【Sリング~恐襲ノ連鎖~ 試打#3】「終焉ノ回廊」は初期ポイントに注目!性能を調べてみた!

【Sリング~恐襲ノ連鎖~ 試打#3】「終焉ノ回廊」は初期ポイントに注目!性能を調べてみた! eyecatch-image

今回は、「Sリング~恐襲ノ連鎖~」の通常時に当選するチャンスボーナス「終焉ノ回廊」をご紹介!

 

 

Sリング~恐襲ノ連鎖~ 画像1

 

 

「終焉ノ回廊」は、メインの出玉増加区間「SPIRAL BONUS」の抽選を行なっており、「終焉ノ回廊」をどれだけ突破できるかが出玉を得るための最大のポイントになっています。

 

 

 

Sリング~恐襲ノ連鎖~ 画像2

 

 

「終焉ノ回廊」はリプレイやレア小役などでポイントを貯めて、貯めたポイントによって毎G「SPIRAL BONUS」を抽選するというゲーム性となっています。貯まっているポイントは画面右上にある「心電図」の色と数値で示唆を行なっており、実戦上では200に近ければ近いほどチャンスという印象でした。

 

普通に消化してもメーターの数値や色はどんどん上がっていきますが、メーターが赤まで変化したとしても「SPIRAL BONUS」に当選できずにいると、貯まったポイントはリセットされてしまいます。

呪われる前に貞子から逃げる女子高生のように、リセットされる前に「SPIRAL BONUS」をなんとか射止めましょう!

 

 

「終焉ノ回廊」を15回消化してみた

 

今回の試打で収集できた15回分の実戦データがこちら!

 

Sリング~恐襲ノ連鎖~ 画像3

 

実際に消化してみると、3回に1回は「SPIRAL BONUS」へ繋がる結果となりました。

 

ここで注目してほしいポイントは「SPIRAL BONUS」に当選した際の告知G数です。先ほど説明した通りのゲーム性であれば、ポイントが貯まっていない開始数Gでは相当薄い確率でしか抽選していないと思われますが、「SPIRAL BONUS」が当選した5回中3回は開始数Gで告知されて「SPIRAL BONUS」へ突入しています。

※「終焉ノ回廊」中に「SPIRAL BONUS」が当選すると、残りG数の消化は行われずに即「SPIRAL BONUS」へ突入します。

 

「終焉ノ回廊」突入後の即当たりの多さから、「初期ポイント」がいきなりMAXみたいな状態もあるかもしれません(即当たり時の心電図は通常パターンでした)。「パチスロ史上最恐の告知」となっているので、ボーナス開始後は油断しないように注意しておきましょう!

 

 

最後に、「終焉ノ回廊」終了画面には複数のパターンを確認しました!通常の井戸パターン以外は何かしらの示唆を行なっていると考えられるため、終了画面にも注目です。

 

Sリング~恐襲ノ連鎖~ 画像4

 

Sリング~恐襲ノ連鎖~ 画像5

 

 

コウタローさんからのワンポイントアドバイス

 

Sリング~恐襲ノ連鎖~ 画像6実戦上約1/3で出玉獲得のメイン契機である「SPIRAL BONUS」へ突入したわけですが、本文にも書いてある通りその約半分が終焉ノ回廊開始後数ゲームでの当選となりました。

これは絶対に何かある…そこで可能性が浮上したのがあらかじめ「初期ポイント」を持っているんじゃないかという説!じゃないとあの数ゲームで特に何も引いていないのに当選するのは不可解過ぎるんですよね。

初期ポイントに設定差があるのかとか、本前兆中に引いたレア役等が関係しているかは現時点ではわかりませんが、まず叩きどころは終焉ノ回廊開始後の数ゲーム!ここに気合いを入れましょう!

仮にここで当選しなくても残りの半分はここ以外で当選しているのでチャンスはまだ十分にありますし、リプレイやレア役の連鎖を期待しましょう!

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る