×

【SLOTとある科学の超電磁砲】試打実戦して見えてきたポイントを通常時からATまで詳しくレビュー!

【SLOTとある科学の超電磁砲】試打実戦して見えてきたポイントを通常時からATまで詳しくレビュー! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

超人気作品「とある科学の超電磁砲」が初のパチスロ化! 「6.5号機の最終兵器」というキャッチコピーで登場する本機は、擬似ボーナスに約1/6で当選するループ型ATや藤商事独自の「ULTIMATE LOOP」システムなど注目要素が盛りだくさん。

 

今回は設定6をショールームで試打しその魅力を味わってきましたので、実際に打ってどんな感じだったかを詳しくレビューしていきたいと思います!

 

 

エンディング突入時の期待感は6.5号機最強クラス!?

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】スペック・ゲーム性:☆☆☆☆☆

 

 

まず全体的なスペックやゲーム性について。

 

本機は純増枚数約2.7枚/GのAT機となっておりリアルボーナスは非搭載。通常時・AT中共に小役を引くタイミングが非常に重要なゲーム性で、「デキレ感」を感じさせず毎ゲームの小役や出目にドキドキできるようになっています。ゲーム性の軸となるCZ「真剣抽選(ガチジャッジ)」は約1/100ほどでの突入に期待できるのは高ポイントですね。

 

そして本機の超注目ポイントがエンディング後の引き戻しに関する「ULTIMATE LOOP」システム。引き戻し期待度が約70%もあることに加え通常ルートでのAT初当たりよりも期待枚数が遥かに高い(約1400枚)という破格の性能になっています。ただ、それだけ強力な分「通常ルートで当選したATはかなり性能が控えめなのでは?」や「エンディングなんてまず到達できないのでは?」という不安が生まれてしまうのも事実。ですが、ATの初当たり期待枚数は約600枚OVERなのでエンディングも現実的に狙える性能になっているんです!

 

通常時&AT中のゲーム性、「ULTIMATE LOOP」システムのいずれも非常に魅力的なので☆は5つで!

 

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 完走ED画面

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 5G引き戻し

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー V確定 縦拡大液晶

 

今回の設定6実戦でもエンディング到達→「もう一度頑張ってみよ!」で引き戻しという「ULTIMATE LOOP」システムを実際に経験しました。引き戻し後には上位上乗せ特化ゾーン「SUPER超電磁砲ATTACK」からスタートしたので、期待枚数約1400枚の理由はココにあるのかなと。今回は残念ながら時間が足りずAT中に実戦終了となってしまいましたが、大量のゲーム数を保持している状態だったので「ULTIMATE LOOP」システムをおかわりしていた可能性が高かったと思うと震えますね。

 

上ブレしたときの一撃性能は間違いなく6.5号機トップクラスだと思います。

 

ちなみに本機はコンプリート機能搭載機のためMY19,000枚で打ち止めとなりますが、むしろそこまで出せば自慢できるので是非達成してみたいですね!

 

 

レア小役への依存度が低くメイン小役でも熱くなれる

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 通常時

 

初当たりのきっかけとなるのがCZ「真剣抽選(ガチジャッジ)」。突入確率は1/107.7(設定1)~103.4(設定6)であることが判明しており、設定を問わず1/100程度でAT当選に期待が持てます。「真剣抽選(ガチジャッジ)」突入までの道中では「超電磁砲量産(レディオノイズ)計画」によるパネル昇格抽選が存在、そして「真剣抽選(ガチジャッジ)」消化中は成立役とタイミングが鍵を握るというレバーオンに非常に力の入る抽選システムとなっており、チャンスゾーン周りのシステムは非常に良く出来ていると感じました。

 

そしてメインAT突入への最終関門となる「超電磁砲CHANCE」。今回打ったのは設定6ということもあり突破にストレスを感じなかったので「レア小役が引けなくてもイケるじゃん!」と好感触でした。が、おそらく低設定だとそんなに上手いことはいかずキツイ印象を受けるのかなと。とはいえ「真剣抽選(ガチジャッジ)」突入率にほぼ設定差がないことを考えれば、そこからの「超電磁砲CHANCE」そして「Eternal Party RUSH(エターナルパーティーラッシュ)」当選率に差が生まれるのは当然のこと。

 

しっかりとパチスロとしての楽しみを味わえる通常時に仕上がっていると思います! ☆は5つで!

 

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 強チェリー 白井黒子

 

強チェリー or チャンス目成立時は即1000ポイントに到達し、前兆を経て「真剣抽選(ガチジャッジ)」に突入。通常時に強レア小役を引いても…みたいな機種も多いので、チャンスゾーン突入濃厚というのはめちゃ嬉しい仕様です。

 

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 超電磁砲チャンス演出判定画面

 

「真剣抽選(ガチジャッジ)」ではベル or リプレイ入賞時に表示されているパネルの演出に発展。パネルが昇格するほど期待度もアップしていくというゲーム性です。

 

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 真剣抽選突入画面

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 真剣抽選Rank4が4枚

 

これは完全に個人的な意見ですが、推しキャラクターの「食蜂操祈(しょくほうみさき)」がエライ存在になっているのがめっちゃ嬉しかったです。パチンコでも専用演出がありましたが、あまり信頼度が高くなかったですからね…。

 

「とあるポイント」MAX到達時に「食蜂操祈」登場して「真剣抽選(ガチジャッジ)T」に突入すると、4Gで小役を引くことができれば成功期待度約80%の「エピソード」以上が濃厚! 小役が引けなくてもその後は通常の「真剣抽選(ガチジャッジ)」へと突入するので「超電磁砲CHANCE」当選の大チャンスとなっています。ポイントMAX到達時は「食蜂操祈」の登場に期待!

