×

【6.5号機好調】パチンコに続きパチスロも面白くなってきたことで直面するプレイヤーのリスクとは?

【6.5号機好調】パチンコに続きパチスロも面白くなってきたことで直面するプレイヤーのリスクとは? eyecatch-image

パチスロ6.5号機が好調である。特に犬夜叉、カバネリの2機種は、導入以来の高支持率を維持しており、早くも市場牽引役のポジションを不動のものにしている。さらに今後も、秋口にかけてビッグタイトルのリリースが続き、11月にはいよいよスマスロが市場投入予定だ(すでに数機種が適合済である)。5号機の段階的撤去に伴い続落していたパチスロ市場は、完全に目覚めの時を迎えたと言っていい。まこと慶事である。

 

もちろん一撃性と出玉スピードを物差しにするなら、それでも現行P機に圧倒的な分がある事実は揺るがないが、パチスロにはそれを補って余りある「ゲーム性」がある。通常ゲーム中は、ATやボーナス突入トリガーの多彩さと意外性。ATを引き当てた後は、どんなに狭い入り口からでも、自力で出玉を積み上げていける「やったった感」。どっちがいい悪いと比べられるものではなく、パチンコとは面白さも高揚感も異なるゲームであるし、どっちも打ててこそのパチンコホールであろう。

 

これまでの6号機に物足りなさを感じていたプレイヤーは高射幸性パチンコに流れた(僕もそうである)。しかし差枚数2400枚リミッターへの緩和と、有利区間ON・OFFをうまく使った引き戻しゾーンの実装で、「終わらないかもこれ」的な5号機全盛時の打感が蘇りつつあるのだ。すべてが噛み合った時の万能感、夢心地のウィニングランタイム……犬夜叉でブッ刺さった気持ちよさは、まさにパチスロかくあるべしを思い出させてくれる。素晴らしい! やっぱこうじゃないとねぇ。

 

一方、ハイスペック競争の激化で、やや飛ばし過ぎの感が否定できないパチンコにも、今のところネガティブな規制の情報は出ていない。どころか、来春登場予定のスマパチでは、さらなるスペック緩和でより刺激的なゲーム性が実現される模様だ。すなわち、パチンコとパチスロ、両輪揃ったホール環境が戻ってくるわけで、プレイヤーの立場からすればうれしい悲鳴の状況が、もうすぐ。お金貯めとかなきゃなぁ(笑)。

 

そう。台はいい、ホールも出す気満々、それでもえらいこと負けてしまうリスクを、よりシビアに受け止めなくてはならない状況となることも忘れてはならない。面白い=荒い。出る=同じだけ負ける。残念ながらこれが厳しい現実である。出玉速度を追求したパチンコは、通常時の打ち込み時間が占める割合が圧倒的に高くなり、引けない続かない不運が重なると、回ってようが関係なく恐ろしく負けるゲームとなった。逆に噛み合った時は信じられない出玉を吐き出すわけだが、その運に恵まれない僕など、この2年間これまで38年のパチンコ歴でも理解が追いつかない金額をホールに貢ぎ続けている。

※ぶっちゃけ言うと、月に15日〜20日ほど、平均7時間ほど打って、多い月でマイナス40万、平均しても20万ほどの負け越しである(細かな収支をつけていないのであくまで概算である)。トータルしたらそんなに酷い台は打ってないと思うのだが、勝率で言うなら、2割ほどであろうか。月間勝ち越しなど、もう1年以上記憶にない。

 

そこに6.5号機、さらにスマスロ、スマパチが加わると……さて財布が保つのか、マジで心配になってくる。期待値とか収束とか何それ? みたいな荒いマシンが人気を博すことになるだろうが、でもこれが業界の、そして多くのユーザーが望むパチンコ、パチスロの姿なのだ。期待値のある台をパチプロが何日も追って大きく負け越したりする。時間粗利2千円を超えるようなボッタクリ台が10万発出たりする。だからプレイヤー必敗が宿命づけられた業界構造においても、ホールは「出ます出します」が謳えるし、「いいお客様」も夢を見られる。荒いは正義なのだ、ホールにとって、そしてプロ以外の圧倒的多数のプレイヤーにとって。僕自身、いくら負けにくいといっても全台が甘デジみたくなってしまったら、打つ頻度も投資額も大きく減ってしまうだろう。負けると解っていてもついつい……自己責任の、大人の遊びなのだ。短期視点ではやっぱギャンブルなのだ。それでいいじゃないかと思う。

 

そんなわけで、期待と同じだけの(資金面での)不安もはらみながら、次世代のパチンコ・パチスロの船出が始まっている。うまく付き合っていくには、知識や技術よりもやっぱり「自制心」。この原点に立ち返らなきゃと自戒を込めて強調させていただこう。

この記事を共有

いいね!する

54

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る