(5/18導入)パチスロ『沖ドキ!2-30』~シリーズ最速の純増約4.0枚!~

パチスロ新台『沖ドキ!2-30』(アクロス製)の導入が5月18日から始まった。大ヒット機『沖ドキ!』の正統後継機となる本機。30φのみで販売され、初代と変わらぬゲーム性を採用し、『沖ドキ!』ファン納得の1台に仕上がっている。

ゲームフローやモードはシリーズ初代を踏襲。ボーナス後は32G間が天国ループのチャンスとなり、お馴染みのハイビスカスランプ点灯でボーナス確定だ。

ATの純増はシリーズ最速となる約4.0枚を実現。ボーナスの獲得枚数はBBが約220枚(AT55G)、RBが約60枚(AT15G)となっている。ボーナス消化中は、リール右の「カナちゃんランプ」点灯でBBの1G連確定だ。

モード移行はボーナス当選が契機となる。また、フリーズ演出から主に移行する最上位の「超ドキドキモード」はループ率90%で、モード転落時は保証モード(32G以内の大当たり確定)に移行するなど、初代と同様の期待感を継承した。

通常時の主なボーナス契機は、「毎ゲーム抽選」(レア役でチャンス)と「規定ゲーム数の到達」(モード毎で異なる。最大999G)。今作では、通常時にモード示唆演出を新たに搭載。例えば、リプレイ入賞時に投入ランプの色が変化する頻度が高いほど「モードB」以上の滞在に期待できるなど、過去のシリーズ機の履歴チェックに代わる、豊富なモード推測が盛り込まれている。

スペックはボーナス初当たり確率が1/399.9(設定1)~1/322.2(設定6)、出玉率が97.0%
~107.0%(設定6)、ベースは50枚あたり51.0Gとなっている。

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列