×

【S黄門ちゃま喝2】前作の再現度やいかに?6.5号機で登場する「ちゃま喝」新台をレビュー!

【S黄門ちゃま喝2】前作の再現度やいかに?6.5号機で登場する「ちゃま喝」新台をレビュー! eyecatch-image

チワッスあしのです。

 

こちらは平和さんの最新作『S黄門ちゃま喝2』のレビュー記事です。5号機時代に大人気を博した大変ファンの多い機種の後継機。6.5号機ということで開発の自由度も高まり、大まかなゲーム性そのままに現代に蘇る?

 

個人的にも大変楽しみな機種ですがありがたいことに導入よりも一足先に試打させて頂く機会をいただきましたので、前作がどの程度再現されているか、あるいは新しくなったのはどこか! という部分を集中的にレビューしてみたいと思います。なお細かい数字はまだ出る前の試打なので、良くわからない部分は「そうじゃなかろうか」という予測の元に書いております。その辺は判明し次第、追って「なな徹」にてご紹介いたします!

 

それではどうぞ! 各項目は5段階評価です!

 

 

だいぶ再現されてる! 前作ファン歓喜の出来映え!

 

S黄門ちゃま喝2試打 レビュー「スペック・ゲーム性」

 

・前作のゲーム性を完全踏襲。

・「家康降臨」がちょっと出やすく? ただ100Gが多めだった

・あたりまえだけど少しマイルドになってるっぽい?

 

スペック・ゲーム性に関してですが、まずは気になる「再現度」について。これはもう文句なし。演出やら音を含め前作が完全に踏襲されています。2というかリメイクに近い感触。「喝」が好きだった人には大歓迎ですが、これを「代わり映えしない」と捉える人ももしかしたらいるかも。筆者は前作大好きだったので非常に嬉しいです。通常時のポイントのたまりが早くなってるので、全体的なゲーム性はテンポアップしています。

 

あと、あくまでも打った感じの印象ですが、前作よりもちょっと当たりやすく、かつ上乗せ性能がマイルドになってた印象。その代わり「家康降臨」の出現率は上がってるような気がします。

 

>>家康降臨の詳細はこちら

 

あくまでも筆者の実戦値ですが、印籠チャンス18回に対し「家康」が4回。まあでも前作もオール裏でやった場合はだいたい1/8が家康だったので、そこまで大幅に変わってるわけでもないのか。あと下でも詳しく述べますが、今回は「女神盛」と同じく印籠チャンス時にレベルアップが発生することがあり、裏・表の選択にしっかり戦略性が生まれそうな感じでした。

 

 

S黄門ちゃま喝2試打 家康降臨

 

・全体的にテンポアップ。310(みと)ポイントのたまりが早い?

 

打感の大きな違いとして、ゲーム全体の流れのスピード感がアップしてる部分がありました。特に通常時。あと設定6を打ったせいだと思いますが、310(みと)ポイントのたまりが早く緑でもしっかり仕事してくれる感じ。「喝ゾーン」も結構ポンポン入ったし、かなり展開速度が早く感じました。この辺は実際の数値が出ないとなんとも言えないのですが筆者も気になってます。具体的な数値が出次第「なな徹」にてご報告いたします!

 

 

S黄門ちゃま喝2試打 喝ゾーン

 

というわけで今作は速度感を含めて前作と細かい違いはあれど、ファンならバッチシ安心して楽しめる仕様となっていると感じた次第。本作の場合、ここが一番大事なところ。ただし逆に言うと前作が苦手だった人は同じ印象になっちゃうかも。というわけで★4つでお願いします!

 

>>喝ゾーンの詳細はこちら

 

 

AT中も懐かしい感じ。周期抽選はなくなってる。

 

S黄門ちゃま喝2試打 レビュー「AT中」

 

・基本的には前作と同じ流れ

・ただしゲーム数でのステージ移動と上乗せは無くなってる

・代わりにAT中もポイントによる抽選あり

・「印籠チャンス」は内部レベルあり?

 

AT中も基本的には前作と一緒。ただし20Gごとのステージ移動と、それに伴う上乗せ抽選が無くなってました。今作ではステージ移動は上乗せ前兆で発生するようになっています。その代わり、AT中も310ポイントによる上乗せ抽選(印籠チャンス抽選)あり。しかもAT中はメイン小役が連続して揃いやすくなっているので、必然的に310ルーレットも赤が来やすい仕様になっていました。

 

 

実戦上の310ルーレット確率
状態 御一行箱(緑) 印籠箱(赤)
通常時 1/95 1/190
AT中 1/153 1/34

 

また前作との違いとしては「印籠チャンス」突入時に時折成功確率の格上げが発生していた点。この辺は「女神盛」にちょっと近いかも。今回の実戦では「裏」選択時の「家康降臨」が50%になったケースがありました。というか格上げ発生時は毎回50%になってた感じです。

 

 

S黄門ちゃま喝2試打 上乗せ選択画面

 

こうなると「裏」を選びたくなるのが人情。今回の実戦ではこのような格上げが4回発生し、3回成功しました(表からの成功も一度あり)。前作みたいに「勝負」とか「安定」みたいな細かいルートは選べなくなってますが、その分「レベルアップした時にどっちを選ぶか」というのにモロにそれぞれの性格が出そう。筆者は「レベルアップ時はオール裏」で何もない時はオール表でやりました! 設定6実戦の内容は近日公開予定。お楽しみに。

 

細かい違いはあるとはいえ、「喝」の後継機としては非常によく出来てました。前作もそこまで爆裂機というわけではなかったですし、これはホントに6号機というのをあんまり意識せずに打てそうです。ここの★は4つで!

