×

ガリぞうが大スランプに突入?何をしても裏目に出るときの対応策とは【収支日記#130:2022年8月23日(火)~8月29日(月)】 (1/3)

ガリぞうが大スランプに突入?何をしても裏目に出るときの対応策とは【収支日記#130:2022年8月23日(火)~8月29日(月)】 eyecatch-image

収支日記130 スケジュール -2741枚


今週の収支日記は8月23日~29日の1週間です。一言で言えば「大スランプの始まり」の1週間でした。何をやっても裏目に出る時期って誰にでもありますよね。個人的にスランプに対しては、「改善策はないけど対応策はある」でしょうか。

 

 

8月27日:意に反する展開

 

【逆張り】

相場環境や市場人気を読み、上げ相場の時に売り、相場環境が悪化し、人気がなく、値下がりしているときに買うこと。

 

希望しているビジョンと逆の展開ばかりになる時ってありますよね。そんな時、ギャンブルでは「逆張り」という言葉があります。古くは丁半博打と呼ばれるサイコロを使った賭博からで、流れの悪い目の方に張るという意味でした。平たく言えば、当たらなさそうな方に賭けて一発逆転を狙う的な発想でしょうか。投資用語としても使われているようですが、丁半博打も投資についても造詣のない私にはイマイチ分かっていません。ただ、パチスロにおいての逆張りは悪手だと明確に分かります。高設定を打っているのに負けるのでヤメるとか、ツモれているのに勝てないから立ち回りを変えるとか、その類いの逆張りは稼働においてご法度です。

 

パチスロの高設定狙いでは、少しでも高い割の台を狙い、少しでも多く回す為の動きが唯一にして最大の攻略法です。しかし、逆張りができない故にジレンマを感じてしまう事もしばしばあります。今回は、そんな展開悪が続いた日の実戦記です。

 

今日は特日狙いで某店へ。ここ最近の実績で言えば、まどか新編で推定6を終日打てたり、ジャグラーで何度か推定後ヅモできていたりする店舗です。また、機種寄せ・場所寄せ傾向も見られるので、割りと攻めやすい環境と思われます。掴めている特日の傾向としては、やはりメイン機種とジャグラーに手厚く見えます。そんな訳で、今日の本命は未だ一度も触れられていないカバネリ。高設定狙いも勿論ですが、もうすぐ出張が再開されますし、今日こそは勉強しておきたいです。ただ、並び人数は450人だそうで。この人数だとかなり前の方を引かなければカバネリは難しそうですが、私の番号は……434番。

 

はい、アウトです。

 

どうせ今日は夜に人と会う用事があるので、この時点で帰ってしまっても良いですかね。いや、そう簡単に諦める訳にはいきません。カバネリの近くで稼働しながら自然に空き待ちができて、かつ期待値をプラスにできる機種を考えます。

 

9時、入店。カバネリどころか主要機種はほぼ満席状態です。そんな中、カバネリの近くで空席があって下でも甘い機種……やはりキャッツでしょうか。

 

 

キャッツアイ A番台
G数 当選 備考
165 R 奇数 投資7回
0 CT 1セット 128枚
設定2以上

※1.czはキャッツ目状態の意。
※2.Rはキャッツボーナスで丸数字はシナリオ。
※3.投資の回数は貯メダル貨出ボタンを押した回数

 

終了画面が喫茶店で、あっさり設定2以上確定です。ただ、このホールは設定2以上確定の役や演出がある機種に2をガンガン放り込んでくる傾向があるので、これだけでは安心できません。

 

 

G数 当選 備考
0 奪還
53 cz
162 奪還
331 赤BIG 追加8回
0 CT 1セット 174枚
奇数
0 奪還
16 青BIG
0 CT 2セット 402枚
0 奪還
203 赤BIG 偶数
0 CT 1セット 139枚
0 奪還
142 cz
269 cz
384 cz
422 奪還
449 CT 1セット 16枚
追加4回
0 奪還
30 ヤメ

 

キャッツアイの最たる設定推測要素の一つであるキャッツボーナス中のシナリオを全く確認できないまま19K分も投資させられてしまいました。ここで、同じくCT終了画面で喫茶店が出ていながら535Gハマった台が空いたので、そちらへ移動してみます。

 

 

キャッツアイ B番台
G数 当選 備考
794 cz
823 奪還
842 CT 1セット 80枚
投資11k
0 奪還
25 赤BIG
0 CT 3セット 384枚
赤BIG×1
0 奪還
27 ヤメ

 

投資が深い上、やはりキャッツタイム中のボーナスを引けず。しかも、相変わらずカバネリはシマ全体が好調で満席状態となると、半ば萎えヤメでギブアップです。さて、この後はどうしようかと考えて、各シマを回遊。すると、ゲッターマウス等のノーマルバラエティの一角が軒並み好調のようです。しかし、空いているのは「かまいたちの夜」の1台のみ。……行ってみますか。

 

 

