【Pフィーバーアクエリオン極合体】初代モードの再現度がすごすぎる!「アクエリオン」シリーズ最新作を試打レビュー!

【Pフィーバーアクエリオン極合体】初代モードの再現度がすごすぎる!「アクエリオン」シリーズ最新作を試打レビュー! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

今回は注目の新台「Pフィーバーアクエリオン極合体」を試打してきましたので、スペックや演出はどんな感じかをユーザー目線でレビューしていきたいと思います。

 

本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

「Pフィーバーアクエリオン極合体」の解析情報はこちら

 

 

ギミックはさすがのクオリティ。出玉関係の造りも申し分ナシ!

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】ギミック・盤面構成★5

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】ソーラーアクエリオン役物

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】ソーラーアクエリオン役物合体

 

本機のギミックは「(ゴールド)ソーラーアクエリオン」の「合体ギミック」と盤面下部にあるロゴギミックの2種類。お馴染みの「合体ギミック」ですが、今作ではシリーズの原点である「ソーラーアクエリオン」が復活しました! 激アツ演出、当落ジャッジ、「3000FEVER」中の1G連告知など様々な場面で大活躍。個人的にはロボットモノのギミックを作らせたらSANKYOの右に出るものなしと思っているのですが、やはりこの「合体ギミック」のデザイン&アクションは本当に素晴らしく、合体が見たいから打ちたい!と思えるほどのパワーを持っていると感じました。

 

しかし、「アクエリオンルナ」「アクエリオンマーズ」のギミックがないのは少々残念なポイント。というのも本作では通常時の演出モードに「初代モード」が搭載されており、初代だと「ソーラーアクエリオン」「アクエリオンルナ」「アクエリオンマーズ」の3機それぞれが擬似連時やスベリ予告などで重要な役割を握っていたからです。演出面は後ほど詳しくレビューしますが「初代モード」の完成度がかなり高かったので、どうせなら「マーズ」&「ルナ」もあればマジで完璧だったな…と。

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】右アタッカー

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】右電チュー

 

続いて盤面構成。出玉に関わるアタッカー・スルー・電チューはSANKYO系機種お馴染みの構成になっており、おそらく「P大開王」とほぼ同じ造りですね。アタッカーに関しては完全に溢しはゼロ。スルー&電チューの右上部分には一応溢しポイントが存在しますが今回の試打では数十発に一発程度しか溢れなかったので、よほどのことがない限りラッシュ中の玉減りは気にならないかと思います。今作のラッシュは高速消化タイプになっていますが、ほぼ保留が途切れることなく爽快なラッシュを楽しむことができますよ。

 

いかんせん通常時の「初代モード」の再現性が高いだけに「マーズ」&「ルナ」のギミックも欲しくなってしまいますが…本機単体での評価として考えればギミック・盤面構成ともに素晴らしい出来だと思いますので☆は5つで!

 

 

ツボにハマったときの爆発力はシリーズ随一!

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】スペック・ゲーム性★4

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】357図柄

 

本機は初当たり確率1/319.688の一種二種混合機。初当たり時の大当たり内訳は「10R大当たり(3000FEVER)+ラッシュ突入」が50%、「10R大当たり+時短なし(通常時へ)」が50%となっています。シリーズ初となる3000発ボーナスである「3000FEVER」を搭載、そして初当たりでのラッシュ突入は必ずその「3000FEVER」とセットになっているのが大きな特徴です。

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】大当たり終了1500発

 

通常大当たりだった場合でもしっかり1500発獲得できるのは嬉しいですね。しかしこれまでの「アクエリオン」シリーズとは異なり引き戻しのチャンスが無い点は歴代シリーズのファンからするとかなり残念な変更点かなと。僕としても多少初当たり時の出玉を削ってもいいから「アクエリオン」では時短を楽しみたかったな…というのが正直な気持ちですね。

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】レバー演出

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】役物「極」

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】4500 文字レインボー

 

