×

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン〜G細胞覚醒〜】「バトルボーナス」が面白すぎる!超話題作「ゴジエヴァ」のスペックやゲーム性を徹底紹介!

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン〜G細胞覚醒〜】「バトルボーナス」が面白すぎる!超話題作「ゴジエヴァ」のスペックやゲーム性を徹底紹介! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

「ゴジラ」×「エヴァ」というまさかのコラボレーションが実現したことで大きな話題を集めている「Pゴジラ対エヴァンゲリオン〜G細胞覚醒〜」がいよいよホールデビュー! 初当たり時の半分以上で3000発+ラッシュ突入、ラッシュは継続率81%×オール10Rかつ最大一撃9000発濃厚となる演出が存在するなど、スペック面も非常に力の入った一台となっていますよ。

 

今回はそんな本機のスペック&ゲーム性について「P新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」との比較も混ぜながらわかりやすくご紹介しますので、是非これを読んで初打ちに備えてくださいね。

 

「Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~」の解析情報はこちら

 

 

導入日

 

2022年12月19日

 

 

スペック・大当たり内訳

 

スペック

 

基本仕様
タイプ ミドル
仕様 一種二種混合機
大当たり確率
(通常時)
約1/319.7
大当たり確率
(右打ち中実質)
約1/4.97
超G覚醒バトル
突入率
約50.5%
超G覚醒バトル
継続率
約81%(※1)
賞球 1&5&15
カウント 10カウント
ラウンド 7R or 10R
大当たり出玉
※払い出し個数
約1050個/約1500個
時短回数 0回転/1回転/255回転
潜伏確変 非搭載
遊タイム 非搭載

※1…時短1回転継続率:20.1%+残保留4回転継続率:約70.3%のトータル継続率:約76.3%と、時短255回転継続率:99.99%+残保留4回転継続率:約70.3%のトータル継続率:約99.99%との合算値。特図2に限る

 

 

大当たり内訳

 

ヘソ入賞時

 

Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~ 画像1

 

ラウンド 電サポ 振り分け
10R 超G覚醒バトル(※1) 約50.5%
7R(※2) 時短なし 約49.5%

※1…G覚醒バトル敗北で終了

※2…6ラウンド以降はショート開放

 

 

電チュー入賞時

 

Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~ 画像2

 

ラウンド 電サポ 振り分け
10R 超G覚醒バトル 100%

 

 

通常時の抽選

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 通常 出目375

 

本機は初当たり確率約1/319.7の一種二種混合機。「遊タイム」は非搭載となっており、通常時はシンプルに図柄揃いを目指すゲーム性です。初当たり時の振り分けは「実質3000発(10R×2回)+ラッシュ突入」が50.5%、「1050発+自体なし」が49.5%。「P新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」と比較すると、初当たり時の最低保証出玉が大幅に増加していること、その半面ラッシュ突入率が低下&通常大当たり時は時短ナシとなっていることが大きな違いです。

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説  3テンパイ キングギドラストーリーリーチ

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説  リツコ 金セリフ

 

ちなみに予告~リーチ演出発展までのゲームフローは「P新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」とは全くの別物。さらには本機でしか見られないオリジナル映像が盛りだくさん…というよりかは、確認した限りではおそらくほぼ全てがオリジナル演出&映像で構成されているっぽいです。めちゃくちゃ気合入っていて演出が最高だったので、ぜひホールで体験してください。

 

 

初当たり後の流れ

 

本機の初当たりは「プレミアム超G覚醒ボーナス」と「決戦ボーナス」の2種類。各大当たり突入後の流れをご紹介します。

 

 

プレミアム超G覚醒ボーナス

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説  7揃い

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 プレミアム超G覚醒ボーナス

 

「プレミアム超G覚醒ボーナス」は当選時点で「実質3000発(10R×2回)+ラッシュ突入」が濃厚。今回の試打では全回転を含む通常時の7図柄揃いは全てこの「プレミアム超G覚醒ボーナス」当選となりました。

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 超G覚醒バトル突入

 

10R大当たりを消化し終えると必ず「超G覚醒バトル」へ突入。初当たりのラッシュ突入後は次回10R大当たり当選が濃厚となるので、最低でも約3000発を獲得可能!

