×

【パチスロ バイオハザード RE:2】バイオハザード最新台を試打レビュー!今回はボーナス自体が増殖する!?

【パチスロ バイオハザード RE:2】バイオハザード最新台を試打レビュー!今回はボーナス自体が増殖する!? eyecatch-image

チワッスあしのです!

 

本記事はみなさんお待ちかね、カプコングループ×ユニバーサルさんのコラボ機種第4弾『パチスロ バイオハザード RE:2』のレビュー記事です。筆者も大好きなシリーズですが、一足先に設定6を試打させて頂きましたので僭越ながらどんな感じだったかのポイントを項目に分けてご紹介いたします! こちら原作は世界で1000万本売れてる超絶ヒット作品ということでパチスロ版もだいぶ気合が入ってるとの事。果たしてユニバさんがどんな味付けで料理しているか……!

 

それでは見ていきましょう。どうぞ!

 

 

前作から一気に変化したゲーム性!ボーナスが増殖する?

 

パチスロバイオハザード RE:2 スペック・ゲーム性

 

・ATオンリーだった前作から擬似ボーナス主体のゲーム性に変化

・なんと擬似ボーナスまで増殖する斬新性

・爆裂の鍵をにぎるのは「タイラント」

・武器のゲット=高確率状態

 

基本的なゲーム性は前作「パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル」から大きく変化。擬似ボーナスを経由してATに突入する形になりました。ATも低純増区間に擬似ボーナスを当てて高純増区間に移行するという2段階方式になっています。

 

んで、その高純増区間(擬似ボーナス)自体が増殖するのが一番のびっくりポイントでした。なのでゲーム性としては「どれだけボーナスを射抜けるか」という感じなのですが、その辺はイメージは山佐さんの「パチスロ バイオハザード」にちょっと近いかも。というか初当たりボーナス時の演出用デジタルリールでの図柄揃いなど歴代バイオハザードシリーズのいろんな要素が詰まっておりまして、この辺はマジでシリーズファンにはたまらんと思われます。

 

 

パチスロバイオハザード RE:2 TYRANT BATTLE

 

初当たりボーナスのために超えるべきCZは2種類。そのうち上位となるのが上の写真の「TYRANT BATTLE」です。原作通り足音が聞こえたら接近の合図なのですが、どうもこれガチの抽選ゾーンになっているらしく実戦でも足音が聞こえてきてる時にレア役を引いてそのままタイラントと遭遇! という状況を確認。

 

突破後の恩恵が爆裂の鍵を握る上位AT「プレミアムハザードラッシュ」なので、この足音はマジで重要。ちょっと音上げてプレイしたいところです。

 

 

パチスロバイオハザード RE:2 スパークショット

 

通常時はしばしば上記の如く銃器をゲットします。ゲットしてしばらくはゾンビの撃破率がアップしますが、どうもゾンビ自体の出現率もアップしてるっぽい気がしました。ゾンビを撃破すればするほどCZが近づく仕様なので、要するに銃器のゲットはそれだけでだいぶチャンス。またこれらを保持したままCZに入るとCZの撃破率も高まるというダブルで嬉しい仕様になっているので、とりあえず武器をゲットしたら「早くゾンビ来い!」と祈りましょう。

 

原作通り、強武器の弾丸がたっぷりある時のイケイケ感と接近するタイラントのドキドキを上手いことシステムに落とし込んでるなぁという印象。面白い! ★5つでお願いします!

 

 

AT中は「パンデミックチャンス」が鍵!

 

パチスロバイオハザード RE:2 AT中

 

・ラッシュ初当たりはボーナスを経由

・低純増と高純増(擬似ボーナス)を行き来する

・擬似ボーナスは必ず「パンデミックチャンス」という格上げゾーンからスタート

・下位の「パンデミックボーナス」でもある程度やれる!