 

 

AT中に捨てゲームは一切ナシ!

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー AT中

 

メインATは「Eternal Party RUSH」と疑似ボーナスをループさせて出玉獲得を目指すゲーム性。超高確率(約1/6)でボーナスに当選&メイン契機はリプレイとなっているのでラスト1Gまで期待してレバーを叩くことが出来ます。疑似ボーナス中は出玉獲得に加え「Eternal Party RUSH」のゲーム数上乗せを抽選しており、「とあるBONUS」「水着BONUS」「Item BATTLE」「一方通行BONUS」の4種類が存在。

 

当然出現率の低い上位ボーナスほど上乗せ性能は強力なのですが、メインの「とあるBONUS」でもそこそこ上乗せに期待できるのでガッカリ感はなかったです。そしてなにより大きいのは「ULTIMATE LOOP」システムの存在。これによりATが2000枚程度まで伸びた時のドキドキ感は他の6.5号機とは比べ物にならないレベルです。ここも☆5で!

 

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー ラスト33Gチャンス青

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー ボーナス確定

 

おそらくボーナスの抽選は全役で行われるているものだと思われますがメイン契機はリプレイ。今回の試打ではリプレイ成立時の50%以上でボーナスに当選しました。リプレイがテンパイするだけでもドキドキ…最後の最後までボーナス当選に期待が持てるゲーム性です。

 

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー とあるボーナス +19G 結果画面

 

「とあるBONUS」では最高19Gの上乗せを確認。この時は強チェリーを2回引けたりとかなり展開が良かったのですが、それ以外でも3~5G程度の上乗せはそこそこの頻度で発生。上位ボーナスでなくてもある程度の上乗せに期待できました。

 

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 水着ゾーン

 

「Eternal Party RUSH」突入時(セット継続時含む)は「水着ZONE」「Item time」といった特殊ゾーンに突入することがあり、それぞれ4G以内にボーナスを引くことができれば上位ボーナス濃厚! 今引ければ…!といったゾーンが存在することでAT中のゲーム性にメリハリが生まれより魅力的なモノになっています。

 

 

立ち回りで重宝する機種となる可能性大

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 攻略面

 

設定判別に関する要素ですが、前述の通り「真剣抽選(ガチジャッジ)」にはほぼ設定差がなく「超電磁砲CHANCE」&「Eternal Party RUSH」に大きな設定差があるので、おそらく「真剣抽選(ガチジャッジ)」や「超電磁砲CHANCE」の成功率、もしくは直撃的なものに大きな設定差があるのは間違いないでしょう。サンプル数も集めやすいので「真剣抽選(ガチジャッジ)」関連だけでもある程度設定判別はできそうですが、各種終了画面など演出面の判別要素も含めれば6.5号機の中では比較的設定判別はしやすい部類な気がします。

 

そして次に立ち回り要素ですが、パッと思いつくのは「とあるポイント」狙いとパネル狙い。そして条件や恩恵は不明ですが天井狙いもあると考えれば攻めドコロは豊富な機種といえそうです。それに加え本機には嫌なことがあると「ビリビリポイント」を蓄積する「ビリビリポイントシステム」というものある為、ポイントの溜まっている可能性も高くなるハマり台狙いはかなりアツいかもしれません。

 

あくまで試打を行った限りでの印象ではありますが、攻略面に関しては非常に優秀な機種なのではないでしょうか。☆は5つで!

 

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー とあるポイント865ポイント

 

パネルのランクは「超電磁砲CHANCE」に当選するまで転落しないので「真剣抽選(ガチジャッジ)」失敗後に即ヤメされている台は要チェック。「ランク4(赤)」や「ランク5(金)」の数が多ければ次回「真剣抽選(ガチジャッジ)」突入時の期待度は爆上がりするので打つ価値がありそうです。

 

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 超電磁砲チャンス

 

液晶にビリビリと電撃が走れば「ビリビリポイント」を獲得。今回の試打では「超電磁砲CHANCE」準備中のハマりや通常時にいきなり(規定ゲーム数?レア小役間ハマり?)貯まるパターンを確認しました。「ビリビリポイントシステム」の恩恵(AT当選時に発動)は「SUPER超電磁砲ATTACK」突入なので期待度枚数1400枚OVERと超強力。詳しい情報は「なな徹」での続報に期待しましょう!

 

 

本当に完成度が高いし文句なしでオススメ!

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー オススメ度

 

シリーズ一作目とは思えないほどよく考えられてるなぁと思える部分が多く、原作の魅力も存分に活かされておりめちゃくちゃ楽しめました。冒頭でもお伝えした通り通常時・ATいかなるタイミングでも成立役と小役を引くタイミングが重要なゲーム性はまさにパチスロを打ってると感じます。AT中もリプレイがメイン契機&超高確率抽選のおかげで最後の1Gでボーナス当選!…という脳汁パターンにも現実的に期待できるのが嬉しいですね。

 

本当に完成度が高いですし原作ファンもパチスロファンも満足する機械だと思います。当然オススメ度も文句なしで☆は5つで!

 

立ち回り要素なども豊富な機種なので、本機の解析情報には今後も要注目!なな徹を随時チェックしておきましょう!

 

>>「SLOTとある科学の超電磁砲」の解析情報はこちら

 

 

今回のレビュー結果

 

【SLOTとある科学の超電磁砲新台】新台レビュー 総合レビュー

 

 

パン君 アイコンエンディング到達時の恩恵がすごいので、もう少しでエンディングに到達できるかも、という状況ではリプレイを引いただけでも心臓がバクバクしそうです。

この記事を共有

いいね!する

161

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る