか見失うかも。「リオタイム」で発生するストックは「AT」ストックとかじゃなくてその後にくる上乗せ特化ゾーン「リオチャンス(3ゲーム)」のストックです。ちなみに平均ストック数は6個とのことですが、これをAT自体のセットなどのストックであると勘違いしてニマニマしてるとずっこける危険性があります。ちゃんとパンフ読んでから打ちましょう。

 

 

パチスロスーパーリオエース リオタイム リオチャンス リオラッシュ

 

AT「リオラッシュ」中は結構な頻度で各種恩恵をかけたバトルに突入します。まだ数字が出てないので良くわからないのですが、今回の実戦ではバトル突入率はトータルで1/30を切ってました。バトルは「押忍!番長3」みたいな仕組みになっていて、ベルを引くとチャンス。レア役でさらにチャンスといった感じ。まあAT中なんでベルはたくさん揃いますし、継続ゲーム数である6G全部ベルだと勝利確定です。

 

またバトルキャラは「アリス」以外は同じ勝利期待度ですが、激アツとなる対応レア役が違います。つまりバトルは叩きどころ!

 

AT突入後のフローが若干複雑なことを除けばひっかかる点なしの優等生な出来。★は4つで!

 

 

メダルの種類とご褒美の種類がリンクしてるシステム

 

パチスロスーパーリオエース 通常時・CZ

 

・チップは10個溜まったら即CZへ

・一気に複数枚貯まることも結構あり

・チップ高確率「リラックスモード」と上位高確率「スーパーリラックスモード」搭載

・ボーナス後、ATに入らなくてもかならず「スーパーリラックスモード」へ

・チップの色はブレイクの枚数期待度を表してる?

 

通常時はポイント周期になってます。「チップ」がそれ。10がマックスで、貯まると即CZへ突入する分かりやすいシステムになっています。チップは一気に複数枚貯まる事が結構あり、実戦では一気に8枚くらい貯まったことも。なので見た目ほどマックスは遠くなさそう。

 

ただその分CZの突破率はやや低め。かつ突破時の恩恵が疑似ボーナスであり、ATまで2段階抽選です。またチップの色はどうも「ご褒美ブレイク」の期待枚数を表してる模様。CZの突破率も関係してるんだろうか。この辺はまだ情報が出てないので、判明次第「なな徹」にてご案内します。

 

パチスロスーパーリオエース リラックスタイム

 

また、チップ高確率である「リラックスモード」には上位版があり、その「スーパーリラックスモード」は実戦上ボーナス(AT)終了後にかならず突入しました。モード滞在中にそのまんま10枚溜まるケースも確認できたので、ここは即やめしない方がいいかもしれない。まあ、前例が色々ある仕組みなので、とっつきやすさはありますな! というわけで通常時は平均的な★3で!

 

 

シリーズファンには絶対オススメ!

 

パチスロスーパーリオエース オススメ度

 

良い点としてはとにかく演出。山佐らしい遊び心とリオシリーズの伝統がバッチリ噛み合ってる感じで非常に良かったです。あとATのシステムもフローをしっかり理解すれば結構斬新。上乗せ特化ゾーンのゲーム数自体をストックする特化ゾーンという二重底のシステムは初じゃないかと。あと今回の実戦では残念ながら体験できませんでしたが、上位特化ゾーンも各種完備。「SHOWTIME」および「リナタイム」がそれですな。特に「リナタイム」は結構な爆発トリガーになっておるようで、6.5号機の真価である差枚方式の威力はここで発揮されそうな気配です。

 

逆に気になった点はメインの出玉機構である「リオラッシュ」の重さ。まあ差枚管理なので。ここはその分爆発力が高けりゃ良いや! と捉えることもできるかも。とりあえず、ひたすら演出が良かったのでオススメ度は★4で! 従来のシリーズファンなら★5でいいかもしんない。

 

というわけで、『スーパーリオエース』のレビューはここまで!

 

 

今回のレビュー結果

 

スーパーリオエース 画像11

 

>>「スーパーリオエース」の解析情報はこちら

 

 

スーパーリオエース 画像12演出で爆笑したのほんと久々

この記事を共有

いいね!する

135

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る