×

【フェアリーテイル2】チャンスモード以上の選択率55%となるリセット狙いは通用するのか?

【フェアリーテイル2】チャンスモード以上の選択率55%となるリセット狙いは通用するのか? eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

注目タイトルが続々と登場している6.5号機。約4年ぶりのシリーズ最新作となる「パチスロFAILY TAIL2」も6.5号機で導入されましたね! 前作のゲーム性を色濃く継承していますが、本機ならではの新要素も多数存在。今回はその中でも初当たり抽選に関わる「ハッピーポイント」のモードに注目して実戦を行ってきたので、是非最後までお楽しみください!

 

 

リセット時はモード選択率が優遇

 

通常時は基本的にCZ「フェアリーバトルチャレンジ」からのAT当選を目指すゲーム性。そして新たに搭載された「ハッピーポイント」は100ポイント到達毎に恩恵獲得抽選、規定ポイント数(モードにより異なる)到達で恩恵獲得確定と、初当たり抽選に関わる重要な要素となっています。

 

>>「パチスロ FAIRY TAIL2」の解析情報はこちら

 

 

フェアリーテイル2 ハッピーポイント

 

「ハッピーポイント」の天井ポイント数(到達時はCZ or AT当選濃厚)は、100ポイント(特殊モード)・300ポイント(天国モード)・500ポイント(チャンスモード)・777ポイント(通常モード)の4種類なのですが、なにやら設定変更時&AT終了時(有利区間リセット時も?)は55%以上で「チャンスモード」以上が選択されるとのこと。「チャンスモード」ではなく「天国モード」や「特殊モード」も現実的に選択されるのであればかなり美味しい台の可能性が…!?

 

ただ設定変更時もしくはAT終了時どちらかのほうが優遇されているパターンなどもあるかと思いますので、今回はひとまず設定変更時に絞った実戦を行いたいと思います!

 

 

>>通常時のモード・ハッピーポイントの詳細はこちら

 

 

・朝一状態の台を実戦(普段から全リセ傾向のホールで実戦)

・CZ or ATに当選(契機不問)するまで実戦

・AT終了時は「エクシードステージ」のアイキャッチを確認して「チャンスモード以上濃厚」以上の示唆画面が出現しなければヤメ。CZ終了時は復活発生の可能性を考慮して1G回しヤメ。

 

 

今回の実戦ルールはこのように設定。CZ「フェアリーバトルチャレンジ」終了後はおそらく有利区間を引き継ぐためAT確定となる天井までのゲーム数を意識すべきところですが、最大天井ゲーム数が1536G+αとかなり深い為基本的にはアイキャッチの示唆が弱ければそこで終了にしたいと思います!

 

 

特殊モード以上じゃないけど「リクエストタイム」契機でAT当選!

 

いや~やはり6.5号機の注目度は凄まじいですね。本機は導入台数が控えめということもあり導入4日目にしてようやく台を確保することに成功です。ちなみにこのホールはリセット恩恵がかなり強力な機種もしっかりとリセットがかかるので、本機も間違いなくリセットでしょう。朝イチは設定変更時やAT終了後に突入する「エクシードステージ」からスタート。これ朝イチで「エクシードステージ」以外だった場合は据え置き or 設定変更後に店側が数ゲーム回していることが濃厚になるのかな?

 

 

フェアリーテイル2 エクシードステージ セリフ ハッピー

 

フェアリーテイル2 アイキャッチ ウェンディ

 

設定示唆のセリフはデフォルトである「ハッピー」、そしてモード示唆のアイキャッチは「チャンス以上示唆(弱)」の「ウェンディ」が出現しました。モード示唆もデフォルトだとかなりテンションが下がってしまうところでしたがまずは一安心。それではここからCZ or ATに突入するまで打っていきたいと思います!

 

>>アイキャッチによるモード・設定示唆の詳細はこちら

 

 

フェアリーテイル2 ハッピーポイント 100ポイント

 

60Gほど回したところで「特殊モード」の天井である100ポイントに到達し前兆に突入しました。「特殊モード」だった場合はチャンスゾーンをすっ飛ばしていきなりのAT当選にも期待できるようなのですが残念、連続演出に失敗し前兆終了。ひとまず「特殊モード」ではなかったようです。ちなみにアイキャッチ以外にもう一つモード示唆演出が存在しているのですが、それが規定ポイント到達時の「フェイク擬音前兆」発生率。100ポイント到達後に「フェイク擬音前兆」非発生であれば「チャンスモード」以上濃厚、300ポイント到達後に非発生なら「チャンスモード」期待度アップとなるようです。

 

 

フェアリーテイル2 フェアコスゾーン

 

ならばせめて「天国モード」か「チャンスモード」に滞在していることを期待して打っていくと98Gでおそらくレア小役から「フェアコスゾーン」へ突入。こちらは「依頼書」獲得高確率ゾーンとなっており、「依頼書」が3つ集まると前作でもお馴染みのチャンスゾーンのチャンスゾーン的存在である「リクエストタイム」へと突入。今回はモード意識のリセット狙いですが、初当たり契機としてはどちらかといえば「依頼書」を3枚集めるルートがメインになるので「フェアコスゾーン」突入時はかなり気合の入るポイントです。

