全日遊連、新型コロナ対策の再徹底を全国ホールに通知

全日遊連、新型コロナ対策の再徹底を全国ホールに通知 eyecatch-image

全日遊連は1月8日、緊急事態宣言の再発令が政府から1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に出されたこと等を受け、新型コロナウイルス拡大防止対策の再徹底について、各都府県方面遊協宛てに通知した。

前回の緊急事態宣言時では、事実と異なる内容(ホール内でのクラスター発生等)のマスコミ報道や、休業要請にも関わらず一部のホールが営業を行っていることを集中的に報道され、ホール業界が大きな被害を受けた。

全日遊連では、ホール営業者が2度と同じ目に合わないよう、ホールで未だクラスター事案が発生していないこと、「ホールの換気実験映像」の公開でホールの換気能力が非常に優れていることを、これまで広報してきた。

文書では、前回の緊急事態宣言時のようにマスコミ報道などで業界がスケープゴートにされることがないよう、また、クラスターを絶対に発生させないよう、「パチンコ・パチスロ店営業における新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドライン」の遵守を、各都府県方面遊協に対し、改めて組合員ホールに周知するよう求めている。

Copyright © 2021 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

1

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る