【闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機試打レポート】今回の「道」は保証が強い!「道ボーナス」後に突入する「闘魂チャンス」はベルナビ100回確定!!

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

今回はオリンピアさんの最新機種「闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機」をご紹介!

 

 

初代「アントニオ猪木という名のパチスロ機」の継承をコンセプトに開発されたという本機は初代のゲーム性や演出を色濃く継承し、さらには懐かしい演出であの頃の興奮が蘇る激アツの「初代モード」を搭載!

伝統の「道」はもちろんのこと、さらに本機では新たな爆裂トリガー「猪木の非常識」を搭載。シリーズならではのコミカルな演出にもより一層磨きがかかった、期待の一台となっています!

 

 

豊富なAT当選ルート

 

まずは通常時からAT「闘魂チャンス」当選までのゲームフローをご紹介したいと思います。

 

・チャンスゾーン「闘魂GP」中の対決に3連勝

・ボーナス中の抽選

・コロシアムゾーン中の抽選

 

AT当選のメインルートは以上の3パターン。

 

 

通常時は主にゲーム数消化(100ゲーム毎)とレア小役でチャンスゾーン「闘魂GP」を抽選。

 

・プロレス会場

・スポーツジム

・パワースポット

・滝修行

・アントニオ猪木酒場

・猪木リゾート

 

6種類のステージが存在し、チャンスゾーン当選期待度などを示唆しています。

 

 

 

 

前兆示唆の「アントニオ猪木酒場」、特殊ステージの「猪木リゾート」滞在時は様子を見ましょう!

 

 

この記事を共有

いいね!する

4

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列