 

>>フェアコスゾーンの詳細はこちら

 

 

フェアリーテイル2 クエストジャッジ

 

で、この「フェアコスゾーン」中に「依頼書」を集めることに成功! しかし大事な「クエストジャッジ」の結果は右リール第1停止のベルを引き当ててしまいレベル1のミッション発展→あえなく撃沈です。

 

>>リクエストタイム・クエストジャッジの詳細はこちら

 

 

フェアリーテイル2 アイキャッチ ウェンディ

 

ちなみに「フェアコスゾーン」終了時は筐体右下のボタン押下でモード示唆のアイキャッチを確認することができます。今回は朝イチと同じ「ウェンディ」です。「チャンス以上示唆(弱)」とはいえ2回連続での出現なら上位モード滞在に期待できるのでは…!?

 

 

フェアリーテイル2 依頼書

 

しかし300ポイントでの当選もなく「チャンスモード」or「通常モード」という状況に。さすがにこれで500ポイントまで超えてしまったら目も当てられん…と思っていたのですが、500ポイント手前のところで引いた「強チェリー」から3枚目の「依頼書」を獲得し本日2回目の「クエストジャッジ」へ突入。で、これがレベル2のミッションだったので当然失敗…

 

>>ミッション演出の詳細はこちら

 

 

フェアリーテイル2 ミッション

 

と思いきやまさかの成功! ミッション成功率は設定差があったりするのかなぁ。

 

 

フェアリーテイル2 フェアリーバトルチャレンジ

 

ということで273GでCZ「フェアリーバトルチャレンジ」に当選。今回は「クエストジャッジ」契機だったこと、そして500ポイント手前でチャンスゾーンに当選した為どのモードに滞在していたのかを判断することはできませんでしたね。AT非当選だった場合は即ヤメとなってしまうので是が非でもATに当選させたい!

 

>>CZ「フェアリーバトルチャレンジ」の詳細はこちら

 

 

フェアリーテイル2 フェアリーバトルチャレンジ

 

対戦相手は期待度70%の「ハデス」、そして「ルートアップ」も獲得できたこともあり2ndジャッジでこの状況に。ほぼATは手中に収めたと言っても過言ではないハズ…!

 

 

フェアリーテイル2 フェアリーバトルチャレンジ

 

中リール第1停止のベルを引き当て早々に勝利! これにてAT「フェアリーバトル」確定です! ちなみに前作でもお馴染みの稼働式液晶パネル、実際に打っている分には迫力があってよろしいのですがとにかく写真が撮りづらいです(笑)

 

>>AT「フェアリーバトル」・索敵モードの詳細はこちら

 

>>バトルモードの詳細はこちら

 

 

フェアリーテイル2 フェアリーバトル

 

この台での投資は460枚。消化ゲーム数にも左右されますが4~5連ほどしてくれればプラスになるかな…と期待して消化していくと、1戦目は「ジャッカル」2戦目は「デリオラ」に勝利し3セット目へ到達。

 

 

フェアリーテイル2 フェアリーバトル キョウカ

 

この時点で出玉は300枚OVER。次も勝利することができればプラス域浮上というところで現れたのは強敵の「キョウカ」。そして保証ゲーム数内で倒し切ることはできず残りの体力は1/2ゲージ。ここから鬼のベル連打やレア小役を引ければなんとか…!

 

 

フェアリーテイル2 フェアリーバトル終了画面

 

そんなうまいことはいかず無念の敗北。3セット414枚とプラス域まであとわずかというところで終了してしまいました。一応このタイミングで「ゼレフバトル」突入の可能性もあるのですが「ゼレフチャレンジ」も失敗。これにて正真正銘AT終了です。

 

>>CZ・AT終了画面の詳細はこちら

 

 

フェアリーテイル2 アイキャッチ ナツ

 

AT終了後は朝イチと同じく「エクシードステージ」からスタート。示唆演出は「ハッピー」、アイキャッチはデフォルトの「ナツ」が出現。まさにここがヤメ時といったところでしょうか。ただ、一応先程のAT終了画面は「高設定示唆(強)」の役割を持つ「ハッピーどアップ」なんですよね…。高設定の期待が持てるならまだまだ本機を楽しみたいところではありますが、今回の検証とは無関係なので後ろ髪ひかれる思いで即ヤメしたいと思います。

 

ということで1台目は「特殊モード」&「天国モード」が否定されてしまったものの、「リクエストタイム」契機のチャンスゾーン突入から早めにAT当選。投資460枚に対し回収は426枚でマイナス34枚という結果になりました。少々不安な立ち上がりとなってしまいましたがトータルでの結果は如何に? それでは同じ条件で実戦したトータル3台分の実戦データをまとめてご覧ください!

