【P北斗の拳8覇王試打レポート】「次世代型HYPERBONUS」搭載で、北斗伝統の剛力性能ここに極まれり!

こんにちは!JBメンバーのパン君です。

今回はSammyさんのショールームにお邪魔して、「P北斗の拳8覇王」の試打をしてきました!

 

言わずと知れた大人気シリーズの最新作は、「究極神拳RUSH」なる出玉システムを搭載!

演出面でももちろんのこと、新ギミックや新演出も多数追加されております。

 

スペック・演出共に進化した、待望のシリーズ最新作の魅力をたっぷりとお届けしたいと思います。

 

 

「次世代型HYPERBONUS」搭載で北斗シリーズ史上最高の期待感!

 

まずは本機のスペックをご紹介!

 

大当たり確率:(低確率)約1/319.7 (高確率)約1/54.3

確変割合:66%

時短:50回転

大当たり出玉(払い出し):4R約600玉 10R約1500玉

 

シリーズの伝統を継いだ確変ループ機で登場。大当たり確率・確変割合は、前作にあたる「ぱちんこCR北斗の拳7転生」とほぼ同じ数値となっています。

大当たりの出玉に関しては昨今の規制の影響で、最大ラウンド数が「16R」から「10R」へと変更されております。

これを見ると、前作までのような出玉感は無いのでは…そう思いの皆さん、ご安心ください。

 

 

大当たり振り分け

ヘソ

10R確変(究極神拳RUSH・次回まで)20%

4R確変(次回まで)46%

4R通常(時短50)34%

 

電チュー

10R確変(究極神拳RUSH・次回まで)40%

4R確変(次回まで)26%

2R通常【ショート開放】(時短50)34%

 

見慣れない言葉がありますね…。そう、本機には「究極神拳RUSH」と呼ばれる「小当たりラッシュ」が搭載されており、10R大当たり全てにその「究極神拳RUSH」が付いてきます!

「究極神拳RUSH」と名付けられたこの出玉システム。10Rの大当たり出玉に加え、ハマればハマるほど更に出玉が増えていくことによる大量出玉の期待感はこれまでの「北斗の拳」シリーズ以上。

これまでの伝統である「HYPERBONUS」を超えた「次世代型HYPERBONUS」と呼ぶに相応しい出玉性能となっていることでしょう。

 

この記事を共有

いいね!する

5

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列