×

【PフィーバークィーンRUSH】上位ラッシュまでの流れは?スペックやゲーム性を徹底解説!

【PフィーバークィーンRUSH】上位ラッシュまでの流れは?スペックやゲーム性を徹底解説! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

ドラム機の代表格「クィーン」シリーズの最新作となる「PフィーバークィーンRUSH」が登場! ここ数年では甘デジのイメージが強いシリーズですが、本機では初当たり確率がライトミドル帯にそして出玉性能の異なる2段階ラッシュ搭載機であるなど、昨今の「クィーン」シリーズとは一味違うスペックで話題の一台となっています。

 

今回はそんな本機のスペック・ゲーム性をまるっとご紹介しますので、是非これを読んで初打ちに備えてくださいね。

 

>>「PフィーバークィーンRUSH」の解析情報はこちら

 

 

導入日

 

2022年11月7日

 

 

スペック・大当たり内訳

 

スペック

 

基本仕様
タイプ ライトミドル
仕様 一種二種混合機
大当たり確率(通常時) 1/199.805
大当たり確率(右打ち中実質) 1/6.922(※1)
チャレンジタイム突入率 70%
チャレンジタイム突破率 約61%(※2)
クィーンRUSH突入率 約33%(※3)
クィーンRUSH継続率 約82%(※4)
賞球 1&3&4&10
カウント 10カウント
ラウンド 10R

大当たり出玉

※払い出し個数

10R:約1000個
時短回数 5回転/10回転/254回転
潜伏確変 非搭載
遊タイム

低確率599回転消化で

時短254回転

※1…V入賞時に限る

※2…時短5回転での継続率約54%と残保留1回転での継続率約14%の合算値

※3…特図2に限る

※4…時短5回転での継続率約79%と残保留1回転での継続率約14%の合算値

 

 

大当たり内訳

 

通常時

 

PフィーバークィーンRUSH 画像1

 

ラウンド 振り分け
10R大当たり(時短5回転) 70%
10R大当たり(時短無し) 30%

 

 

(エクストラ)チャレンジタイム中

 

PフィーバークィーンRUSH 画像2

 

ラウンド 振り分け
10R大当たり(時短10回転) 約33.4%
10R大当たり(時短5回転) 約66.6%

※…特図2消化時に限る

 

 

クィーンRUSH中

 

PフィーバークィーンRUSH 画像3

 

ラウンド 振り分け
10R大当たり(時短10回転) 100%

※…特図2消化時に限る。残保留1回転のみ「チャレンジタイム」中の内訳となる

 

 

通常時の抽選

 

通常時の初当たり確率は約1/199.8。前作「PフィーバークィーンⅡ」では甘デジスペックのみ、前々作「CRフィーバークィーン2018」では甘デジ&ライトミドルの2スペックが同時期に登場しましたが、今回はライトミドルタイプのみでの登場(甘デジは今後登場予定)となります。

 

そして本機はラッシュのゲーム性や突入率・継続率もシリーズ機と比べて大きく変化。初当たり時は70%で1oR+「チャレンジタイム」突入、残る30%は10R+ラッシュ非突入という振り分けタイプに変化。また、シリーズとしては初の「遊タイム」搭載機であり、近年の「クィーン」シリーズの常識にとらわれない挑戦的なスペックになっています。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】ダブルリーチ

 

ラッシュに関しては少し特殊な流れになりますが、通常時に関してはいたってシンプル。約1/199.8の大当たりを引くだけでOK。なお、演出面は歴代シリーズの伝統を継承。大当たり時の約8割は「ノーマルリーチ」から、という他機種では考えられない演出バランスで常に大当たりの期待を持ちながら楽しむことができます。

 

 

大当たり間599回転で遊タイム突入

 

【PフィーバークィーンRUSH】セグ

 

大当たり間で599回転を消化すると「エクストラチャレンジタイム(電サポ254回転+残保留1個)」に突入。発動の300回転前・200回転前・100回転前・50回転前に音声と7セグで残り回転数を告知、残り10回転からはカウントダウンが発生します。

 

右打ち中の大当たり確率は1/6.922なので実質大当たり当選が濃厚となりますが、振り分けは後述する「チャレンジタイム」と同等なため、上位ラッシュである「クィーンラッシュ」に突入できるかはプレイヤーのヒキ次第。最初から上位ラッシュじゃないのかよ~と残念に思う方もいるかと思いますが、そうなると他の部分での抽選に少なからず影響が出てしまいますからね…。

 

なんにせよ遊タイム発動時は大当たり濃厚となるのは嬉しいポイントなので、ハマり台はしっかりチェックしておきたいですね。

 

 

初当たり後の流れ

 

本機は初当たり時を含む全ての大当たりで1000発獲得できます。ラッシュ関連のシステムでは刺激的な要素の多い本機ですが、しっかりと「クィーン」らしい安心感も継承されていますね。

 

初当たり時の振り分けは10R+ラッシュ突入が70%、10R大当たりのみ(時短ナシ)が30%となっており、ラッシュ突入か否かは大当たり終了後に発生する「クィーンルーレット」で告知。小さなランプの動きで運命が決まる…このシンプルさこそが「クィーン」ならではの魅力です!

