【Pトキオブラック試打レポート】一撃4500発の衝撃。これがトキオの「裏モード」!

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回はアムテックスさんのショールームにお邪魔して、「Pトキオブラック」の試打をしてきました!

 

1989年に登場した「ザ・トキオ」から続く人気シリーズの最新機種として登場する本機は、今までとは一味違う仕様。

トキオシリーズといえば羽根モノのイメージが強く、前作「トキオデラックス」をベースに作られているため外見も似ている本機ですが、実は一発台タイプとなっております!

タワーやエレベーターといったお馴染みのギミックが活躍するゲーム性は踏襲しつつも、盤面上部に配置されたVに入賞することができれば、10Rの大当たりが4連チャンするという一撃性のあるスペック!

 

トキオシリーズや一発台を遊技したことのない方にも初打ちから楽しんでいただけるよう、遊技方法をしっかりとご説明したいと思いますので、是非最後までお楽しみください!

 

 

 

スペック

 

まずは本機のスペックをご紹介したいと思います!

 

賞球数

左・中始動口(特図1):5個

右始動口(特図2):2個

上大入賞口:3個

下大入賞口:14個 

左入賞口:6個 

右上・右下入賞口:3個 

 

大当たりカウント:9カウント

大当たりラウンド:10ラウンド

 

 

 

 

左・中始動口の賞球は5個となっており、ここに入賞することにより羽根が開放。非常に重要な箇所になります。

 

中始動口の下に位置する大入賞口(アタッカー)の賞球は14個。表記スペック上大当たりは10Rと表記されていますが、1R目は羽根入賞時となるため、実際にアタッカーが開放するのは9Rとなっています。

 

 

 

この記事を共有

いいね!する

0

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列