【ファミスタ回胴版!!】シンプルかつ奥深いゲーム性!ユニバーサルの最新技術介入機をレビュー!

【ファミスタ回胴版!!】シンプルかつ奥深いゲーム性!ユニバーサルの最新技術介入機をレビュー! eyecatch-image

チワッスあしのです!

 

こちらはユニバーサルさんの最新作「ファミスタ回胴版!!」を実際に遊技して感じた事をみなさまにお伝えするレビュー記事です。内容はザックリ「SLOTマッピー」のような技術介入機なのですが、野球のゲームが元ということもあり演出面ではそっちに寄せてある模様。とりあえずどんな感じか、各項目5段階で見ていきましょう! なおこちら、まだ内部の正確な数値などがわかっていない状態で書いています。想像に頼っている部分もありますので、実際に打つ際には是非「なな徹」にてご確認を。

 

それではどうぞ!

 

「ファミスタ回胴版!!」の解析情報はこちら

 

 

ゲーム性はシンプルで奥深い!

 

ファミスタ回胴版!! スペック・ゲーム性☆4

 

・スペックはA+ART
・BIG中にビタ押しの技術介入要素あり(簡易手順もあり)
・通常時は単独抽選メインの超シンプルな作り
・ただし出目や演出などの絡みはさすがユニバさんといった奥深さ

 

ファミスタ回胴版!! 筐体下パネル

 

ファミスタ回胴版!! ファミスタゲーム中 +50G

 

基本的なスペックはA+ART。BIG後に必ずとREGの一部で「ファミスタゲーム(FG)」なるARTに突入します。FGのゲーム数はBIG中の目押しにてゲット。またART中に発生する「攻撃」の回でも上乗せ可能になっています。技術介入は図柄テンパイラインによって難易度が変化。ビタ押し~3コマまで幅がありますが、打った感想としてはビタが多めな印象。詳しくはARTの項目で語ります。

 

 

ファミスタ回胴版!! ファミスタゲーム後 CHANCE TIME

 

ボーナス終了後に突入する「チャンスタイム」中はREG成立でもARTが濃厚となる高確率状態。マッピーとの違いは、これが通常時からも移行するようになったこと。今回の試打ではスイカからの移行を確認しました。

 

「通常時の抽選システム」についてはこちら

 

 

ファミスタ回胴版!! ファミスタゲーム後 CHANCE TIME中 バッティング

 

あと、パッと見て分かりますが演出はドットマトリクスではなくなってます。カラーテレビっぽい比率のディスプレイにて懐かしの8bit風演出が繰り広げられます。が、演出の総数はそこまで多くなく、あくまでも出目で見せるノーマルタイプとして設計してある気がしました。無演出でいきなりリーチ目が出て「おっ!」となるシーンも確認。その辺のバランスはバッチリす。

 

シンプルですが大量上乗せの夢もあり、かつノーマルタイプとしての面白さもしっかり備えています。あと立ち回りの項目でも述べますが、4段階設定ってのも打つ側からすると推測しやすくていいっすな。スペック・ゲーム性は4で!

 

 

通常時は狙いの図柄でゲーム性が変化。

 

ファミスタ回胴版!! 通常時☆5

 

・通常時は「黒」「赤」「青」のどこを狙ってもヨシ。
・演出よりもリーチ目でボーナスに気づくケースが多かった。
・重複役は恐らくベル以外の全役? 実戦では「チェリー」「リプレイ」を確認。
・どこで入ったかはボーナス中に確認可能。

 

ファミスタ回胴版!! 左リールBAR、ベル、スイカ

 

ファミスタ回胴版!! 中段リール ベル・7・ベル

 

演出はマッピーよりパワーアップしてるとはいえサブ的な要素。あくまでもリーチ目主体のゲーム性というのは変わってないと感じました。実際、ボーナスに気づくのはリーチ目からのケースが多く、重複の際に演出で気づく、みたいな感じ。リール制御の研究が進めばよりその傾向が顕著になっていくと思われます。

