×

【PフィーバークィーンRUSH】「狂乱のドラム機」って?「クィーン」シリーズ最新作を試打レビュー!

【PフィーバークィーンRUSH】「狂乱のドラム機」って?「クィーン」シリーズ最新作を試打レビュー! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

今回は注目の新台「PフィーバークィーンRUSH」を試打してきましたので、スペックや演出はどんな感じかをユーザー目線でレビューしていきたいと思います。

 

本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

>>「PフィーバークィーンRUSH」の解析情報はこちら

 

 

一発告知の役割を果たす控えめなギミック。ドラム機はこれでヨシ。

 

【PフィーバークィーンRUSH】ギミック・盤面構成

 

液晶搭載機に比べればギミックに注力されてはいませんが、「クィーン」シリーズはドラムアクションがなによりのウリですので特に気にするところではないでしょう。「ドラムを覆うシリーズ最大のギミック搭載!」なんて言われても困りますしね。ただ、本機には盤面右下部分にシンプルなボックス型のギミックが搭載されており、一発告知として作動することがあります。ドラムアクションが主役のゲーム性ではありますが、たまに発生する一発告知がちょうどいいアクセントになっていました。

 

盤面構成についても優秀なステージ性能、そして電チューの下にポケットがあるためラッシュ無駄玉が出づらいユーザーに配慮されたというジェイビー(SANKYO)さんお馴染みの設計。打ちっぱなしでもほとんどアウトに溢れることはないので、新たなゲーム性に生まれ変わったラッシュも快適に消化することができるでしょう!

 

全体的に見て悪いところはほぼ見当たらなかったのですが、加点要素に乏しい…ということで☆は4つ。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】筐体

 

【PフィーバークィーンRUSH】Queenロゴ

 

無駄のない洗練された筐体デザイン…美しい。個人的には盤面上部にある「QUEEN」ロゴがめちゃくちゃお気に入り。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】可動ギミック

 

こちらが本機唯一の可動ギミック。普段はこのような状態ですが…

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】可動ギミック2

 

パカッと開き「FEVER」が現れれば大当たり! 「クィーン」のギミックはこれくらいシンプルなアクションで十分ですよね。ちなみにこちらのギミック作動時は通常時なら「チャレンジタイム」、「チャレンジタイム」中なら「クィーンラッシュ」突入という嬉しい法則も存在!

 

 

前作までのような安心感はないが…

 

【PフィーバークィーンRUSH】スペック・ゲーム性

 

本機は初当たり確率約1/199.8の一種二種混合機。近年の「クィーン」シリーズは初当たり確率1/100前後の甘デジ帯+ショートST機というイメージが強かったのですが、今作はライトミドルです。そして2段階ラッシュタイプという新要素も追加、とかなり挑戦的なスペックとなっています。

 

本機のST回転数は5回転 or 10回転となっているので、1回転の緊張感が堪らない…ということで個人的にはかなり高評価ですね。現状2段階ラッシュを楽しめる機種はほとんどがミドルタイプなので、もう少し遊びやすいスペックで楽しみたいなと思っていた方に全力でオススメしたいところ。

 

とはいえ、「クィーン」シリーズに慣れ親しんでいる方にとっては「スペックは大きく変えないで欲しかった…」という意見も多いと思いますので☆は4つ。しかし本機は甘デジver.のリリースも予定しているそうなので、そちらの登場も楽しみにお待ち下さい。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】赤7揃い

 

上位ラッシュである「クィーンラッシュ」はオール10R×約82%継続! 近年の「クィーン」シリーズのイメージを覆す強力な出玉性能となっています。

 

ちなみ本機は「遊タイム」搭載機である点も注目ポイントでして、599回転消化で「エクストラチャレンジタイム(時短は254回転+残保留1個)」に突入するので実質大当たり確定。今まで「クィーン」シリーズに興味がなかったという方もこれを機に一度「クィーン」シリーズのドラム演出の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

 

 

初当たりの大半はノーマルリーチからという唯一無二の演出バランス

 

【PフィーバークィーンRUSH】通常時

 

通常時の演出はとにかく前兆演出の出現が大当たりの鍵。また、リーチラインはシングルよりもダブルの方が熱い!といった感じで「クィーン」シリーズの伝統を踏襲。スペック面では大きな変化があった本機ですが、演出面では「クィーン」シリーズファンの方が安心して楽しめるゲーム性を継承しています。

 

リーチ演出は「ノーマルリーチ」「プリンセスリーチ」「クィーンチャンス」の3種類のみで、大当たり時の大半は一見熱くもなんともない「ノーマルリーチ」から。「揃うの…?揃わないの…?」という煽り時間さえほぼなくスッと図柄が揃います。この快感を味わうと他の機種では満足できない体になってしまいそうです(笑)。

 

「クィーン」シリーズを打ったことのない方からすると淡白に感じてしまうかもしれませんが、リーチ総数は少なくとも先読み演出や連続予告などとの絡みで十分すぎるほどのバリエーションを楽しめるこのゲーム性こそが「クィーン」シリーズの醍醐味といえるでしょう。今後も時代の変化に流されること無くドラム機の代表格としてこのゲーム性を貫いて欲しいですね!☆は5つ。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】ドラム赤点灯

 

予告演出はとにかく色変化が重要で、前兆演出だろうがステップアップ演出だろうが赤になれば大チャンス! 初見さんでも直感的にアツさを感じ取れるわかりやすい演出構成になっているのも「フィーバー」シリーズの魅力です。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】ドラム

 

ドラムのサイズも前作と同じ。液晶サイズでも演出ボリュームでも「前作より◯%アップ!」みたいなのがセールスポイントになるものですが、シリーズファンの方からすれば変わらないことがなにより嬉しかったりするんですよね。

 

 

5 or 10回転の短期決戦。台の挙動から目が離せない!

