「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2」は6号機の希望になるのか!?健康増進法の禁煙化に東京オリンピック、2020年のホール展望を石川忍が徹底予測!

石川忍 プロフィール

1986年に日本大学文理学部国文学科を卒業し、大手ホールグループに就職。6年勤めた後に独立し、ぱちんこ業界専門WEBサイトを開設。その後もメディアへの出演やセミナーでの講演、各種執筆などパチンコ業界で精力的に活動中。

P-WORLD機種インデックスには検定番号:3S0950&3S1000こと、バジリスク~甲賀忍法帳~絆も大阪府422軒+ピーワの更新なんてやってません(なのだと思う)8軒のみの掲載で迎えた初春2020年でございます。アケオメコトヨロ。しつこいって?(笑。いや、たまたま本エントリーを書く直前に6号機絆2の契約書へ目を通していたものでこんな書き出し御容赦。ワシを含め多くの地域は絆撤去から2カ月以上のブランクがあるわけですが大阪は絶好のタイミングでの完全移行になるのでしょうね(チョットウラヤマシ。

 

ニコナナチャンネルの絆2試打動画視聴回数が現時点で68,000回ほどでして、これが多いのか少ないのかはわかりません。さて稼働し始めた絆2にいったいぜんたいどんな評価をキズナーの皆様が下すのか?も、ここまでの6号機の動向を肌で感じている身にとっては皆目見当もつきません…が、キズナーの皆様を含め、多くの方々が1度は打ってみたい機械…ですよね?ねっ? なんて事を思いつつ本エントリーでは2020年の展望でも。

 

実際のところ高射幸性遊技機等が撤去されてどうなのよ?素朴な疑問でございます。某データから数字を拾い出してみます。対象は2018年の年末~年始週vs2019年の年末~年始週のデータ。抽出期間も微妙にズレがあり、総台数、抽出型式数も若干違うので単純比較できるものでは無い事は分かった上で手元の資料からザックリとした雰囲気でも見て取れないかとエクセル先生にお願いしてみました。…SUM()結果… 総OUT数(稼働って意味)で前年比96.58%… 3.42%のダウン。売上げ 5.02%ダウン。粗利 5.19%ダウン。で、この期間に至るまでに高射幸性遊技機撤去等々に伴う機械代等々の経費が加算されているのが前年末~年始の違いとなりますの。ザックリとです。あくまでもザックリとですが、OUT数でおよそ180,000,000枚が対象データからブッ飛んだ計算。OUTの下降幅より売上げ、粗利の下降幅が大きいのはお別れした高射幸性遊技機の高射幸性たる所以ってこと。

 

この状況を背負って2020年へ突入した我が業界であります。

 

大枠の年間スケジュールで先ずポイントとなるのは、4月から施行される健康増進法による禁煙・分煙化。次に7月~9月に渡って開催される東京オリンピック・パラリンピック。この2つ。健康増進法に関してはみんなでヨーイドンですし、良かれ悪しかれどういった影響がでるのかは実施されてみないとわからないっす。大局で言えば禁煙・嫌煙への流れは止まる事はないでしょうから別に悪い方向性では無いと。遊園地や映画館とは年齢層・客層・来場動機も違います。競馬場等々とは客層は近くてもリズム・テンポが違います。減り続ける遊技人口の中にあって愛煙家を無下にはできないですし、働き手不足の昨今にあって若年のアルバイター諸氏は宝物なだけにパチンコ店の分煙ってのをしばらくは模索し続けて行くことになりそうです。オリンピックに関しては、日本国内で開催されるわけでして時差も何もありませんので、宅配ピザ屋さんとかは目茶苦茶忙しくなりそうだって事だけは予想できますが我が業界だけでなくどの業種もテレビの番組表には勝てる理由が見当たりません。粛々と成り行きに身をまかせつつ、便乗できるところは便乗しつつ…って思っております。入れ替え自粛があっても、対象地域は皆同条件ですからあんまり気にしていません。業界側としての大枠はこんな感じじゃないかしら?

 

問題は日々の営業。前記のザックリデータでみてもなんだかタイヘンそーでしょ?しかもしかも、現在設置中の認定機は認定期限を以って、また、“5号機カテゴリー”、“CR型式”といった前規則機は、2021年、すなわち、来年の1月末を以って「全て」がホールから姿を消すことになります。ことココに至っては‘いわゆるみなし機’とかのお話でも無く、高射幸性、及び、新基準に該当しない遊技機の設置比率ゼロパーセントへ向けてこの1年間歩みを進めて行くのですからデータなんかどでもいいくらい既にタイヘンなのよ。ただ、POKKAちゃんも当月のエントリーに書いておりましたが、「悲観材料ばかりでは無さそうだ」ってのが2020~2021。パチンコ機、パチスロ機共に新たな内規で春の訪れとともに市場投入されることになると。遊技機優位の産業ですので多くのなんとか堪えているホールは御覧の通り設置機種の入れ替えを実施しております。新台ばかりでなく中古も交え、極端な負担が生じない様に自店設置機種の認定・検定期限を睨みながら営業している(はず)。具体的にはワシの手筋は申し上げられませんが、概ね年間のシミュはお正月期間に完了。ただ、ここ数年の機械はお顔は違えどもどの機械も今や似たり寄ったり。新規則機もガロ、エヴァ、北斗、慶次の四天王も出揃い、役物系機種もひと巡りし、『くぎイラズ』なんてのもボチボチ出てきてはいますがここいらで新たな仕様の機械がお目見えするのは朗報♪頭出しからBIGNAMEとはいかないでしょうが、オリンピック明けあたりから出揃ってくると有難いなと。どちらかと言えば遊技者優位の仕様だけに活性化に期待。場合によっては大きくシナリオを書きかえる事になるくらいの機械登場を心待ちに♪

 

パチスロ機は… なかなか適合率は上がってきませんが兎にも角にもSアイムジャグラー。「頑張ったね北電子!!」これが試打第1印象。何型式くらい持ちこんだのかしらメイッパイじゃねーかな?!他の純AType作っているメーカーさんはこの後大変だね。しばらくは5号カテのジャグラーと混用だから使うとなるとヒト頑張りだろうけど、ONLY6号機となった中で大きく変わらないジャグラーでいてくれることがわかっただけで光明(敬意。

 

だけに、先ずは絆2の行く末ですよ。

 

契約しちゃったし。

 

1度くらい 打ってくれるよね?  ねっ!

 

ツーことで、本年も宜しくお願い致します。

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

50
  • 1:2020-01-24 00:02:40希望になるのかどうか一言も語られてなくてワロタ

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列