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 右アタッカー

 

ついでにここで紹介しておくと、アタッカー自体そしてその周辺の造りは「P新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」とほぼ同じ。溢しルートは存在せず快適な消化が可能となっていますよ。

 

 

決戦ボーナス

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 4揃い 大当たり

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 決戦ボーナス

 

7図柄揃い以外での初当たり時は基本的に「決戦ボーナス」へ突入。ラウンド中は「使徒」を殲滅することができれば「超Gバトル」突入濃厚、殲滅に失敗すると時短ナシで通常時へ。通常時の図柄は紫(偶数)、赤(奇数)、金(7のみ)と分かれているので、赤ならラッシュ突入期待度アップもしくは濃厚といった法則も存在するかもしれませんね。

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 ボーナスラウンド中演出選択画面

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 完全撃破 ボーナス中演出成功

 

ラウンド中の演出は「ストーリーバトルモード(絶対防衛)」or「デバイス告知モード(大進撃)」の2種類。「エヴァ」か、それとも「ゴジラ」か…お好きな方を選択して「使徒」の殲滅を目指しましょう!

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 超G覚醒バトルGET

 

見事「使徒」の殲滅に成功した場合は1500発を獲得し「超G覚醒バトル」へ突入…と「プレミアム超G覚醒ボーナス」と同じ流れ。「使徒」に敗北した場合は7R目以降がショート開放となり、トータル約1050発を獲得して通常時へと戻ります。「P新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」とは異なり時短引き戻しのチャンスはありませんが、1050発あればその出玉によって次の大当たりにも十分期待できるので諦めずに次の初当たりを目指したいですね!

 

 

ラッシュの流れ

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 超G覚醒バトル突入

 

一種二種混合機である本機のラッシュ「超G覚醒バトル」は、電サポ1回 or 255回+残保留の間に約1/4.97の大当たりを目指すゲーム性。ラッシュ中の大当たりはオール10R×継続率約81%というシンプルに強力な性能です。この各種数値を見た限りだと「よくあるショートSTタイプね」という印象を受けるかも知れませんが内部的には複雑な抽選が行われており、ショートSTでありながらラウンドバトルタイプのような打感になっています。そしてラウンドバトルは残保留の抽選結果を参照しているため、次回勝利濃厚や10R×○個濃厚といった様々な告知演出発生に期待できる…という非常に個性的なラッシュになっています。

 

 

ラッシュ突入(継続)~大当たり当選までの流れ

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 右打ち電チュールート

 

電チュー周りやそこ至るルートも「P新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」同様の造りとなっています。ラッシュ突入&継続時は右打ちで消化し大当たりを目指します。

 

ここでの注目ポイントは、本機はショートSTタイプでありながらラッシュ突入(継続)時点で次回10R大当たりが濃厚であること。電サポ回数のメインはおそらく1回転+残保留なのに何故…?と思ったのですが、これは残保留の抽選結果をラウンドバトルに反映、というゲーム性が大きな要因。つまり当該「バトルボーナス」が「電サポ255回転」だった場合は実質連チャン濃厚となるので当然バトルに勝利、そして「電サポ1回転」だった場合でも残保留に大当たりがあればこれもバトル勝利となります。

 

これによってショートSTタイプでありながらラウンドバトルというゲーム性、そして様々な大量出玉を示唆する演出を搭載することができているんですね。

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 バトルボーナス中チャージ演出

 

「超G覚醒バトル」中の大当たり当選保留ではすぐに大当たり開始するパターンとロング変動を経由して大当たり開始となるパターンを確認。後者の場合は上記画像の画面になり、電チューへ玉を入賞させると色が昇格(上位色ほどラウンドバトル勝利期待度アップ)する可能性があります。ただこの間はあくまで電サポ中であるため、もし玉減りが気になるようであれば一旦打ち出しを止めるのもアリかもしれません。

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 バトルボーナス開始前

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 2揃い

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 Vを狙え!

