パチスロのコンテンツが楽しい、新業態バーが開店

 パチンコ・パチスロなどの企画・プロモーションを手がけるエースプロは9月21日、東京・秋葉原に新業態店舗「電脳シューティングバーSENGOKU」をオープン。10月8日にプレス向け試射会を開催した。

 試射会で同店・光森尚純店長は、「エースプロならではの面白いお店となっています。是非たくさんの方にお越しいただきたいです」と語った。また店長によれば、オープンから新感覚のシューティングバーとあってすでに多くの来店客を集めており、秋葉原界隈のサバイバルゲームの愛好家やソフトエアガン好き、会社帰りのサラリーマンなどが多いという。

 この「SENGOKU」は、エアガンを打てるだけのシューティングバーとは異なり、世界初となるシューティングシステムを備えた体験型のゲームバー。84インチの大型モニターとソフトエアガンを用いて、画面で展開されるゲームも楽しめるのが魅力だ。また、その見どころはシステムのみならず、収録されている12種のゲームにもある。全コンテンツは同社(エースプロ)が企画・開発を行っており、そのうち3種類にはパチスロのコンテンツを用いたゲームも収録。現在楽しめるコンテンツには、遊技機メーカーのサミーの「猛獣王」やユニバーサルエンターテインメントの「アナザーゴッドハーデス」などとコラボしたオリジナルゲームも含まれている。

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列