×

【Pうしおととら~超獣SPEC~】試打で見えてきた各ポイントをレビュー!バカボンと比べてどう進化しているのか?

【Pうしおととら~超獣SPEC~】試打で見えてきた各ポイントをレビュー!バカボンと比べてどう進化しているのか? eyecatch-image

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回は注目の新台「Pうしおととら~超獣SPEC~」を試打してきましたので、スペックや演出はどんな感じだったかをユーザー目線でレビューしていきたいと思います!

 

本機のスペックや各種演出の信頼度、ボーダーラインなどは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

>>「Pうしおととら~超獣SPEC~」の解析情報はこちら

 

 

「獣の槍」ギミックのデザインが秀逸

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ ギミック・盤面構成

 

演出で作動する主要ギミックは「獣の槍」のみとなっており、激アツ演出や当落ジャッジなど様々な場面で作動。柄に刻まれた文字も忠実に再現されており、かなり完成度の高いギミックとなっています。

 

Daiichiの機種ということで出玉関係の構造が気になる方も多いかと思いますが、本機でも優秀な盤面上部(屋根部分)の形状&アタッカー性能は健在。主に初当たり時に作動する下アタッカー、連チャン中に作動する上アタッカーの2種類が搭載されていますが、上アタッカー開放時は技術介入を行うことで多くのオーバー入賞を見込むことができそうです。

 

一つ残念なのは盤面右下ポケットの入賞率が微妙なため、少なからず玉減りが起こってしまう可能性がありそうなこと。本機のラッシュは基本的に電サポ回数が短く消化スピードもかなり早いのでそこまで影響は大きくないものの、ここの入賞率が高ければラッシュ中の打感がより爽快なものになっていたハズ…ということで星は4つ。

 

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ 獣の槍ギミック

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ 獣の槍ギミック

 

「獣の槍」ギミックは「我屬在蒼…」という彫り込みも再現されており原作ファンも納得の出来栄えです。役物はこのくらいクオリティの高いギミックが一つあれば十分です!

 

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ オーバー入賞

 

今回実戦した台の個体差か、それとも屋根の形状に若干の変化があったのか、「P神・天才バカボン~神SPEC~」や「P真・一騎当千」と比較して若干減速ポイントがシビアな気がしました。とはいえそれでもオーバー入賞率は5割近くあったので、出玉関係の造りが優秀なことには間違いありません。

 

 

「神SPEC」から「超獣SPEC」へ!

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ スペック・ゲーム性

 

本機は初当たり確率約1/319.69の一種二種混合機。2種類のラッシュを搭載していることやオール10Rであることなど、全体的には「P神・天才バカボン~神SPEC~」に近いゲーム性。最大の注目ポイントは下位ラッシュ中の上位ラッシュ突入振り分けが33%→40%へと大きく上昇していること。その分どこかでしわ寄せがありそうなものですが、ラッシュ突入率やラッシュ継続率、そしてヘソの賞球数といった細かい要素を確認しても「P神・天才バカボン~神SPEC~」の強化版という印象。

 

「神を超えるのは獣のみ」というキャッチコピーに嘘偽りナシ! ということで星は5つ。

 

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ スペック・ゲーム性

 

初当たり時を含め大当たりは全て1500発獲得できる10R、そして初当たり時のラッシュ突入率が75%あることなど「P神・天才バカボン~神SPEC~」で好評だった要素はしっかりと継承。それに加えて上位ラッシュ突入率が強化されているのだから楽しくないハズがありません!

