【P銭形平次2試打レポート】継続率約81%×10R50%の破壊力!あらゆる面で進化した銭形平次の注目ポイントとは!?

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

今回は高尾さんの「P銭形平次2」をご紹介!

 

2017年に登場した「ぱちんこCR銭形平次withでんぱ組.inc」の後継機となる本機は、STタイプから一種二種混合機へと変更され、継続率は約81%へと大幅にパワーアップ!

前作に搭載されていた「大銭役物」は「超巨銭役物」へと進化し、大当たりの興奮をより一層盛り上げてくれます!

 

 

一種二種混合機で登場!

 

本機のスペックはこちら

 

大当たり確率:1/219.1

小当たり確率:1/6.7

※特図2の場合

 

時短回数:1or6回

鬼斬RUSH突入率:約58.1%

※鬼斬りチャレンジ経由込み

 

トータル継続率:約81%

※鬼斬りRUSH継続率約63.1%

※大勝負ゾーン継続率(保留4個時)約48.5%

 

大当たり出玉(払い出し):4R約360玉 10R約1200玉

 

大当たり振り分け

ヘソ:10R4%  3R:96%

電チュー:10R50% 3R:50%

※実質ラウンド数

 

前作はST機でしたが、本機は一種二種混合機へと変更。

 

初当たり時は時短1回転+余り保留4つで見事大当たりすることができれば、「鬼斬RUSH」&「大勝負ゾーン」による継続率81%の連チャンゾーンへと突入!

 

 

前作と比較すると

 

大当たり確率 1/256→1/219.1

継続率 65%→81%  

 

と、初当たり確率、連チャン期待度共にパワーアップしており、当たることの楽しさをより体感できるスペックとなっています。

 

 

大当たりへの鍵を握る重要演出!

 

三大決めて演出

 

前作でお馴染みの演出に加え、新規演出も多数追加されている本機。まずは大当たりに欠かせない「三大決めて演出」をご紹介したいと思います!

 

 

◇群演出

 

 

リーチ前、リーチ中など、様々なタイミングで出現する激アツ演出!

 

 

◇鬼面組御用リーチ

 

 

前作でお馴染みの「鬼面組御用リーチ」は、本機最強のリーチ演出!

 

 

◇平次激昂ゾーン

 

 

新たに搭載されたゾーン演出。先読みだけでなく、当該回転で突入することもあるようです!

 

 

銭形ロゴ役物

 

「超巨銭役物」が印象的な本機ですが、こちらにも要注目。

リーチ後に作動する可能性があり、ステップアップが進むほど熱いSPリーチへと発展します!

 

 

◇役物落下

 

 

役物落下すると第一段階。「技SPリーチ」への発展を示唆しています。

 

 

◇回転

 

 

役物が落下後、さらに回転すれば第二段階。「乱戦SPリーチ」への発展を示唆しています。

 

 

◇役物全可動

 

 

落下→回転の後、液晶脇に配置されている全役物が作動すれば最終段階。本機最強の「鬼面組御用リーチ」への発展が約束されます!

 

 

「三大決めて演出」が大当たりへの鍵!

 

注目演出のご紹介をしたところで、さっそく試打の方へ!

 

 

お静の保留変化は今作も健在!さっそく保留が千両箱へと変化。前作では金色の千両箱などもありましたが、今作は果たして…!?

 

 

 

 

当該回転で疑似連発生。そして、液晶下にいる平次の台詞に注目!

 

 

 

保留がいかにも熱そうな黄金キセルに変化し、さらには「三大決めて演出」の一つである「平次激昂ゾーン」に突入!

 

 

 

擬似三連目でさらに金系演出が出現し、ここまでは完ペキといえる展開!

 

 

 

さきほどご説明した通り、発展前のここが大事なポイント!「銭形ロゴ」は…

 

 

 

落ちたぁぁあ!そして…

 

 

 

回転!さらには…

 

 

 

最終段階到達!これまた「三大決めて演出」である「鬼面組御用リーチ」への発展確定!

 

 

 

 

本機最強の「鬼面組御用リーチ」は、リーチが長ければ長いほどチャンス!

 

 

 

液晶右下に配置されている「鬼セグ」に現在の経過時間が表示されます。

 

 

 

 

もうすぐ60秒に差し掛かろうかというところで「殺陣乱舞」が発生!リーチ中は様々なチャンス演出が発生する可能性があり、「鬼セグ」上部に「上乗せ!!」と表示されます。リーチ時間が長くなり期待度がどんどん高まってきたところで…

 

 

 

「群演出」出現!これで「三大決めて演出」が勢揃い!

 

 

 

運命の当落演出…

 

 

 

ボタンがレインボーに!?

 

 

 

どかーん!「超巨銭役物」物凄いインパクト!

 

 

 

全役物が稼働し七色に輝く姿はなんともゴージャス。

 

 

 

 

今回は「銭形ボーナス」でしたが、「三・七図柄」揃いから突入する「超銭形ボーナス」であれば、「鬼斬りRUSH」への突入が確定します!

 

 

一種二種混合機の神髄!1/6.7を射止めよ!

