組合加盟パチンコ店、1年間で584店舗減少

組合加盟パチンコ店、1年間で584店舗減少 eyecatch-image

全日遊連はこのほど、毎月公表している組合員加盟店舗の実態調査結果について、最新版(1月15日集計分)を発表した。

2020年12月末時点での組合加盟店舗数は8,302店舗で、前月比19店舗減となった。12月の新規店舗数は9店舗、廃業店舗数は37店舗となっている。

組合加盟店舗数は、2019年12月末が8,886店舗だったことから、この1年間で584店舗が減少したこととなる。また、2020年1年間の新規店舗数の合計は90店舗、廃業店舗数は612店舗となっている。

遊技機の総設置台数は、2020年12月末時点で370万7,804台。内訳はパチンコが224万4,798台(前月比585台増)、パチスロが146万2,969台(同667台減)、その他が37台(同増減なし)となる。2019年12月末との比較では、遊技機の総設置台数は19万2,799台減(パチンコが12万5,788台減、パチスロが67,011台減、その他が増減なし)となっている。

Copyright © 2021 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

1

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る