 

 

ファミスタ回胴版!! サブ液晶 成立時出目表

 

重複役は今回はチェリーとリプレイを確認。スイカも多分重複すると思いますが今回は確認できず。多分たまたまだと思います。また、どの契機で入ったかはボーナス中に確認可能です(当該ゲームでは滑りコマ数も確認可能)この辺の詳しいデータは「なな徹」にてご確認を! あと今作は通常時に狙うポイントが複数あり。筆者はずっと黒で遊んでましたが、赤や青を狙うとまた違った出目が楽しめる仕様になっているので、みなさんも気に入ったとこを狙って遊んでください。

 

通常時はパチスロ本来の楽しさを満喫できる感じで非常に面白かったです。これ系の機種はリール制御と演出の絡みの理解が進んでからより面白くなるものなのですが、ちょびっと打った感じですでに楽しかったんで、通常時は★5で!

 

 

「ファミスタゲーム」は「攻撃」と「守備」あり。

 

ファミスタ回胴版!! ART中☆4

 

・BIG中に初期ゲームを決定(技術介入)
・それにプラスして「攻撃」のターンでも上乗せが発生。
・「攻撃」が終わると「守備」へ(消化区間)
・守備中に特定ゲーム消化で再度「攻撃」へ。
・今回の試打では主に150Gで移行していた。
・「ファミスタゲーム」単体ではほぼメダルは増えず。ボーナスを目指しましょう。

 

ファミスタ回胴版!! 202枚ゲット ファミスタゲーム(FG)+156G

 

ファミスタ回胴版!! ファミスタゲーム(FG)突入

 

「ファミスタゲーム(FG)」のゲーム数はBIG中の技術介入と初回の「攻撃」にて決定。BIG中の技術介入は3パターンあって、逆押しベルのテンパイラインにて難易度が変化。上段受けがビタ、中段受けが2コマ。そして下段受けが3コマです。各々の出現率の統計はちょっと取ってないんですけども、打った感じの印象としては明らかな偏差があり、上段受け(ビタ)が最も多かった。体感では7割くらいがそれだったと思います。

 

ART「ファミスタゲーム」についてはこちら

 

 

ファミスタ回胴版!! 中リールリプレイ、ベル、チェリー 右リールリプレイ、チェリー、ベル

 

どうしてもビタが苦手な場合は左リールに赤7を狙えば75パーで成功抽選を受けられます。ビタの時だけ赤で、ほかは技術介入にチャレンジとかももちろん可能。それぞれの目押しの腕によって適切な手順で消化してください。ちなみに筆者はオール青狙い(技術介入)でやりました。真面目に消化したので95パーくらいは成功したと思います。

 

 

ファミスタ回胴版!! 中リールリプレイ、ベル、チェリー 右リールリプレイ、チェリー、ベル

 

ファミスタ回胴版!! FG中 3点獲得 CHANCEボタン

 

FGは「攻撃」と「守備」の概念あり。攻撃は3アウト取られるまで継続。その間に取った点によってFGのゲーム数上乗せが発生します。「守備」はメインの消化区間。ボーナスを引くか特定ゲーム数を消化すると再度「攻撃」へ。みたいな感じです。今回の実戦では150Gでの移行を複数回確認しました。これが150固定なのか他のゲーム数の場合もあるのかは不明。この辺は「なな徹」にて要チェック。

 

あと大切なことですが、これFG単体で出玉を伸ばすような設計になっておらず。現状維持に毛が生えた程度の純増枚数しかなく、出玉のトリガーはあくまでもボーナス。今回の実戦でもボーナス(202枚取れる)から入ったFGが216G継続してトータル236枚だったケースがあります。そういうもんだと理解してれば全然いいんですが、「やったぜ大量上乗せだウハウハ!」とかART自体の出玉に期待してるとイラッとする可能性があるのでお気をつけください。出玉はあくまでボーナスで取りましょう。

 

なんにせよ「攻撃」は野球感がありなかなか楽しいですし、消化中の曲もいい。ARTの項目は4でお願いします!

