×

【S笑ゥせぇるすまん4】ジャックインが勝負のキモ!生まれ変わった喪黒さんはどんな感じなのか?【試打レビュー】

【S笑ゥせぇるすまん4】ジャックインが勝負のキモ!生まれ変わった喪黒さんはどんな感じなのか?【試打レビュー】 eyecatch-image

チワッスあしのです!

 

本記事はSANYOさんの人気シリーズ最新作『S笑ゥせぇるすまん4』を実際に打ってみてどんな感じだったのかの所感をお伝えするものであります。『笑ゥ』といえばゲーム数当選メインで爆裂トリガーがたっぷり用意されてるイメージが強いシリーズですが、果たして今作はどうでしょう。レビューは例によって各項目5点満点なり。

 

執筆時点ではまだ細かい数字等が判明しておらず憶測に頼る部分もありますが、気になるところは改めて「なな徹」にてどうぞチェックされてくださいまし。それではどうぞ! ドーン!

 

>>「S笑ゥせぇるすまん4」の解析情報はこちら

 

 

打ち慣れた感じの中にも工夫あり!

 

S笑ゥせぇるすまん4 スペック・ゲーム性

 

・通常時は既視感が。ただし「渦巻ク欲望」などダレない工夫あり!

・例によってゲーム数解除がメイン。前兆ゲーム数がめっちゃ分かりやすい

・ボーナス周りは完全にリニューアル。おもしろい!

・「欲望輪廻」のでREG引いたら終わりなのがちょっと……?

 

通常時のシステムは基本的に従来の作品を踏襲。おなじみだったCZ「福ゾーン」が無くなった代わりに連続演出からシームレスに突入するCZ「審判ノ刻」が採用されています。通常時の演出から前兆ステージを経て移動する形になっており、最終的に福造がドーンするところまでをワンセットでみるとストーリーの再現率はさらに上がってるように感じました。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 通常時 AT直撃

 

S笑ゥせぇるすまん4 通常時 AT直撃

 

今回の試打では強レアからのAT直撃らしきケースも確認。ただし初当たりのほとんどはCZ経由でした。そしてCZはほぼゲーム数から突入。たまにレア役から入ってましたが重みとしてはゲーム数が大事っぽい。で、そういうゲーム性の場合通常時が消化ゲームになっちゃいがちですが、今作はそれを防ぐ一工夫として「レア小役の格上げゾーン」である「渦巻ク欲望」が追加されていました。突入契機は「リプレイ3連」なので、通常時のどっからでも突入チャンスあり。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 渦巻ク欲望

 

「渦巻ク欲望」滞在中にレア役を引くと格上げが発生。弱レア役や強レア役に。強レア役を引くとさらに恩恵があるようですが、強レア役もそこそこの割合でCZにつながっていた事から、突入時点でそれなりにチャンスである模様です。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 ビッグボーナス AT

 

AT周りは完全にリニューアル。擬似ボーナスに「小役ゲーム」と「JACIN」が存在する4号機ライク(でもないけど)な作りになっており、規定ゲーム間で何回JACINさせるかが凄い大事になっています。こういう2段階ATってやれない時はストレスがすっごい貯まるのですが、今作はBIG終了後に「欲望輪廻」という名の自力ループシステムを採用。これが結構な頻度でループするため、BIGそのものでやれなくても「欲望輪廻」しだいでは何とかなる雰囲気がビンビンしました。ただ、詳しくはAT中の項目で記しますが「欲望輪廻」成功してもREGを引くと終了という罠も。さすが福造さんは一筋縄ではいかない。

 

今までのお約束をしっかり踏襲。原作の怪しい雰囲気もそのままに新しい打感に生まれ変わっており、筆者としてはとても楽しく打てました。ここは★4つでお願いします。

 

 

性能が違う4つのJACを搭載!割りと斬新な仕様です。

 

S笑ゥせぇるすまん4 AT中

 

・JAC、真JAC、極JAC、プレミアムの絶JACあり。

・一度のBIG中に複数回JACに当選がデフォ。1回でも上位に当選すれば夢広がる仕様

・ハズレを重ねるとオマケの上乗せもあり

・小役ゲームは30G固定ではない模様

・上位突入の鍵である「DOON CHOICE」は比較的やれそうな部類だった

・一発告知メインの新女子キャラ「好咲宵」モードが追加されてる

 

AT中は小役ゲーム中に「リプレイ」「レア小役」でJACに突入。JACはベル10回がデフォですが、稀に「DOON CHOICE(以下DC)」なる特殊状態を経由する場合あり。その場合は第1始動による報酬選択が行われ、「ベルナビ20回」「真」「極」「絶」などに突入する可能性が出てきます。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 DOON CHOICE

 

ただしDCは突入時点で恩恵があるわけではなく、全くやれない場合は普通のJACに突入する場合もあり(笑)。また難易度も複数あるようで、例えば強チェリーから突入したケースでは上記写真のようにいきなり真のカードがある3択にチャレンジできました。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 ビッグボーナス AT

 

またボーナスの小役ゲームは基本的には30Gです。が、最終ゲームで+10Gの上乗せが発生したパターンが一度あり。なので30G固定、というわけでは無さそうです。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 好咲宵

 

今回は喪黒福造だけではなく、新キャラ「好咲宵」が追加。可愛い女の子を眺めながらプレイしたいんじゃ!という方はこちらをどうぞ。こっちはレバオンでの一発告知がメインとなっており、いろんな演出が楽しめる福造モードとはちょっと違った楽しみ方ができます。しかしこれ、最初みたときは藤子不二雄A先生っぽい絵柄の女の子の方が世界観にマッチしてたんじゃなかろうかとも思うのですが、動きを見ると可愛くて全然OKな気分になりました。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 笑 ナビ