 

【PフィーバークィーンRUSH】ラッシュ中

 

まず初当たり時は70%で下位ラッシュである「チャレンジタイム(電サポ5回+残保留1個)」に突入。この6回転の間に1/6.922の大当たりを引き、その際の約33%で上位ラッシュである「クィーンラッシュ(電サポ10回+残保留1個)」、残る約67%は「チャレンジタイム継続」といった流れになります。

 

演出に関しては「チャレンジタイム」は通常時同様豊富な予告演出が用意されているのですが、通常時と比較すると各予告演出の出現率大幅ダウン&信頼度大幅アップという印象。一方「クィーンラッシュ」では変動スピードが大幅アップすることに加え「BGMが消える」「リールが逆回転する」といったモード専用の違和感演出が発生することなどもあり、出玉性能だけではなく全く異なるゲーム性を楽しむことができました。

 

ラッシュ中はラウンド振り分けがなく大当たりすれば1000初獲得(10R)というシンプルなゲーム性も良き。ここはどうか☆5つ付けさせてください!

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】クィーンルーレット

 

「チャレンジタイム」や「クィーンラッシュ」は大当たり消化後のルーレット演出で告知。ランプの動きで運命が決まる…このシンプルなドキドキ感が堪りません。写真のように小さなハート型のランプが点灯していれば「クィーンラッシュ」突入の期待大!

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】ガセ

 

通常時と比べ演出発生頻度がマジで少ないので、なにかしらのアクションが発生すれば文字通りチャンス。また、仮にガセ(テンパイせずも含む)だったとしても必要以上の煽りがないのでストレスを感じません。液晶機では演出カスタマイズ機能を活用すればいくらでも自分好みの演出バランスに設定できるということもありデフォルト状態で淡白すぎると物足りさなを感じますが、シンプルなゲーム性がウリのドラム機にはこのくらいが非常にマッチしたゲーム性な気がしますね!

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】RUSH中赤7テンパイ

 

上位ラッシュ「クィーンラッシュ」の変動スピードは「Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン」や「Pフィーバーからくりサーカス」のソレをイメージしていただいてOK。それらの機種や本機の「チャレンジタイム」中との大きな違いとしては、毎回転必ず図柄テンパイが発生するという点が挙げられます。

 

これだけ聞くとあまり爽快感がないのでは?と懸念されるかと思いますが心配無用。通常時と同じく「図柄が揃うか…揃わないか…」というような煽りは全く発生しないので、ハズレ時でも大当たり時でも変動時間は5秒未満(違和感演出としての長変動は存在)というスピード感を実現しています。そこに違和感演出が加わることにより本機独自の魅力が生まれているのですが、「あれ?今なんか演出あったけ?」みたいな感じでズバッと図柄が揃うこともあったので一瞬たりともドラムから目が離せませんよ。シンプルにめっちゃ楽しいッス!

 

 

シリーズファンの反応は気になるが、本機単体で見れば間違いなく良台。

 

【PフィーバークィーンRUSH】オススメ度

 

「クィーン」シリーズ最新作は「狂乱のドラム機」というキャッチコピーの通りこれまでのイメージとは大きく異なるスペックでの登場。歴代シリーズファンの方からすると少々残念に感じてしまうかもしれない点があるのは否めませんが、ライトミドルスで2段階ラッシュが楽しめる機種が誕生したのは喜ばしいことかなと。

 

演出面ではしっかりと「クィーン」シリーズの魅力が継承されていますので、スペックが変わってしまったからと毛嫌いせずに是非一度は打ってみて欲しいと思います。

 

「大当たりのメインはノーマルリーチ」「当落ジャッジの煽りが無い」など、実際に体験すると他の機種では満足できない体になってしまうような中毒性を持っています。「クィーン」シリーズに限らずドラム機自体を打ったことの無い方も、まずは1円パチンコからでも良いので是非本機で一度「クィーン」に触れてみて欲しい…とオススメしたくなる魅力的な一台でした!

 

 

今回のレビュー結果

 

【PフィーバークィーンRUSH】チャート

 

 

パン君 アイコンドラム機を食わず嫌いしていた人にも打って欲しい

この記事を共有

いいね!する

55
  • 1:2022-10-05 15:17:24やっぱりパチンコはノーマルリーチでも期待させてほしい。 こういう台が継承してくれるのは嬉しいけど、クイーンにラッシュとか速さは求めてないんだよなぁ。 時代の流れか。 相変わらず分かり易くて読みやすい記事だった。
  • 2:2022-10-06 12:07:17一回当てて交換できるようなパチンコ出てくれないもんですかね?

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る