 

 

立ち回りはしやすいハズ!

 

ファミスタ回胴版!! 立ち回り☆5

 

・設定は4段階。
・完全攻略で設定1から出玉率100%を超える。
・REG確率に注目!
・女の子登場は現時点では示唆なのかどうか不明。

 

ファミスタ回胴版!!  上段BAR揃い

 

ボーナス確率(公表値)
設定 BIG REG 合算
1 1/303.4 1/455.1 1/182.0
2 1/302.0 1/414.8 1/174.8
5 1/300.6 1/381.0 1/168.0
6 1/299.3 1/356.2 1/162.6

※なな徹調べ

 

今作の設定は4段階。REG率にガッツリ差があるんでその辺に注目して立ち回ると良いかも。今回は通常時からチャンスタイムに入るのでREG大事ッス。あとボーナス終了後に「女の子」の登場を確認。ただこれFG当選のREG後に出たので、そういう意味かも。たまたまそういうタイミングで出た設定示唆の可能性もゼロじゃないのですが、うーん、薄いかな。

 

あと現状は天井の情報などは出てないのですが、ゲーム性からして多分搭載してないんじゃないかと思ってます。従ってハイエナ戦法とかは多分効かないんで、総合して考えるにこれは朝イチからガッツリ打ってナンボみたいな機種だと思います。立ち回るというよりもツモる。これを狙いましょう。完全攻略で設定1から100%超えてますしね!

 

立ち回りの項目は★5で!

 

 

ノーマルファンには間違いなくオススメ!

 

ファミスタ回胴版!! オススメ度☆4

 

ファミスタ回胴版!! BIG BONUS

 

リーチ目主体のノーマルタイプは間違いなく面白いのですが万人受けするかというとちょっと難しい部分あり。前作(?)の「SLOTマッピー」なんかはまさしくそのタイプで、人によっては「難しそうで触れない」みたいな状況だったと思います。が、今回の「ファミスタ回胴版!!」は液晶演出がついたことでその辺がかなり緩和。見た目的にもそうですけど、マッピーにおける「最終ゲームの裏技手順」みたいな激ムズ技術介入が無くなったというのもデカいかもしれません。

 

なんにせよ打てば打つほど味がでて抜け出せなくなる類のものであるのは間違いないんで、特にノーマルファンはマストで触るべき機種だと思います。そうじゃない人も、怖くないので触ってみてね。オススメ度は★4で!

 

以上!「ファミスタ回胴版!!」のレビューでした。面白かったッス。

 

 

今回のレビュー結果

 

ファミスタ回胴版!! 総合レビュー☆4.4

 

「ファミスタ回胴版!!」の解析情報はこちら

 

 

ファミスタ回胴版!! 画像21音がいいよねーこれ。ノスタルジックになれます。おっさんにもオススメ!

この記事を共有

いいね!する

6

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

新台導入日

  • 導入予定
  • 導入済み

アクセスランキング

  • 1【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】284

    【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】

  • 2ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】415

    ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】

  • 3ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】44

    ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】

  • 4【Lパチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?0

    【Lパチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 5ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】111

    ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】

  • 6【スマスロ真・北斗無双】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?0

    【スマスロ真・北斗無双】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 7【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 8【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!1

    【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 9【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 10ガリぞうが収録店舗での下準備の大切さを再認識させられた出来事とは【収支日記#216:2024年4月16日(火)~2024年4月22日(月)】0

    ガリぞうが収録店舗での下準備の大切さを再認識させられた出来事とは【収支日記#216:2024年4月16日(火)~2024年4月22日(月)】

  • もっと見る