 

「BATTLE開始まで」というアナウンスの後にカウントダウンがスタートするといよいよ「バトルボーナス」開始の合図。先程のタイミングで打ち出しを止めていた方もここでしっかりと打ち出しを開始しましょう!

 

 

バトルボーナスの流れ

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 バトルボーナス

 

本機一番のお楽しみポイントともいえるのが「バトルボーナス」。こちらは必ず1500発を獲得可能。ラウンド中は「使徒」とのバトルが繰り広げられます。

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 バトルリーチ エヴァ量産機★3

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 バトルリーチ ボタン連打演出

 

「バトルボーナス」は「対戦使徒決定」→「先制攻撃煽り」→「回避煽り」→「連打復活」→「ファイナルチャンス」という流れで進行。コンテンツの魅力をたっぷりと楽しめる王道のラウンドバトル演出です!

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 ボーナス アスカの顔アップ

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 勝利(金文字) エヴァ2号機

 

「使徒」に勝利することができればラッシュ継続=次回10R大当たりが確定! バトル中はカットインや助っ人参戦など随所にチャンスアップ演出が存在。勝利タイミングも様々なので、一瞬たりとも目が離せません!

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 次回バトル勝利確定 レインボー文字 吠える初号機

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 暴走モード突入

 

本機は残保留の抽選を参照して演出を決定している為、「Vストック」獲得や「暴走モード」突入など、次回の「バトルボーナス」勝利や複数の10R大当たり当選を示唆する演出を豊富に搭載。これまでのラウンドバトルタイプとは一味違う興奮を味わうことができます。

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 金文字 神生モード突入

 

中には一撃9000発(当該大当たり含む)もの大量獲得が濃厚となる超プレミアム演出「神生モード」なんてものも。ちなみに「超G覚醒バトル」の出玉期待値は1500発(敗北)が約19%、3000発が約41%、4500発が約28.6%、6000発が約9.5%、7500発が約1.7%、9000発が約0.2%。9000発はさすがにハードルが高いものの、「暴走モード」などは意外と見られる機会が多いかも知れませんね!

 

 

バトル敗北時の流れ

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 ファイナルチャレンジ

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 チャージ完了

 

「バトルボーナス」で敗北してしまった場合は「ファイナルチャレンジ」に突入します。ここは大当たりではなく電サポ状態。本機のラッシュは最低でも電サポ1回+残保留(最大4個)ということで合計5回転ですが、大当たり突入時の保留は最大でも4個。ということでここでは規定回転数まで不足していた分の抽選を受けることができます。チャージ完了の文字が発生するまでしっかりと右打ちを続けましょう!

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 ファイナルチャレンジ PUSHボタン演出

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 ファイナルチャレンジ成功 バトルボーナスGET

 

「ファイナルチャンス」はあの名シーンで展開。「シンジ」の呼びかけに「初号機」が応えることができればラッシュ継続!

 

 

【Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~】スペック解説 ラッシュ終了画面9355pt

 

「ファイナルチャンス」で失敗してしまった場合はリザルト画面へ。しかしここでも「レイ背景」やシャッター出現後に復活といったパターンも用意されているので、最後まで諦めずにラッシュ継続を目指しましょう!

 

「Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコンスペック表だけ見たときは「ショートSTかぁ…」と思っていましたが、フタを開けてみればまさかのラウンドバトルタイプ!演出も豊富だしめちゃくちゃ打ち込み甲斐がありそうです♪

 

 

Pゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~ 画像35

この記事を共有

いいね!する

100

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る