 

 

通常時の演出は大幅に刷新

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ 通常時

 

美麗映像で表現される演出は原作を読んだことのない僕でもかなり興奮する出来栄え。さらにシリーズとしては2作目となる本機ですが、予告からリーチまで新演出が大量に搭載されており、前作を打ち込んだ方も新鮮な気持ちで楽しむことができると思います。

 

演出バランスに関しては大当たり時には先読み&金系予告&四大注目演出がモリモリと絡むパターンが多め。全体的にかなり賑やかな印象はこれまでのDaiichi機種同様といったところでしょうか。個人的に一昔前までのdaiichi機種は演出カスタマイズ機能が微妙だな…と感じていたのですが、「P真・一騎当千」でその印象が激変。本機においても「先読みチャンスモード」などを設定すると非常にメリハリのあるゲーム性を楽しむことができました。

 

一つ気になるのは導光板演出が少々煩わしく感じてしまう場合がある点。液晶演出のクオリティが本当に高かったので、もっと液晶に集中できたら嬉しいなぁ…という思いを込めて☆4つ。

 

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ 先読みチャンスモード

 

「先読みチャンスモード」で打ってみると、100回転以上先読み演出が発生せず発生した際は期待大としっかり先読みチャンスになっていました。メリハリのあるゲーム性を楽しみたい方にオススメです。

 

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ 導光板演出

 

ちなみに導光板演出はこんな感じ。個人的の好みもありますが、せっかくの高クオリティ液晶演出が導光板に隠れてしまうのがもどかしく感じてしまうことも…。

 

 

上位ラッシュ突入率&出玉スピードアップ!

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ ラッシュ中

 

初当たり時は75%で下位ラッシュに突入(25%は通常へ)し、下位ラッシュ中大当たり時の40%で突入する「最強ラッシュ」を目指すゲーム性となっています。「P神・天才バカボン~神SPEC~」と比較して上位ラッシュ突入期待度が高くなっている点は非常に魅力的。

 

また、「P神・天才バカボン~神SPEC~」では電サポ回数が42回転 or 70回転 or 1031回転(+残保留)だったのに対し、本機では9回転 or 15回転 or 250回転に。カウントダウン形式で進行する演出は非常にテンポが良く、Daiichi史上最強のラッシュといっても過言ではない完成度でした。ここは文句なしの☆5です!

 

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ 超白熱BONUS3000

 

下位ラッシュ中の連チャン期待度は「P神・天才バカボン~神SPEC~」が約65%、本機が約64%とわずかに減少。しかし大当たり時の上位ラッシュ突入振り分けが33%→40%へと上昇していることを考えると、むしろその程度でいいの?という感じです(笑)。上位ラッシュ突入時はもちろん10R大当たり×2回が濃厚!

 

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ 最強ラッシュ

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ 最強ラッシュ

 

大当たり直後に「うしお」と「とら」のシルエットが現れれば「最強ラッシュ」突入濃厚!? ラウンド中昇格の可能性もあり、最後まで上位ラッシュ突入の期待が持てる演出バランスになっているのもGOOD!

 

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ 最強ラッシュ

 

下位ラッシュ中は1変動約3秒、「最強ラッシュ」は1変動約1秒ほどとかなりサクサク。演出面でも強く出玉スピードを意識して設計されていて、実戦上カウントダウン文字変化やボタン出現などが発生すれば大当たり濃厚。演出面でもしっかりとドキドキすることができました。

 

 

全力でオススメできる一台

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ オススメ度

 

盤面構成や通常時の演出で多少気になるポイントこそあったものの、非常にハイレベルな台になっていました。スペックの優秀さゆえに「P神・天才バカボン~神SPEC~」を打つ理由が無くなってしまうのでは…? とも思いましたが、そこはラッシュ中のゲーム性でしっかりと差別化。超スピードで大当たりを積み重ねる爽快感を味わいたいなら「Pうしおととら~超獣SPEC~」、大当たりまでの過程をじっくりと味わいたいなら「P神・天才バカボン~神SPEC~」といった感じでその時の気分や好みによって打ち分けることができそうです。ホール導入が非常に楽しみですね!

 

 

今回のレビュー結果

 

Pうしおととら~超獣SPEC~ レビュー

 

 

パン君 アイコン一度「最強ラッシュ」を味わえばハマること間違いナシ

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る