 

 

パチスロバイオハザード RE:2 デジタルリール 7揃い

 

ラッシュ初当たりはボーナスを経由しますが、ここでは懐かしの演出用デジタルリールでの7揃いを体験できます。実戦上4リール揃いの恩恵は「パンデミックボーナス」でした。んでこれ、ちょっと仕様が複雑になってるので順を追って説明。通常時と違い、AT中のボーナスの種類は「パンデミックチャンス」なる格上げゾーンにて決まります。

 

 

パチスロバイオハザード RE:2 ハザードボーナス

 

はいこれっすな。「ハザードボーナス」って書いてあるところの周りにふわふわした泡みたいなものが浮かんでて「7」とか「+G」みたいなアイコンがありますが、これがウイルスです。これが1Gごとに反時計回りに進んでいくのですが、そこで何の役を引くかによって挙動が変化。とりあえず15枚役を引いちゃうとそこでボーナスがスタートします。何もアイコンがないブランクだと「ハザードボーナス」という上乗せ期待度が低いボーナスが始まってしまうので、何としてもウイルスマスで15枚役引きたい。

 

ちなみに「リプレイ」を引くとゲーム続行の上、そこがウイルスマスならしっかり感染してくれます。その場合、感染状態でゲームが続行するため、2つ以上のウイルスに感染する可能性がでてくると。ちなみにレア役はリプレイと同じ挙動にプラスして「ゲーム数の上乗せ」も発生します。

 

 

ブランクマス
リプレイ チャンス継続
15枚役 ボーナス開始
ウィルスマス
リプレイ 感染+継続
15枚役 感染+ボーナス開始

 

パチスロバイオハザード RE:2 パンデミックボーナス

 

うまいことウイルスマスで15枚役を取るとこんな感じで「パンデミックボーナス」に格上げ。ただこの「パンデミックボーナス」もどのウイルスに感染したかで性能が違います。

 

 

種類 性能
+G ボーナス中の15枚役成立時にG数上乗せチャンス
D 増殖発生率アップ
7 1G連ストック確率大幅アップ

 

「リプレイ」が上手く絡むと「+G+D」「+G+7」みたいに性能が重複。すごいのがDと7が重複した場合で、これは1G連(つまりボーナス中の7揃い)が増殖するというかなり斬新な状態になります。残念ながら今回の試打ではリプの引きが悪すぎて複数感染状態にならなかったのですが、実機ではマジで体験してみたい。

 

とにかくこのATの仕様はすごく斬新! 是非みなさまにも体験した頂きたいです。★5!

 

 

ゾンビを撃破しまくるのが大切!飽きが来ない通常時

 

パチスロバイオハザード RE:2 通常時

 

・通常時はゾンビを撃破しまくればCZ。足音は激アツ!

・武器があるとゾンビ撃破率アップ(出現率も?)

・なくてもそれなりに撃破するので大丈夫

・直撃もあった!(設定による?)

 

パチスロバイオハザード RE:2 G BATTLE

 

通常時のCZは「G BATTLE」と「TYRANT BATTLE」の2種類。「G BATTLE」がメインなのですが、これは通常時にゾンビを撃破すればするほど突入の期待度が上がる仕組み。武器があるとゾンビの出現率&撃破率がアップします。往々にしてレア役から撃破、というのが見られましたが、どうもリプレイも抽選対象になっているらしく、特にレア役を引かずとも連続して撃破するパターンが見られました。なので「G BATTLE」の方は結構出現率が高め。今回の設定6実戦では1/117ほどでした。

 

 

パチスロバイオハザード RE:2 G BATTLE

 

「G BATTLE」は10Gのバトル形式。それに加えて3Gのジャッジパートがセットになっていました。色をステップアップさせてジャッジの成功率を上げる系のやつですが、ちゃんとガチ抽選になっています。武器を持ってた場合はそれぞれの武器に対応する役がチャンス役になっていて、ショットガンならベルでランクアップ確定みたいな感じ。スパークショットの場合はレア役で勝利確定となる模様です。

 