 

 

大当たりを消化し終えると時短1回の「鬼斬りチャレンジ」へと突入。さらに余り保留最大4個分を消化できる「大勝負ゾーン」と合わせた5回転の間に、約1/6.7の大当たりを引くことができれば「鬼斬りRUSH」ゲット!突入率は約58.1%となっています。

 

 

液晶下部「LAST」という文字の上と、液晶右側に青字で4と表示されているところが電チュー保留です。

4つ貯まるまでは右打ちを止めないように注意!

 

 

「鬼斬りチャレンジ」突入後1回転目、「好機到来だ!」と共に迫りくる八五郎…!

 

 

 

「まだまだ!」と表示され八五郎がどんどん近づいてきました。前作に搭載されていた「てぇへんだゾーン」を彷彿させる演出になっていますね。頼むぞ八五郎!

 

 

 

 

 

「まだまだ!」が赤まで到達し、最終煽りへ。八五郎の目には炎が…!

 

 

 

見事大当たり!1回転で射止めることができました!そして…

 

 

 

 

図柄が昇格し「超銭形ボーナス」ゲット!

電チュー保留では3R大当たりと10R大当たりの比率が1:1になるので、「三・七」図柄以外で大当たりした際も昇格に期待しましょう!

 

 

鬼斬りRUSH

 

 

「鬼斬りチャレンジ」突破で「鬼斬りRUSH」へ突入します。「鬼斬りチャレンジ」は時短1回でしたがこちらは時短6回。そしてもちろん「大勝負ゾーン」もあります!

 

「鬼斬りRUSH」(6回転)+「大勝負ゾーン」(4回転)の合計10回転、約1/6.7の確率で大当たりの抽選を受けることができ、その継続期待度は81%と前作を大きく上回っていますよ!

 

 

一種二種混合機の他機種では毎回転必ずリーチがかかるものもありますが、本機は異なります。回転開始時の強演出からリーチ発展を祈って毎回転楽しみましょう!

 

 

 

 

気づけば早くも残り1回転…しかしここで好機到来!さらに赤セリフが出現!

 

 

 

発展したのは「御用バトル」

 

 

 

「鬼斬りRUSH」中も赤セリフはもちろんチャンス!

 

 

 

当落告知の大半はプッシュボタンを経由します。レインボーボタン等のプレミアムパターンもある模様!

 

 

 

 

一件落着、見事大当たり!

 

 

 

今回は3Rの「銭形ボーナス」

右打ち中は10Rとの振り分けが1:1なので、ここのヒキでも獲得出玉は大きく左右します!

 

 

 

 

 

 

6回転で大当たりを射止めることができなかった場合は、残り保留を消化できる「大勝負ゾーン」へ突入。ステージや各種演出は通常時のものになりますが、先ほどまでと同じく約1/6.7で大当たりを抽選。残り保留が4つある場合は、大当たり期待度が約48.5%もあるのでチャンスは残されてますよ!

 

 

 

残り3回転となったところで、熱そうな「情SPリーチ」へ発展。ここは外すわけにはいきません…!

 

「八五郎ver.」と「お静ver.」の二種類が存在し、今回発展した「お静ver.」の方がチャンスとなります!そしてここで…

 

 

 

神出鬼没の「群演出」が出現!そして最終煽りでボタンをプッシュすると…

 

 

 

 

これは3Rの大当たりでしたが、ここから再び「鬼斬RUSH」へと突入し、また81%継続を味わえます!

 

 

最後に、ホール実戦時に役に立つかもしれない連チャン終了時に関するプチ情報をお届け!

 

 

本機で連チャン終了となるのは、このように「大勝負ゾーン」の残り回数が無くなった時。最後の1回転が外れた時点で通常時となり、左打ちに戻して次の大当たりを目指すことになります。

 

 

 

ヘソに玉を入れると「大勝負ゾーン」の表示が消えるのですが、ここが注意点。

連チャン数・獲得玉数は、「大勝負ゾーン」終了後には表示されません!

 

 

 

このリザルト画面は「鬼斬りRUSH」終了時に撮影したもの。

「NEXT 大勝負ゾーン」という表記があるように、この画面はあくまでメインの連チャンゾーンである「鬼斬りRUSH」の終了を指しています。「大勝負ゾーン」は残保留を使用したチャンスゾーンとなっているので、もし残保留が無ければ「大勝負ゾーン」には突入しません。その為、リザルト画面はこのタイミングでの表示となっているようです。

 

したがって、連チャン記録などを記念に残したい場合はこのタイミングでカメラを構えておきましょう!ホールで大連チャンした際に是非意識しておいてもらえれば嬉しいです!

 

 

9月2日 ホール導入開始!

 

今回は「P銭形平次2」の試打レポートをお届けしました!

 

前作から約2年ぶりの登場となる本機は、より当たりやすく、より連チャンしやすくなって登場。

大当たり1回の最大出玉こそ減っているものの、当たることの楽しみを味わえるバランスの良い台になっていると思います!

前作の「大銭役物」からさらに進化した「超巨銭役物」のインパクトは写真では伝わりきらないので、是非ホールで体感して欲しいです!

 

 

気になる導入日は9月2日。お楽しみに!

 

この記事を共有

いいね!する

0

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列