かまいたちの夜 C番台
G数 当選 備考
132 赤BIG
7 RT 50.50.1
60 RT 90.90.2
162 RT 50.100.1
342 RT 30.130.1
373 赤BIG
12 RT 30.160.2
43 RT 50.210.2
203 白R 「終」
5 RT 50.260.4
58 RT 30.290.4
183 白R
2 RT 50.340.4
55 RT 50.390.4
107 赤BIG
5 RT 50.440.6
60 ヤメ

※RT後の数字は「RTゲーム数.累計RTゲーム数.累計RT中ハズレ回数」。

 

一応は偶数挙動ながら内容は微妙なまま持ち玉で粘らされていたら、2台あるゲッターの1台が空席に。空いていない片方はボーナス合成確率が二桁のままですが、空いた方は1500G,BIG=5,REG=5と微妙です。

 

 

ゲッターマウス D番台
G数 当選 備考
40 BIG
45 R
70 R
39 BIG
40 BIG
3 BIG
59 BIG
245 BIG
21 BIG
106 R
230 BIG
162 R
154 ヤメ

 

基本情報
総プレイ数 1214G
総ボーナス 12回
総BB 8回
総RB 4回
連チャン区間最大獲得 635枚
小役
オレンジA 57回 1/21.3
オレンジB 53回 1/22.9
スイカ 19回 1/63.9
チェリー 95回 1/12.8
ボーナス中詳細
BB中斜めオレンジ 21回 1/8.0
RB中1枚役 11回 1/3.5

 

ボーナスはまずまずですが、小役絡みがほぼ全て設定1以下で推移してしまっています。何よりも周囲の台のデータが軒並み悪化してしまっていて、場所寄せの前提自体が覆されてしまっています。

 

今日の私は何をやっているんだろうか。カバネリを勉強しに来たのか、それとも勝ちに来たのか。高設定狙いでは中途半端な立ち回りが痛手を生みます。既に時間は夕方過ぎ。せめて待ち合わせ時間の2時間前までは設定2以上を確定させたキャッツに戻り、少しでも期待値を積んでおきます。

 

 

キャッツアイ A番台
G数 当選 備考
196 cz
305 赤BIG
0 CT 1セット 150枚
奇数
0 奪還
204 cz
270 奪還
306 奪還
343 奪還
374 赤BIG
0 CT 2セット 267枚
赤BIG×1
0 奪還
104 cz
114 奪還
153 奪還
234 cz
361 cz
377 奪還
466 奪還
518 奪還

 

設定1でも約40%の奪還作戦が10スルーですか。検定シミュだと、40%の10スルーは約0.6%ですってよ。設定2以上が確定しているので、もっとレアケースですよ。中途半端な立ち回りのせいか、私は運にも見放されたようです。投資も既に3万円分も入っています。マイナス期待値はほぼ積んでいないのに、先週からの不運続きはいつ終わるのでしょうか。もう18時を過ぎ、待ち合わせ時間まで残りわずかですし、このハマリが抜けたら待ち合わせに向かおうかと思います。

 

 

G数 当選 備考
592 赤BIG 追加1k

 

収支日記130 キャッツアイ 全て300G上乗せ

 

やっちまいました。ここまで不運に不運を重ねた展開だったのに、どうしてこの時間になって急にこうなってしまうんでしょうか。憤りしかありませんが、それでも時間ギリまでは回すしかありません。

 

 

G数 当選 備考
0 CT 赤BIG×5,青BIG×1,R×5

 

ゲーム数を消化しきったところで完全に時間切れに。引き戻しの奪還作戦を回さず知人に譲って終了です。出玉を流すと、差枚数は+185枚。投資が30K分を超えていただけに落ち込んでいましたが、何とか回収には成功です。

 

展開が悪くても、萎えず落ち込まず逆張りもせず、いつも通りプラス期待値を追う立ち回りだけが自身を覚醒させる手段なのだと改めて思い直した1日でした。

 

ちなみに。譲ったキャッツは引き戻しに成功し、トータル+3161枚まで出たそうです。

 

 

収支日記130 終了画面 3161枚

 

未経験の限界突破やりたかったなーっ!

 

収支日記130 8/27結果 +185枚

この記事を共有

いいね!する

15
  • 1:2022-11-23 15:46:23ガリさんが文章でちらっと愚痴を吐くと、やっぱり同じ人間なんだなってホッとします。  0.6%を引いたんだから、今度は引き強の上ブレを期待するしかないですね。  自分もこの間パチンコの時短をを打っているときに、ブラックアウトフリーズを引いたと思ったら、リセット画面になって笑ってしまいました。  しのけんさんの仰っていた高設定の引けないのは受け入れるしかないと言う言葉を思い出し、間違っていない動きをしているなら、受け入れるしかないと思う事にしました。
  • 2:2022-11-24 13:05:04好不調の波は誰にでもあるものです。感情への影響を少なくし立ち回りを乱さないのがプロとアマの一番の違いでしょう。アマチュアは勝ち方を知っていても心が乱されるからうまく動けないのですし、そもそも活動日数が少ないですから、一旦不調に陥ると試行回数が少ない分、年単位での不調になりがちです。その点でもプロは不調を回復しやすいと思います。

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る