 

 

大きなハマりはなくチャンスゾーンに突入したが…

 

1台目 0G~
G数 当選 備考
1

エクシード

ステージ

セリフ:「ハッピー」
アイキャッチ:「ウェンディ」
98

フェアコス

ゾーン

107

リクエスト

タイム

Lv1→CZ✕
253

リクエスト

タイム

Lv2→CZ○
273 フェアリーバトル
チャレンジ
vsハデス AT○
277 フェアリーバトル
END 3セット 獲得:414枚
1

エクシード

ステージ

セリフ:「ハッピー」
アイキャッチ:「ナツ」
投資:460枚 回収:426枚 差枚:-34枚

 

2台目 0G~
G数 当選 備考
1 エクシード
ステージ
セリフ:「ハッピー」
アイキャッチ:「ウェンディ」
165 フェアコス
ゾーン
175 リクエスト
タイム
Lv6→CZ○
194 フェアリーバトル
チャレンジ
vsゼロ AT✕
1 ヤメ
投資:322枚 回収:46枚 差枚:-276枚

 

3台目 0G~
G数 当選 備考
1 エクシード
ステージ
セリフ:「ハッピー」
アイキャッチ:「ジュビア」
202 フェアコス
ゾーン
210 リクエスト
タイム
Lv4→CZ○
227 フェアリーバトル
チャレンジ
vsゼロ AT✕
1 ヤメ
投資:368枚 回収:18枚 差枚:-350枚

 

トータル結果
戦績 0勝3敗
差枚 -660枚

 

結局最初の1台で突入したATが最初で最後という結果に。その後実戦した台でも浅いゲーム数でチャンスゾーンに突入させることはできたのですが、残念ながらトータル収支はマイナス660枚という結果になってしまいました。そして「ハッピーポイント」が活躍した場面は一度もなく、チャンスゾーン突入は全て「リクエストタイム」契機。周りの台を見ていても300Gくらいまでに「リクエストタイム」契機でチャンスゾーンに突入しているパターンが大半だったので、仮に「チャンスモード」以上が選択されていた場合でもその恩恵を実感できることは少ないかもしれませんね。

 

それでは最後に、今回の実戦を通して感じたリセット狙いの手応えや注目したいポイントをご紹介したいと思います。

 

 

旨味は少なめ?

 

フェアリーテイル2 リクエストタイム

 

今回の実戦ではチャンスゾーン当選確率が約1/231.3ということで設定2を若干上回る数値に。ただ、全てが「リクエストタイム」契機ということで、設定差変更(有利区間リセット)時に「チャンスモード」以上の選択率55%以上という恩恵は全く関与しませんでした。所詮55%ということなのかもしれませんし、55%を取っていても狙うほどじゃないかもといった感じ。

 

もし「特殊モード」&「天国モード」選択にも期待できるのであれば狙い目となるかもしれない…と考えていましたが、3台とも「特殊モード」&「天国モード」を否定。隣の台を含めても一度も確認できなかったので、「チャンスモード以上」とはいえ大半が「チャンスモード」である可能性が高いのではないでしょうか。とはいえここは設定差がありそうなポイントでもあるので、今後の解析情報に期待したいところですね。

 

少なくとも現時点では朝イチに狙うべき台の優先順位としてはそう高くないでしょう。

 

 

それでも設定変更後や有利区間リセット後を上手く立ち回りに組み込むなら…

 

フェアリーテイル2 エクシードステージ

 

可能性があるのは「エクシードステージ」を1Gだけ回してアイキャッチを確認。上位モードに期待できるアイキャッチが出現した場合のみ続行しそれ以外なら即ヤメという戦法です。無論ホールのハウスルールで禁じられている場合は行うことができませんが、そうでない場合はリスクを抑えて美味しい台だけを打てる可能性があります。

 

周りの台では「チャンスモード以上濃厚」の「ジュリア」も確認できたので、「チャンスモード」以上であればデフォルト以外のアイキャッチ出現率はかなり高いのかなと。ただ、現時点ではそもそも「チャンスモード」を1Gから回して期待値がプラスになるのか…というところは不明。残念なことに「天国モード」以上を示唆するアイキャッチは存在しないので、安牌を取るなら「特殊モード濃厚」の「メイビス」しか打てないかなと。

 

 

モード選択率の解析に期待

 

ということで「フェアリーテイル2」はリセット狙いが通用するのかを検証しました。サンプル少なすぎるのは間違いないのですが、自分以外の台の挙動を見る限りそんなに的外れじゃないと思います。現時点では積極的に狙う必要はない…というのが率直な感想。リセット狙いよりある程度「ハッピーポイント」が溜まっている状態での天井狙い、そしてAT当選濃厚となる有利区間天井狙いの方が立ち回りに組込みやすい機種、というのが現時点での印象です。

 

ただ現実的に「特殊モード」や「天国モード」に期待できるのであれば十分狙い目となる可能性アリ。その場合は1G目のアイキャッチのみ確認して続行or即ヤメの判断をする立ち回りもかなり有効となるでしょう。本機の詳しい解析情報は「なな徹」で随時更新予定なので、是非こちらもチェックして立ち回りに活かしてくださいね・

 

 

パン君 アイコンそうせざるを得ないんだとは思いますが、やはり押し順ベルの比率は均等にして欲しかった…

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る