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】FEVER揃い

 

通常時 or ラッシュ中、どんな図柄でも大当たりすれば必ず1000発獲得できるという安心感が魅力です。初当たり確率は約1/199.8なので、残念ながら単発で終了してしまった場合でも現実的に次の初当たりに期待することができますね。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】右アタッカー

 

大当たり&電サポ中はもちろん全て右打ちでの消化。ジェイビー(SANKYO)さんの台ということでアタッカーや電チュー周りは非常に優秀な造りとなっており、右打ち中は快適に消化することが可能となっています。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】クィーンルーレット

 

通常時&「(エクストラ)チャレンジタイム」中の大当たり終了後は基本的に「クィーンルーレット」に突入。初当たりから直接「クィーンラッシュ」に突入することはないので、「チャレンジタイム」でランプが停止することを願いましょう! BGMが消える「無音パターン」なら期待度アップ!

 

 

ラッシュの流れ

 

先程ご紹介した通り本機はシリーズ初となる2段階ラッシュ搭載機。ショートSTタイプのゲーム性は踏襲しつつも上位ラッシュ突入を目指すドキドキ感、そして上位ラッシュ突入時はオール10R×継続率81%というシリーズ屈指の破壊力を実現した魅力的なゲーム性となっています。

 

また演出面でも昨今のトレンドを意識されており「チャレンジタイム」では予告演出発生でテンパイ&大当たりのチャンス、上位ラッシュである「クィーンラッシュ」中は飛躍的に変動スピードがアップ&モード専用の違和感演出が搭載されるなど2種類のラッシュで全く異なるゲーム性を楽しむことができるという点は「Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン」譲り。

 

必要以上に出玉スピードを意識するあまりコンテンツの魅力が活かされていないように感じてしまう機種もありますが、元々シンプルなドラムアクションが魅力である「クィーン」とは非常に親和性が高いと感じますね。

 

 

(エクストラ)チャレンジタイム

 

【PフィーバークィーンRUSH】チャレンジタイム

 

初当たり時の70%で下位ラッシュである「チャレンジタイム」に突入! 電サポ回数は5回+残保留1個。右打ち中の大当たり確率は約1/6.922となっており、「チャレンジタイム」中の連チャン期待度は約61%。発生する演出は通常時とほぼ共通ですが、各種予告演出の出現率頻度が下がっており何かしらの予告が発生した時点でチャンス! という演出バランス。

 

5回+1回転というアツさがギュッと凝縮されたラッシュなので、一瞬たりとも台の挙動から目が離せません!

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】RUSH停止

 

「チャレンジタイム」中ももちろん大当たりは全て10R。ラウンド消化後は運命のジャッジ演出「クィーンルーレット」に突入です! 「チャレンジタイム」中の大当たり振り分けは「10R+クィーンラッシュ突入」が約33%、「10R+チャレンジタイム継続」が約67%(共に小当り経由・直撃当たりの合算値)。ここでの「クィーンルーレット」時は、右端にある小さなハート型ランプが点灯すれば「クィーンラッシュ」突入濃厚…というお楽しみ要素も存在しております。

 

 

クィーンラッシュ

 

【PフィーバークィーンRUSH】クィーンラッシュ

 

「クィーンラッシュ」は「(エクストラ)チャレンジタイム」中大当たり時の約33%で突入する上位ラッシュ。大当たり確率は「チャレンジタイム」中同様に約1/6.922ですが、電サポ回数は10回転+1回転と倍近くになり連チャン期待度は約81%へとパワーアップ。

 

「クィーンラッシュ」中の大当たり時はそのまま同モードをループする為、以後オール10R(1000発)×継続率約81%というライトミドルとしては非常に強力なラッシュ性能となっています。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】ラッシュ中赤7テンパイ

 

「クィーンラッシュ」は1変動が5秒未満で進行する高速変動モード。前兆演出はほぼ非発生となり当該回転変動時の予告がメインに、毎回転必ず図柄が「ノーマルリーチ」が発生、モード専用の違和感演出の追加などなど…連チャン性能や消化スピードだけでなく演出面でも「チャレンジタイム」とは大きな違いがあります。

 

予告演出が発生していなくてもズバッと図柄が揃うことも多々あったので捨て回転は一つもナシ! 常に期待を持って消化できるゲーム性となっていますよ。

 

 

【PフィーバークィーンRUSH】チャージ完了

 

「チャージ完了」のランプ点灯で残保留が溜まった証。なので最後は必ず点灯するまで打ち続けましょう。

 

残保留の1回転に限り演出バランスが変化し、ここではリーチ発生=大当たり濃厚に。1回転とはいえ大当たり期待度は約14%もあるので最後まで諦めずにラッシュ継続を目指しましょう!

 

 

パン君 アイコン甘デジのリリースも予定されているので、旧来の「クィーン」ファンの方はそっちにも期待です

この記事を共有

いいね!する

50

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る