【P 百花繚乱】ディ・ライトらしい独自要素が盛りだくさん!スペックや演出を徹底レビュー!

【P 百花繚乱】ディ・ライトらしい独自要素が盛りだくさん!スペックや演出を徹底レビュー! eyecatch-image

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回はディ・ライトさんから登場する注目の新台「P 百花繚乱の試打レビューをお届け。スペックや演出、ラッシュはどんな感じだったか筆者の独断と偏見に基づいて各項目を5段階評価でレビューしていきたいと思います。

 

本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

「P 百花繚乱」の解析情報はこちら

 

 

クオリティは申し分ないがもう1つくらいはギミックが欲しかった!

 

P 百花繚乱 ギミック・盤面構成☆4

 

P 百花繚乱 液晶上下 プレート型キャラギミック

 

P 百花繚乱 プレート型キャラギミック クロス可動

 

まずはギミック面から。本機に搭載されている可動ギミックは、キャラクターが描かれたプレート型のギミックの1種類のみ。最近の機種、なおかつアニメやゲーム作品等とのタイアップ機としてはかなりシンプルな造りですね。

 

 

P 百花繚乱 大当たり時 プレート型ギミック・液晶イルミ作動

 

大当たり当選時などはこんな感じで「百花繚乱」の文字が完成。中々オリジナリティのあるデザインになっていますな。ギミック数自体は多くないもののアクションに様々なバリエーションも用意されておりユーザーを飽きさせない工夫を感じました。ただ、この項目を評価するにあたってはやはりもう1つくらいはインパクトのある可動ギミックがあると嬉しかったですね。

 

 

P 百花繚乱 盤面右上 ダブルアタッカー

 

本機の大当たりやラッシュの消化に関わる盤面構成は、先日登場した「P真・一騎当千~桃園の誓い~」をはじめとした最近のDaiichi系機種とほぼ同じ造り。まずはアタッカーですがこちらはお馴染みのダブルアタッカーとなっており、技術介入を行うことでオーバー入賞率を高めることも可能…と、いつも通り非常に優秀なアタッカーになっていました。

 

 

P 百花繚乱 盤面右側 スルー・電チュー

 

P 百花繚乱 盤面左下 スルー・電チュー・オマケ入賞口

 

スルーや電チュー、オマケ入賞口なんかもお馴染みの配置でストレスを感じづらい造りになっている印象。本機のラッシュは100回転のSTなので、電チューと下アタッカーの間にある溢しポイントはチェックするようにしたいですね!

 

アクションのバリエーションが豊富でギミックの少なさを感じさせない点は評価できるポイント。実際に打っている際は特に気にならないと思いますが、ギミックにフォーカスして評価するとなるとやはりもう1つくらいはコンテンツの魅力を活かしたギミックが欲しかったですね。盤面構成に関してはいつものディ・ライト(Daiichi)系機種と同じく優秀な造りでしたので、ここは☆4つで!

 

 

1度は打ってみたくなる「+α」を各所に搭載!

 

P 百花繚乱 スペック・ゲーム性☆5

 

P 百花繚乱 3図柄揃い

 

P 百花繚乱 サムライBONUS

 

P 百花繚乱 サムライBONUS中 リングを引き続けてロゴ点灯させろ! 成功で四剣鬼バトル突入!?

 

本機は初当たり確率約1/319.7の一種二種混合機。まずは通常時の抽選に関してですが、初当たり時の内訳は「忠chu乱舞BONUS+ST突入」が2%、「10R+ST突入」が73%、「10R+時短ナシ(通常時へ)」が25%。オール10R以上かつST突入率75%というのは素直に「強いな!」と感じますね。僕は基本的に通常大当たりでも時短が搭載されている機種が好みなのでそこは残念なのですが、それを踏まえても本機の初当たり内訳はかなりヤレる感があって好印象です!

 

 

P 百花繚乱 RUSHモード選択画面 四剣鬼バトル・ハーレムモード

 

お次はラッシュについて。本機のラッシュ(名称は選択した演出モードで変化)は100回転のSTとなっており、大当たりorSTリセット当選を目指すゲーム性です。普図抽選を用いたこのゲーム性に関しては昨今のスタンダードとなりつつあるので特に珍しくないのですが、本機で特筆すべきは上位ボーナスである「忠chu乱舞BONUS」の出玉性能です。

 

 

P 百花繚乱 忠chu乱舞BONUS ∞萌乗

 

P 百花繚乱 忠chu乱舞BONUS中 ボタン長押し演出

 

こちらは当選時点で3000発(実質10R大当たり×2回)の獲得に加え、なんとその後は50%超で実質10R大当たりがループ!同様のシステムを備えた台はたくさんありますが、それらは大体10R大当たり×30%前後でループといった感じなので50%ループというのは現時点で間違いなく規格外の数値。「忠chu乱舞BONUS」のみで1oooo発overの出玉を獲得できることも珍しくないでしょう。公式PVで「パチンコ史上最も引きたい大当たり」という表現がされておりましたが、メーカーさんがPRで使用した言葉にここまで納得できたのは初めてかもしれません(笑)