 

小役ゲーム中は基本的にJACINを目指すのみのシステムですが、JAC中は「ベルナビ回数」の上乗せが発生します。ベルナビは10回がデフォ。ただしハズレフラグを引くたびに上記写真の4分割窓が開いていき、4つ開くと上乗せ抽選が行われます。実戦上ハズレはナシ。おそらく最低でも+1回はされるかと。+3回とか+5回も出てきたので、上乗せ頻度自体はそこそこ高い部類。飽きずに打てます。

 

小役ゲームの残りが0Gになると擬似ボーナス終了。ただしBIGの場合は必ず「欲望輪廻」に突入します。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 欲望輪廻ZONE

 

4G中にフリーズが発生したらボーナスの1G連が発生するというもので、本機の大切なループシステムになっています。今回の実戦でのループ率は60%ほど。わりと優秀な数字ですが、ただし1G連で「REG」を引いちゃった場合は「欲望輪廻」の再突入はナシ。あくまでBIG終了後の恩恵なので、フリーズしたからといってガッツポーズはちょっと早い感じでした。ここはちょっと痛いポイントかもしれませんね。

 

とこのように、今までとATシステムはだいぶ変わってます。JACも「真」からすでに結構ポテンシャルが高いですし、その突入契機も明確。さらに自力感の塊みたいな感じになっており、筆者は好きですこれ。★5で!

 

 

前兆分かりやす!初心者でもモード推測しやすそう?

 

S笑ゥせぇるすまん4 通常時

 

・起点となるゲーム+20ゲームでだいたい前兆入りというわかりやすさ

・おそらくモードの推測はしやすいハズ

・ドーン玉というCZ突破期待度アップのギミックもあり

・CZは「化物語」に似てる(笑)

 

通常時はゲーム数のアツそうな所に到達したきっかり20G後に「運命ノ分岐」に突入するパターンがとても多く、今後判明すると思われるモードごとの規定ゲームによっては推測がとても簡単な部類なんじゃないかと感じました。また強レア役後も同じく20G後に突入。めちゃ分かりやすッ。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 ドーン玉

 

通常時は「ドーン玉」なるシステムを搭載。これを保持している際にはCZ突破の条件が追加されます。今回の実戦では「レア役でボーナス」を確認。他にも「リプレイでボーナス」などもあるようです。獲得タイミングはCZ終了後あるいはAT終了後。その他のタイミングで獲得するケースは今回の実戦では確認できませんでした。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 審判ノ刻

 

んでCZ「審判ノ刻」なのですが15Gの自力解除ゾーンとなっており、液晶の左側にあるランタンの色を格上げしていって最後に連続演出でドーンすればクリア。演出がサミーの「化物語」になんとなく似ててちょっと笑いました。ちなみに今回の試打ではCZの突破率は70%くらい。やや出来過ぎな感じでしたが突破率に設定差があるのかな?

 

あとはスペックの部分でも触れたレア小役格上げゾーン「渦巻ク欲望」の存在など、飽きさせない工夫のちょい足しがいい感じで効いており、ゲーム数メインのシステムにありがちなダレ感はそんなにありませんでした。というわけでここは及第点の★3で!

 

 

導光板めっちゃ派手。そしてドーンもかっこいい。

 

S笑ゥせぇるすまん4 演出

 

・導光板を利用したドーンが相変わらず素敵

・連チャン中の歌もいい

・ちょびっとスタイリッシュになってる?

・AT終了後のアイキャッチで何かの示唆してる?

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 喪黒福造 ドーン

 

これは最近の「笑ゥ」シリーズに共通ですが、ドーンは画面上のドーンのほか導光板を使ったドーンもしっかりあります。これが非常にかっちょいい。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 喪黒福造

 

また、演出全体も随所に今風というか、ちょっとスタイリッシュなのが加わってるように感じました。それに伴い、シリーズの特徴でもあった「ちょっと不気味で薄暗い雰囲気」も和らいでいます。

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 アイキャッチ

 

なお、今回はボーナス終了画面に目立ったバリエーションはありませんでした。その代わり通常画面に戻る際に一瞬表示されるアイキャッチにバリエーションがある模様。設定示唆ではなくモード示唆的な感じもしますが、アイキャッチで何かしらの示唆を行っていると思われ。ちとまだ具体的な情報が出てないのでなんともいえませんが、その辺は「なな徹」にて追々公開されることでしょう!

 

というわけで演出は★4で! 筆者が原作ファンっていうのもあるのですけども、良かったです!

 

 

シリーズファンにも打ったことない人にもオススメ!

 

S笑ゥせぇるすまん4 オススメ度

 

新しい『笑ゥ』はおそらく今までのシリーズの中でもだいぶとっつきやすい方だと思います。演出がちょっとキャッチーになってる事と、それからAT(疑似ボーナス)の仕様が変わった事によりまとまった枚数を取りやすくなってる事。この辺は間違いなく高評価。もちろん「欲望輪廻」のREG終わりなど「まじかよ」という部分もあるんですけども、まあそもそも一撃必殺の印象が強い機種なのでその辺は仕方なし。

 

今作も「絶JAC」なる大量獲得トリガーをしっかりと搭載してますし、どっかで帳尻を併せてるのは当然なり。前兆の突入ゲームが非常に分かりやすかったりと、あんまり複雑なゲーム性を好まない人にも多分オススメだと思います。

 

というわけで、本作のオススメ度は★4つで! 以上! SANYOさんの最新作『S笑ゥせえるすまん4』のレビューでした。

 

 

今回のレビュー結果

 

S笑ゥせぇるすまん4 レビュー

 

 

S笑ゥせぇるすまん4 画像21導光板という単語を最近覚えました

この記事を共有

いいね!する

10

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る