静岡・西伊豆町のパチンコ店経営会社役員らが「自家買い」容疑で摘発

静岡・西伊豆町のパチンコ店経営会社役員らが「自家買い」容疑で摘発 eyecatch-image

静岡県警大仁署は9月14日、静岡県西伊豆町の会社と、この会社の男性役員(50)、経理担当の女性社員(49)を風営法違反(賞品の買い取り)の容疑で、静岡地検沼津支部に書類送検した。9月15日付の読売新聞電子版が報じた。

発表によると、2人は今年4月中旬、西伊豆町の会社が営業するパチンコ店で、客に提供した特殊景品6枚(2,800円)を直接、買い取った疑い。店の近くには当時、景品交換所がなかったという。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る