【P真・北斗無双 第3章 試打#1】遊タイムはラッシュ確定!? 進化したスペックを徹底解説 (1/2)

【P真・北斗無双 第3章 試打#1】遊タイムはラッシュ確定!? 進化したスペックを徹底解説 eyecatch-image
パン君 プロフィール
パン君

パチ&スロ動画配信サイト「JANBARI.TV」で活動する「JB メンバーズ」所属。パチ&スロの二刀流スタイルで日々戦う彼は「ジャンバリの大谷翔平」を自称している。

Twitter
https://twitter.com/janbari_pankun
blog・WEBサイト
http://pankun.janbari.tv/

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回はSammyさんの最新機種「P真・北斗無双 第3章」試打レポートをお届け!

 

新筐体「真焔枠」で登場する本機はシリーズ初の一種二種混合機となっており、高継続×高速消化が魅力の「真・幻闘RUSH」を搭載。「真・北斗無双」のイメージである出玉力はしっかりと継承されていますよ。今回はそんな本機のスペックを詳しくご紹介したいと思います!

 

 

初当たり時の「真・幻闘RUSH」突入期待度は約57%!

 

P真・北斗無双 第3章 スペック

 

初当たり時は時短回数の振り分けが2パターン存在。87.5%で時短1回となっており、残保留(最大3個)を合わせた最大4回転の間に約1/6.17の大当たりを射止めることができれば「真・幻闘RUSH」へ突入します。残りの12.5%は時短10回となっており、大当たり後は「真・幻闘RUSH」に直行!初当たりからのトータル突入期待度は約57%となっています!

 

 

P真・北斗無双 第3章 決戦ボーナス

 

初当たりのメインは時短1回となる「決戦ボーナス」。7図柄での大当たり時やラウンド消化中に告知演出が発生した場合はその時点で「真・幻闘RUSH」へ突入します!

 

 

P真・北斗無双 第3章 幻闘決戦

 

P真・北斗無双 第3章 バトル勝利で無双闘舞

 

「幻闘決戦」は「決戦ボーナス」終了後に突入する時短1回+残保留3個の引き戻しゾーン。最大4回転で約1/6.17を射止めることができれば「真・幻闘RUSH」へ突入です!

 

 

P真・北斗無双 第3章 無双闘舞 リン

 

P真・北斗無双 第3章 一撃 PUSHボタン

 

「北斗無双」シリーズお馴染みのバトル演出で勝利することができれば大当たり+「真・幻闘RUSH」突入!勝利期待度の高い対戦相手やバトル中の様々なチャンスアップパターンの出現に期待しましょう!

 

 

P真・北斗無双 第3章 無双闘舞突入

 

「真・幻闘RUSH」に突入すると電サポ10回+残保留(最大3個)にパワーアップ!トータル継続期待度は約90%と高継続率のラッシュになっています!

 

 

P真・北斗無双 第3章 無双闘舞

 

「真・幻闘RUSH」には「無双闘舞」と「幻闘決戦」があります。

 

 

P真・北斗無双 第3章 約物落下

 

P真・北斗無双 第3章 1図柄大当たり

 

10回転の「無双闘舞」はとにかく早い!リーチ演出に発展した数秒後には決着がつくイメージです。この爽快感は過去の「北斗無双」シリーズには無かった新たな魅力ですね。

 

 

P真・北斗無双 第3章 幻闘決戦

 

「無双闘舞」で大当たりを射止めることができなかった場合は残保留3個分を消化する「幻闘決戦」に突入。ここでの大当たり期待度は40%OVERです!初当たり後に突入する「幻闘決戦」同様に様々なチャンスアップ出現に期待しましょう!

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

33
  • 1:2020-11-26 15:40:17結局は、出玉がないとね。
  • 2:2020-11-26 16:44:59えいりやんはいつ飛び出るのか教えてほしい
  • 3:2020-11-26 17:09:35ラッシュに入った時の平均出玉は初代より上なんだから、出玉感はあるでしょ ラウンド振り分けは源さんより優秀だし、遊タイムも付いてる 別にオオコケするってことはないんじゃないかな あと1年でCR撤去されるから、これとガロと源さん辺りが主力になるでしょ まぁ、出玉っていうか結局釘なんだけどね 初代でもボーダー下回ってりゃ糞だし
  • 4:2020-11-26 19:39:44糞みたいな台枠を作るな。 しょうもないことにコストかけるなよ。バカメーカーばっか。
  • 5:2020-11-27 11:10:59とあるに慣れると遊タイムまで949回転は遠い

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る