 

 

P 百花繚乱 RUSH中 1図柄テンパイ 液晶中央 回帰アイコン停止

 

しかしその分どこかでバランスを取らなくてはならないわけですが、ST中のトータル当選率は約1/77.9となっており当選期待度(STリセット含む)は約72.5%、「忠chu乱舞BONUS」による10Rの連チャンなんかも含めたトータル継続率は約84%と他機種と比べても遜色ない数値。ということで本機ではST中の内訳でバランスが取られています。内訳は「忠chu乱舞BONUS」が30.5%、実質10R29.6%、STリセットが39.9%と、同タイプの機種に比べるとSTリセットの振り分けが高め。これがもし1:1:1とかだったらマジで文句のつけようがないと思いますが…まぁさすがに現実的ではないですかね。STリセットに偏って辛い思いをすることもあるかと思いますが、逆に「忠chu乱舞BONUS」に偏った際の高揚感は唯一無二。トレンドど真ん中のゲーム性の中で、本機にしか無い強みを味わえる素晴らしいラッシュになっていると思いました!

 

通常時からST中まで本機ならではの魅力だと感じられるポイントが多く、素直に「ホールで打ってみたいな」と思えるスペックでした。他機種に比べSTリセットの振り分けが高いのは無視できないポイントではありますが、「忠chu乱舞BONUS」が備えた規格外の性能を味わえるのならそれも納得、ということで☆は5つ!

 

 

最後まで期待が持てる秀逸な演出構成

 

P 百花繚乱 通常時☆4

 

P 百花繚乱 通常時 赤イルミ発生

 

P 百花繚乱 通常時疑似2 金イルミ発生

 

お次は通常時の演出に関して。まずは全体的な印象ですが、導光板を用いたきらびやかな演出が多くどちらかといえば派手目な感じ。このベースとなる演出構成に関しては最近のディ・ライト(Daiichi)系機種は一貫していますね。好みが分かれるポイントだと思うのですがもう少し控えめでもいいかな…というのが僕個人の意見。背後に熱そうな演出が発生していそうな場面で導光板が被って見えづらくなってしまうのがもったいないな、と感じました。

 

 

P 百花繚乱 通常時 緑保留 団子屋演出中 金萌エフェクト

 

P 百花繚乱 通常時 百花繚乱保留 剣姫集結演出

 

逆に良いと思ったポイントは、最後まで期待感が持続しやすい演出構成&バランスになっていること。大当たり当選時は「4大予告」を始めとした激アツ演出が複合し派手な展開になることがほとんどではありますが、特定の演出がないと無理…みたいなバランスの悪さは感じず。総演出ボリュームもたっぷりで予告演出~リーチ演出まで様々な大当たりパターンを確認することができました。

 

 

P 百花繚乱 通常時 2図柄テンパイ キャラ2人保留 バトル演出 四剣鬼 宮本武蔵

 

P 百花繚乱 バトル中 最終決戦ゾーン煽り演出

 

「4大予告」のひとつである「最終決戦ZONE予告」はリーチ中に突入するパターンも何度か確認。これが先読みor変動中ばかりだと途中で諦めムードになることも増えてしまいますからね。このあたりの演出構成やバランスはしっかりとユーザー心理を考えて作られているな、と感じました!

 

僕はどちらかというとおとなしめの演出の方が好みということもあり序盤は少しネガティブな印象を受けましたが、打てば打つほど「なるほど、ここはよく考えられているな」というところがいくつも見えてきました。各予告やリーチ中のチャンスアップなど全体的な造りとしては最近のディ・ライト(Daiichi)系機種と良く似たところも多いので、「P真・一騎当千~桃園の誓い~」が好きな方なんかにはかなり刺さると思います!☆は4つで!

 

 

図柄テンパイ後のリーチ演出がアツい!

 

P 百花繚乱 ラッシュ中☆5

 

P 百花繚乱 RUSHモード選択画面 四剣鬼バトル・ハーレムモード

 

P 百花繚乱 RUSH ハーレムモード選択

 

抽選システムやゲーム性に関してはすでにご紹介しているので、ここでは演出面を中心にレビューしたいと思います。本機のラッシュはST100回転内に大当たりorSTリセット当選を目指すゲーム性で、「忠chu乱舞BONUS」当選時の破壊力が最大の魅力。演出モードは王道のバトル演出を楽しめる「四剣鬼バトルモード」と美少女キャラクター達の魅力を堪能できる「ハーレムモード」の2種類から選択可能となっています。

 

 

P 百花繚乱 RUSH中 四剣鬼バトルモード 4・6・7図柄

 

P 百花繚乱 RUSH中 四剣鬼バトルモード 液晶左上 味方キャラ赤セリフ

 

P 百花繚乱 RUSH中 5・四剣鬼バトルアイコン・5図柄 右を狙え指示

 

ゲーム性から予想できる方もいると思いますが、本機のSTは昨今のトレンドでもある先読み演出を主体とした爽快感のある演出フロー。そしてST中最大の注目ポイントは両演出モード共に図柄テンパイ時点で大当たりorSTリセット当選濃厚となることです。「じゃあバトル演出(リーチ演出)はいったいどこで…?」となりますが、その答えは図柄テンパイ→電チューに玉を入賞させた直後!