初当たり時を含む「3000FEVER」消化中は、上乗せループが発動すれば1500発(10R大当たり)を上乗せ! 本機の右打ち中の大当たり内訳は「10R大当たり(3000FEVER・時短10000回転)」が30%、「10R大当たり+時短10000回」が3%、「10R大当たり+時短111回」が67%となっているのですが、「3000FEVER」当選後2回目の10R大当たりでこの内の30%の振り分けに再当選した場合さらに1G連で10R大当たりに当選するというシステムです。

 

一度上乗せループが発生したあともこの振り分けに当選する限り…すなわち30%で上乗せループ発動からの1G連が継続。4500発…6000発…と1G連が続いた際のイケイケ感は今までの「アクエリオン」シリーズでは味わえなかったモノになっていますよ。

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】極アクエリオンラッシュ獲得

 

連チャンモードである「極アクエリオンラッシュ」は規定回転数内での図柄揃い(約1/94.2)を目指すSTタイプのゲーム性。昨今のスタンダードになりつつある普図抽選タイプなので保留がほぼ切れることなく消化でき、なおかつ超高速消化タイプのゲーム性となっているので非常に爽快感があります。ラッシュ回数は111回 or 10000回となっており、トータルでのラッシュ継続率は約80%。しかしメインである111回転だけに限ってみれば継続率は約69.4%しかないというのは少々厳しい印象を受けます。

 

大当たりはオール10Rかつ「3000FEVER」当選時は1G連でさらに10R大当たり当選にも期待できるのでツボにハマったときの爆発力はシリーズ屈指だと思いますが、初当たりで「3000FEVER」当選→駆け抜け終了という展開もそう珍しくはないでしょう。

 

昨今のトレンドを取り入れたラッシュのゲーム性そして10R大当たりの1G連システム「上乗せループ」のイケイケ感は非常に中毒性が高く、一度本機で大連チャンを味わえば間違いなく虜になるでしょう。しかし初当たり時の振り分けから連チャンシステムまでなにもかもがこれまでの「アクエリオン」シリーズとは異なるので、抵抗感のある方も少なく無いのかなと。かくいう僕も初代から「アクエリオン」に触れてきた人間なので、通常大当たり時は時短が付属、もしくはラッシュの消化スピードを落として演出が楽しめるタイプにするなどどこかしらで「アクエリオン」らしさを継承して欲しかったですね。☆は4つで!

 

 

「初代モード」の完成度に歓喜!

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】通常時★5

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】赤セリフカットイン

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】発信成功で発展”!? PUSHボタン演出

 

本機の通常時は「通常モード」と「初代モード」から選択可能。まずは「通常モード」からご紹介させていただくと、予告・リーチ演出共に「PフィーバーアクエリオンALL STARS」と同じく「創聖のアクエリオン」「アクエリオンEVOL」「アクエリオンロゴス」3作品での演出構成となっています。図柄デザインや予告・リーチ演出の構成なども基本的には近年の「アクエリオン」シリーズと似た雰囲気を持っていますね。

 

「通常モード専用の予告演出」の詳細はこちら

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】青保留 赤吹き出し

 

しかし予告演出においては一つ大きな変化を確認。近年のシリーズ機では「エレメントストック」や「LOVEチャージ」といった演出が通常時において重要な役割を担っていましたが、今回の試打ではそのようなストック(チャージ)系は発生せず「CRフィーバー創聖のアクエリオンEVOL」の頃までに近いオーソドックスな演出フローになっていました。

 

もしかしたら今回たまたま発生しなかっただけで演出自体は搭載されているのかもしれませんが、そうだった場合でも通常時における重要度は低下していると思われます。もしこれらの演出が好きだという方がいたら申し訳ありませんが、どんなに強い予告が出ていても「ストック(チャージ)が微妙だしなぁ…」と萎えてしまうことも多かったので個人的にはめちゃくちゃ嬉しい変化でした。

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】266図柄 緑図柄

 

そして「初代モード」について。初代である「CRフィーバー創聖のアクエリオン」は僕もそれなりに打っていたので、この演出モードの搭載が判明した時にはめちゃくちゃ興奮しました。とはいえ初代踏襲や復刻を謳っていてもその再現性は機種によってマチマチなので期待しすぎないようにしていたのですが…本機の「初代モード」は素晴らしい出来です。

