遊動、新プロジェクトに熱視線〜北電子×Gナスカ

遊動、新プロジェクトに熱視線〜北電子×Gナスカ eyecatch-image

 北電子とグローリーナスカは8月27日、東京スカイツリー イーストタワーで3回目となる共同展示会「INNOVATIVE SOLUTION FAIR 2019」を開催した。

 この展示会は、両社が共同開発したマーケティングシステム『遊動』(2017年発表)を中心に、両社の最新システム・サービスが展示・発表される場。全国3会場のトップバッターとなった東京会場には、当日多くのホール関係者が駆けつけ、併催されたセミナー(2部制)も各部100名(計200名)が満員御礼となった。

 特に、会場で熱視線が注がれたのは、『遊動』の共同プロジェクト第二弾となる「アクティブ連携」。この「アクティブ連携」では、北電子社のホールコンピュータ『VOLFORCE(ボルフォース)』と、グローリーナスカ社のICカード・会員管理システム『EXSIMシリーズ』が連携した情報を、リアルタイムで現場オペレーションへフィードバックすることを実現。そこから生まれる「接客力・セキュリティアップ」「業務効率アップ」などの新たな魅力が、来場者の関心を集めた。

 このほか、北電子社からはクラウドサービス『Kitac Cloud』やデータ表示器、グローリーナスカ社からは『EXSIMシリーズ』や紙幣整理機、顔認証システムーー等々。既存・最新製品から参考出品まで集まった製品群が、来場者の興味を引いた。

 また、併催されたセミナーには遊技業界ジャーナリスト・POKKA吉田氏が登壇。短期・中期的な業界展望について、型式試験動向や旧規則機撤去状況など直近の業界事情を踏まえ、独自の視点から考えを語った。

(提供:月刊グリーンべると)

提供:月刊グリーンべると 画像1 提供:月刊グリーンべると 画像2

この記事を共有

いいね!する

1

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る