あと、対戦相手も複数の種類あり。今回の実戦ではすべて「G3」でしたが、G2やG1だとチャンスアップとの事。でもG3でも全然勝てました。

 

 

パチスロバイオハザード RE:2 TYRANT BATTLE

 

対して、上位CZ「TYRANT BATTLE」は撃破期待度50%のレバオン一発抽選。クリアするとボーナス当選まで継続、かつ80%以上でループする上位AT「プレミアムハザードラッシュ」に突入とかなり恩恵がデカいので、ここのレバーはマジで気合が入ります!(ちなみに外した)

 

以上、通常時も遊び心に満ちており叩きどころもしっかり用意。ダレずに遊べる工夫がなされているのがわかりました。★4つでお願いします!

 

 

お、ゲーム通りのマップ使ってる? 原作愛に満ちた演出

 

パチスロバイオハザード RE:2 演出

 

・たぶんゲーム通りのマップ使ってる

・ゾンビの顔が非常に怖い

・タイラントの足音もなんか怖い

・ゾンビ撃破失敗→反撃食らう→サブウェポンで助かる、を再現してる

 

「これ間違いなくそうだ!」とはいえないのですが、おそらく通常時の演出群は原作通りのマップを使ってるんじゃないかと思われます。なんか見覚えるのある画角がめっちゃ出てきました。前作「パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル」のときも思いましたけど、これ地味にすごい。

 

あと多分この機種は世界一ゾンビの顔が怖いパチスロです。わりと真剣に怖がらせにくるのでそっち方面も期待してOK。パチスロだからといって怖さがマイルドになったりしてないです。

 

 

パチスロバイオハザード RE:2 ゾンビ 演出

 

こういうのとか。グッと来ます。あとゾンビ撃破に関してはこちらからの攻撃が失敗したあと逆にゾンビに襲われ、その時にサブウェポンが発動して逆転、という原作のシステムをそのまんま演出に採用してるのもすげぇと思いました。この辺も原作愛というか、よっぽどちゃんと嗜んでないとスルーしちゃうところ。原作がREになって変わったポイントのひとつとしてサブウェポンの存在があるわけで、REのREたるゆえんがちゃんと再現されてるのは拍手でございます。

 

あと、原作でいっちゃん怖いのは「タイラント」がずっと追いかけてくるという部分。これも例の「足音」で再現。むしろ嬉しいゾーンになってますが、足音自体はしっかり怖いです(笑) というわけでここは最強! ★5で!

 

 

怖すぎるのが玉に瑕? でも是非遊んでほしい!

 

パチスロバイオハザード RE:2 オススメ度

 

パチスロバイオハザード RE:2 研究所

 

映像が割りと本気で怖いのでそこが苦手な人もいるかも知れませんが、個人的には大好物な機種です。システム的にも当たりが結構軽く、しかも「パンデミックチャンス」中のリプレイの引き次第ではどういう状況からでも大爆発しそうな感じのバランスも非常にヨシ。「プレミアムハザードラッシュ」の突入チャンスが可視化(可聴化?)されてるのも非常に良かった。試打中も足音聞こえたら身構えてましたものね。

 

システム、演出どこをとっても死角なし。非常に面白い機種だなと思いました。ちょっと前作「パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル」からシステムが変わりすぎてるのでそっちを期待してる人はあれかもしれませんが、まあそっちはそっちでまだホールで打てますし、新しいバイオを素直に楽しみましょう!

 

というわけでオススメ度は★5!

 

以上! 期待の新台「パチスロ バイオハザード RE:2」のレビュー記事でした! 早くホールで打ちてぇ!

 

 

今回のレビュー結果

 

パチスロバイオハザード RE:2 レビュー

 

>>「パチスロ バイオハザード RE:2」の解析情報はこちら

 

 

パチスロ バイオハザード RE:2 画像17ゲーム版のほうもまたやりたくなった

この記事を共有

いいね!する

60

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る