 

 

P 百花繚乱 RUSH中 四剣鬼バトル突入 vs宮本武蔵

 

P 百花繚乱 RUSH中 四剣鬼バトル中 味方攻撃技 赤「斬影閃」

 

P 百花繚乱 RUSH中 四剣鬼バトル勝利 5図柄揃い

 

本機のラッシュは普図抽選タイプなので図柄テンパイ時点ではどの大当たりorSTリセットに当選しているかは決まっておらず、電チューに玉が入賞した時点で決定。その結果をそれぞれのリーチ演出で告知されるという形になります。似たタイプの機種は数秒程度で決着がつくシンプルなものがほとんどなので、このタイミングでリーチ演出を楽しめる造りというのは中々斬新。「忠chu乱舞BONUS」当選時の期待感も相まって今までに味わったことのないようなドキドキ感を楽しめました。メインパートは昨今のトレンドであるスピード感重視のゲーム性ですが、ここで本機にしか無い魅力を搭載してきたのはかなり評価できるポイントです!

 

 

P 百花繚乱 RUSH中 四剣鬼バトルモード 1図柄テンパイ キャラパネルギミック可動

 

P 百花繚乱 RUSH中 1図柄テンパイ 回帰アイコン停止

 

ラッシュ中は「四剣鬼バトルモード」なら「乾坤一擲リーチ」or「VS四剣鬼リーチ」、ハーレムモードなら「忠儀リーチ」or「棒儀リーチ」のいずれかが出現。リーチに発展したときは興奮必至です!

 

 

P 百花繚乱 RUSH中 ハーレムモード 残り95回 好機アイコン揃い

 

P 百花繚乱 RUSH中 ハーレムモード 残り93回 液晶SPアイコン

 

P 百花繚乱 RUSH中 ハーレムモード 残り93回 6図柄テンパイ

 

最後に演出バランスについて。両演出モード共に赤系演出や「好機」や「激アツ」といった文言など、ひと目見て熱そうだと感じる演出はほぼ大当たりorSTリセットに当選。数は多くないものの「これでイケるの!?」みたいなパターンも何度かありました。あと、テンパイするかどうかの煽り演出自体は同タイプのラッシュを搭載した機種と比べて若干高い頻度で発生する印象。ここは好みが分かれるかもしれませんが先読み演出がちょろちょろ出ただけで100回転を一瞬で駆け抜けるのはあまりも悲しすぎるので、ほどよくハラハラドキドキできる機会が訪れる本機の演出バランスはかなり僕好みでした!

 

ラッシュの演出は多くのユーザーが求めているスピード感や爽快感は重視しつつ、図柄テンパイ後のリーチ演出という本機独自の魅力をブレンド。これによって演出面の満足感は同タイプ機種より間違いなくワンランク上の仕上りだと思いました。出玉スピードも大事だけど最近の機種はちょっと演出が淡白過ぎるな…と感じていた方はきっと満足できるハズ!☆は5つで!

 

 

打ち手の意欲を掻き立てる魅力を持った良台!

 

P 百花繚乱 オススメ度☆5

 

全体的なスペックやラッシュ中のゲーム性&演出など昨今のトレンドとなっている要素をベースにした造りではあるものの、規格外の性能を誇る「忠chu乱舞BONUS」やラッシュ中のリーチ演出など本機でしか味わえない魅力がたっぷりと詰まった1台でした。本機に限らず、ディ・ライト(Daiichi)さんの台はただトレンドを追うだけでなくその一歩先を行く+αがどこかにあるのが本当に素晴らしいですね。失礼ながら作品に関しては無知な僕でも「これはホールでも打ちたい!」と思えた1台なので、皆さんも是非1度は本機にしかない魅力を体験して欲しいです!☆は5つ!

 

 

今回のレビュー結果

 

P 百花繚乱 総合レビュー結果☆4.6

 

「P 百花繚乱」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコンこの手のゲーム性のラッシュでしっかりとリーチ演出を楽しめるなんて…よくぞやってくれました!

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

新台導入日

  • 導入予定
  • 導入済み

アクセスランキング

  • 1【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】284

    【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】

  • 2ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】415

    ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】

  • 3ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】44

    ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】

  • 4ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】111

    ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】

  • 5【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 6【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 7【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!1

    【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 8【押忍!番長4】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?6

    【押忍!番長4】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 9ガリぞうがマイジャグラー5とファンキージャグラー2のブドウ確率を検証【収支日記#100:2022年1月25日(火)~1月31日(月)】77

    ガリぞうがマイジャグラー5とファンキージャグラー2のブドウ確率を検証【収支日記#100:2022年1月25日(火)~1月31日(月)】

  • 10【コイン単価】意外と知らない「波の荒さ」を表すパチスロ単語についておさらいしよう!345

    【コイン単価】意外と知らない「波の荒さ」を表すパチスロ単語についておさらいしよう!

  • もっと見る