 

「初代モード専用の予告演出」の詳細はこちら

 

まずは通常画面ですが図柄デザイン&背景共に本モード専用のモノに変化、というかほぼ初代そのまま。もちろん「アトランディアモード」や「ダイエットモード」も搭載されております! おそらく初代を打ち込んでいた方ならこの時点で目に涙を浮かべることでしょう。

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】6図柄疑似連

 

そして予告演出ですがこちらもほぼ初代を踏襲。個人的に特に嬉しかったのが枠フラ予告や擬似連時さらには「Vフラッシュ」ではなく「クリステラフラッシュ」のSEまで再現されていること、そして今の時代ではあって当たり前の先読み演出(保留変化含む)も初代と同じく一切発生しないということです。今回試打した限りでは枠フラの出現頻度&初当たりに絡む割合が「通常モード」に比べて高くなっていたので、もしかしたらこのあたりの演出バランスも初代を意識して調整しているのかも?だとしたら本当に素晴らしいですね!

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】2テンパイロングリーチ

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】ベクターリーチ 2ライン

 

リーチ演出ではなんと「ロングリーチ」や「ベクターリーチ」を搭載! どうやらこちらは「初代モード」選択時のみ発生するようです。「初代モード」という名を冠している時点で予告演出が初代っぽくなっているのは当然と考えておりましたが、まさかリーチ演出まで再現してくれるとは。しかしさすがに今の時代に「ベクターリーチ」での大当たりには期待できないだろう…と思いきや、「ベクターソル」だった場合の信頼度は40%以上あるとのこと。出現率はさすがに当時より下がっているのかもしれませんが、あのアツさを再現してくれたのはマジで嬉しいですね。

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】ストーリーリーチ

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】ブラックリーナを撃破しろ!

 

最終的に発展する「アクエリオンリーチ」や「ストーリーリーチ」などは「通常モード」と「初代モード」で共通のようです。ここも「初代モード」選択時は初代通りの構成であれば本当に文句のつけようが無かったんですけどね…。予告演出であれだけ初代を再現できていることを考えると、ここは共通にせざるを得ない理由があったのかなと。幸い「ストーリーリーチ」では「ブラックリーナを撃破しろ!」が搭載されているので、「初代モード」選択時は毎回このリーチに発展することを願いましょう!(笑)

 

「モード共通のリーチ前予告演出」の詳細はこちら

 

ストック&チャージ系演出が無くなったことでより一つ一つの演出に期待が持てるようになった「通常モード」、予告演出はもちろんのことなど各種SEやロングリーチが専用のモノに変化するなど可能な限り初代の演出に近づけた「初代モード」…どちらのモードも本当に素晴らしかったです!

 

「モード共通のリーチ後予告演出」の詳細はこちら

 

細かいことを言えば「初代モード」選択時でも一部新規予告演出が発生してしまうなど丸っ切り初代と同じワケではないのですが、まぁこれに関しては設計上仕方のないことだと割り切るべきでしょうね。少なくとも僕の予想を遥かに上回るレベルで初代を再現できており本当に楽しく打てました。☆は5つで!

 

 

歴代シリーズが好きだった方は物足りなさを感じてしまうかも…

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】ラッシュ中★3

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】ラッシュセレクト 創聖ラッシュを選択

 

ここでは主にラッシュの演出面についてレビューしたいと思います。「極アクエリオンラッシュ」は「創聖ラッシュ(図柄揃い告知タイプ)」「エクスタシーラッシュ(気持ちいい告知タイプ)」「GO RUSH(一発告知タイプ)」の3種類から演出タイプを選択可能。超高速消化タイプのラッシュゆえリーチ演出は存在せず、基本的にはいずれも即当たり系演出で大当たりが告知されます。

 

「極アクエリオンRUSHのモード一覧と演出」の詳細はこちら

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】創聖ラッシュ残107回 651図柄

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】エクスタシーラッシュ 残53回

 

