ガリぞうが語る「打たない勇気」とは?最終回の収録でまさかの実戦ナシ!【収支日記#51:2021年3月16日(火)~3月22日(月)】 (1/3)

ガリぞうが語る「打たない勇気」とは?最終回の収録でまさかの実戦ナシ!【収支日記#51:2021年3月16日(火)~3月22日(月)】 eyecatch-image

バックナンバーはこちら

ガリぞう プロフィール
ガリぞう

北海道出身のパチスロライター兼パチスロ生活者。パチスロについての自作サイト運営から、漫画原作者およびライターに。漫画「プロスロ」は16年の長期連載。現在は実稼動経験と豊富すぎる知識に基づく勝ち方、打ち方で魅せる動画で多くの支持を集める。特にジャグラーに関して圧倒的なノウハウを持つ「ジャグ神」

Twitter
https://twitter.com/garizo2

2021年3/16[日]~3/22[月]収支 稼働なし 合計 稼働日:0日

 

今週の収支日記は、3月16日~3月22日の1週間です。あらかじめお伝えしておくと、今週は「収支日記」じゃありません。

ほぼ実戦できていない週だった為、実戦記が1つもありません。

その代わりと言う訳じゃありませんが、これまでに私が現場で培ってきたパチスロで勝つ為に必要と思えた体験談をいくつかお話ししていきます。

 

 

3月17日:並びの価値

 

この日は福岡県久留米市で「プロスロ13」の収録でした。ただ、当シリーズは動画の公開が諸事情により大幅に遅れているので、実戦内容は割愛させて頂きます。

 

この日は設置台数420台中、246人の並びでした。これが少ないと思えるほど昨今の福岡県での収録は異常な並び人数なのですが、これはこれでメリットもあります。

 

そう、私は十数年前までパチンコ屋に一切並ばない人でした。行事的な空気でほぼ無意味に長時間並ぶ事はありましたが、狙い台を取る為に定例並びはほぼやらずに立ち回っていました。勿論、並ばずとも十分な成績をあげられる自信と実績があったからですが。しかし、時代の流れと共に並ばずをえなくなり、1時間・2時間と並ぶように。

 

しかし、実際に並び始めてみると、「狙い台を取る」以外のメリットが多い事に気付いてきました。そこで今回は、私が過去の稼働で感じた並びのメリットをいくつか挙げていきます。

 

 

メリット① 情報収集

 

狙い台を取る為に1時間程の並びを入れていると、いつもパチンコ専門で打つ年配客が後ろに並び始めました。この年配の男性は常連さんで、他客にオカルト論を押し付けるタイプの面倒な方なのですが、毎日のように来ていて店員達とも仲良く話します。そんな年配客にロックオンされたのか、この日は私に話し掛けてきました。

 

「俺はここの店長とも仲良かったから見つける度に話してたんだけどよ。今月頭に○○店に飛ばされちまってな。」

 

私は知らなかったのですが、並んでいたおかげで店長が最近変わったという情報を得られました。こうして開店前の並びは情報交換の場として使われる事も多く、その情報のおかげで安定した収入を数ヶ月得られたなんて事も過去に多々ありました。こうした活用法も開店前の並びにはあると思っています。

 

 

メリット② 状況示唆の告知

 

とある店で1時間ほど並んでいた時の事。14時開店の時差という事もあり、町外れの店舗ながら並び人数は100人以上にまで増えていました。やがてホールの入り口から店員が出てきて、並びの整列を始めました。

しかし、ただ客達を整列させるだけじゃなく、客の1人1人に「今日はジャグラーお勧めでーす!」と言い回っているのです。勿論、広告規制的にやっちゃ駄目な事ですが、少なくとも並んでいたおかげで「今日はジャグラーが強いかもしれない」という情報を得る事ができました。

 

また、さらに古い話をするなら、開店前から並んでいた客達に「今日は〇〇(機種名)全40台が全6でーす!」と言っていた店もあったり。さすがにコレはアウトだろうと誰もが思うでしょうが、当然ながら〇〇は朝イチからフル稼働に。しかし、蓋を開けてみれば「全6」じゃなく「全力」と言っていたなんて苦しい言い訳を後から店員さんがしていたのですが。

 

何れにしてもこういう店は珍しくなく、朝から並んでまで来てくれるお客さんに対し、サービス的な意味で機種や状況の示唆をする店も少なくありません。店側からの隠れ告知を得られるという意味でも、開店前の並びは有意義になりえると思います。

 

 

メリット③ 常連への溶け込み

 

特に地方に多いのですが、地域によっては閉鎖的なホールも多く、部外者を敵視する常連さん達も少なくありません。最近は少なくなりましたが、敵視が強いあまりに些細な事でイチャモンをつけられる場合もあります。

こうした弊害も「並び中の雑談」という特殊な環境のおかげでわだかまりが溶けて緩和される事も多いです。敵視されなくなると、弊害どころかメリット①で書いたような情報交換の場となりえる事も多々あります。

 

ただ、溶け込みすぎると逆の弊害も待っています。常連さんの誰かが狙っている台やヤメた後の台を打ちにくくなったりする場合もあります。溶け込みすぎず、付かず離れず位がちょうど良いのかもしれません。

 

以上です。

如何でしょうか。

この収録日も並び人数が多く、その多くが「メイン通路の番長3とマイ4が強い」と話されていたので、普段の設定状況を知り得る事ができました。

 

コロナ禍の影響もありモバイル抽選に移りつつある昨今、「開店前の並び」というパチンコ屋特有の風物詩も徐々に失われつつあります。それでも情勢が落ち着いた時は、特に狙い台もないまま開店前に並んでみると、思わぬメリットに遭遇するかもしれませんよ。

この記事を共有

いいね!する

358
  • 1:2021-05-18 13:28:48高設定を打つことばかりに囚われてしまって、低設定を打ってしまうかもしれないリスクを忘れがちになっていました。  実戦記はなくとも、勝ちに繋がるとても為になるコラムでした。ありがとうございます。
  • 2:2021-05-18 17:13:55リモートジャグオフの動画、広告入れすぎじゃないですか?収支日記見るとスロットで凄く稼いでるのに、なんか広告多いと萎えますね。
  • 3:2021-05-21 09:27:09来店系のイベントは、演者さんがご自身で店選びできないっていうのが最大の難しいところですよね。 ガリゾウさんでも地元稼働より実績落ちてると聞きました。 僕はできるだけ、店との駆け引きで勝てる店をより選ぶようになりました。 いつも勉強なってます!

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る