 

>>印籠チャンスの詳細はこちら

 

 

シンプルな通常時。良くも悪くも前作通り。

 

S黄門ちゃま喝2試打 レビュー「通常時」

 

・演出は完全新規。ただしシステムはほぼ一緒

・前作と同じく、ポイントがなかなか貯まらないとちょっとイライラする

・ただし大量獲得の契機は増えてる気がする

・御一行チャレンジは「後告知」が面白かった

 

前作は「緑」のポイントはリプレイ対応でしたが、今回はリプレイの小V型(左中段・中下段。右中段)でもポイント獲得、コンボ継続となるので大量獲得の契機自体は増えてます。それでもたまらない時は全然たまらないのでちょっとイライラしちゃうのも前作からそのまま踏襲。この辺は好き嫌いが分かれる所かも。あと「喝ゾーン」は前作よりちょっと入りやすくなってた気がしますが、これはもしかしたら設定6を打ったからかも。情報を待ちましょう。

 

 

S黄門ちゃま喝2試打 御一行チャレンジ

 

S黄門ちゃま喝2試打 御一行チャレンジ後告知 

 

CZ「御一行チャレンジ」は「チャンス告知」「完全告知」「演出告知」「後告知」の4つ。一応全部試しましたが、個人的なオススメは「後告知」。「女神盛」でもありましたが、八兵衛が活躍する、レトロRPG風のやつですな。あと「演出告知」も面白かったッス。当然成功率に差はナシなので、お好みでどうぞ。

 

というわけで通常時は可もなく不可もなく、ソツのない感じの★3です。

 

>>CZ「御一行チャレンジ」の詳細はこちら

 

 

9回2死満塁や家康降臨など、大量上乗せのチャンスはそのまま!

 

S黄門ちゃま喝2試打 レビュー「上乗せ契機」

 

・前作通り、上乗せ契機は随所に散りばめられてるイメージ

・AT中に310ポイントがたまるようになった事で、上乗せ自体は発生しやすく?

・「9回2死満塁チャンス」は体験できた(+50だった)

・お銀同行はストックじゃなくなってる?

 

「初代モード」「9回2死満塁チャンス」「家康降臨」など、大量上乗せのトリガーはしっかり踏襲。AT中の仕様変更によりちょっと上乗せしやすくなってるので、どこかでデカくドーンと乗せるというよりも、細かく乗せていくゲーム性に感じられました。

 

リールロック演出は一度も発生しなかったので、もしかして無いのかも。ということは「運命の分かれ道」とかは無くなってるのかな? ちょっとまだ具体的な情報が出てないのですが、「印籠チャンス」自体の大量ストック要素があるのかどうかがちょっと気になります。また、今回はお銀同行が上乗せの前兆演出になってました。もしかしたらストック所持中にも出てくるのかもしれませんが、残念ながら確認できず。てかポイント式になってるし、もしかしたらストック自体ないのかも?

 

 

S黄門ちゃま喝2試打 9回2死満塁チャンス

 

「9回2死満塁チャンス」は実戦上1/9で発生。今作はお銀ちゃんが打者になってました。これ、黄門ちゃまがムキムキになって上半身がはだけるやつはどうなるんだろう。お銀ちゃんリアル絵になるのかな。と、このへんは実機で打ち込んで確かめてみたいと思います。

 

また「家康降臨」に関しては3/4で100Gで、突破した1回は144G上乗せでした。これでも結構デカイ! 6号機になって上乗せ性能がどうなったのか心配な方も多いと思いますが、概ね前作通りの打感。むしろよく再現されてんなァと思いました。というわけでココは★4つ!

 

>>萌えろ!9回2死満塁チャンスの詳細はこちら

 

 

前作のファンには間違いなくオススメ! 結構そのまんまです。

 

S黄門ちゃま喝2試打 レビュー「オススメ度」

 

とにかく再現度が高いので、前作ファンは安心して打てる事間違いなし。ご期待ください。もちろん細かい違いはあるのですがまあそこは仕方なしです。

 

一方でポイント関連のシステムがちょっと変わったことにより全体的なテンポがアップしてて遊びやすくなってる点も高評価ポイント。通常時は緑のコンボが、そしてAT中は赤のコンボが発生しやすくなっています。特にAT中のポイント導入はかなり大きな違いで、初期ゲームのみの駆け抜け自体は減ってると思います。この辺は「遊びやすくなってる」のかも。

 

というわけで全体のオススメ度は★4です!

 

 

今回のレビュー結果

 

S黄門ちゃま喝2試打 総合レビュー

 

 

S黄門ちゃま喝2 画像13ついこないだまでホールにあった気がするのに、打ったら超懐かしかった

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る