「創聖ラッシュ(図柄揃い告知タイプ)」&「エクスタシーラッシュ(気持ちいい告知タイプ)」は予告演出の発生頻度が高めの演出モード。基本的には先読み予告が続くと大当たりのチャンスとなっており、ロングST×超高速消化タイプのスタンダードといえる演出構成です。ただ、そのゲーム性ゆえどちらの演出モードを選んでも「アクエリオン」ならではの魅力はあまり感じることができず、ありきたりなゲーム性だなと感じてしまったのが正直なところ。コレはもう超高速消化タイプだとしょうがないんですけどね…。

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】GOラッシュ 残8回

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】GOランプ点灯 5図柄揃い

 

そして意外と好感触だったのが一発告知タイプの「GO RUSH」。先読み演出は一切発生しないので毎回転同じ期待感でドキドキできる演出モードとなっており、長く続いた暗闇と静寂の中「GO!」が光った瞬間はめちゃくちゃ気持ち良いです。「ジャグラー」や「ハナハナ」に近い魅力がありますね。

 

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】荒野のヒース 右打ち

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】プレミアム3000フィーバー

 

本機のラッシュ中大当たりは「3000FEVER」を引けるかどうかが大きなポイント。基本的にはV入賞時やラウンド中に告知されるのですが、V入賞→ブラックアウト→「荒野のヒース」と共に映像が流れ始めそのままラウンドに突入…という告知パターンが素晴らしい! 「3000FEVER」という出玉面での興奮も相まって、ホールで見れた際はマジで鳥肌が立ちそうですね。

 

とはいえ、やはり全体的には「アクエリオン」ならではの魅力が少ないかな…というのが正直な印象。超高速消化タイプのラッシュは演出面での個性を出しづらいので仕方のないところもあるのですが、いかんせんこれまでの「アクエリオン」シリーズは連チャン中も演出を存分に楽しめる機種でしたからね…。特に今作では「初代モード」の搭載もあり久しぶりに「アクエリオン」を打ってみるか!というユーザーも多いと思うので、そのような方たちはコレジャナイ感を感じてしまうかもしれません。

 

「3000FEVER」時の1G連システムなど魅力的な面もありますが、演出面を評価するとここは少し厳しめに…☆3つで!

 

 

「初代モード」の魅力は是非一度味わって欲しい!

 

【Pフィーバーアクエリオン極合体新台レビュー】オススメ度★4

 

「アクエリオン」シリーズ最新作は昨今のトレンドをふんだんに盛り込んだゲーム性での登場。打ち込んだとまでは言わないもののそれなりに歴代シリーズには触れてきたのでどうしても過去作と比較して気になる点はありましたが、初当たりは「3000FEVER」と1500発(10R)が1:1であることや「3000FEVER」当選時の1G連システムなど、本機単体で考えれば非常に魅力的なスペックだと思います。

 

そして個人的に本機における再注目ポイントだった「初代モード」ですがこれはもう完全に期待以上の出来。細かい違いはあれどSE関係や「ベクターリーチ」などよくぞここまで!というところまで再現してくれているので、当時初代を打ち込んでいた方なら間違いなく満足できるかと思います。読者の中には初代を打ったことのないと方も多数いらっしゃるかと思いますが、枠フラから始まるドキドキ感を是非味わってみて欲しいですね♪

 

「Pフィーバーアクエリオン極合体」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコン取材をしてからYouTubeで初代の動画見まくってます。

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

新台導入日

  • 導入予定
  • 導入済み

アクセスランキング

  • 1【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】284

    【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】

  • 2ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】415

    ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】

  • 3ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】44

    ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】

  • 4ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】111

    ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】

  • 5ガリぞうがハマっている高設定を捨てずに済んだケースを理由とともに解説!【収支日記#212:2024年3月19日(火)~2024年3月25日(月)】0

    ガリぞうがハマっている高設定を捨てずに済んだケースを理由とともに解説!【収支日記#212:2024年3月19日(火)~2024年3月25日(月)】

  • 6【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 7【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 8【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!1

    【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 9【押忍!番長4】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?6

    【押忍!番長4】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 10【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?1

    【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • もっと見る