【P花の慶次 蓮 試打レポート1/3】慶次なのにハイビスカスを光らせれる!?「天下無双RUSH」は新規演出を多数搭載!「琉球編」や「四武将」の活躍をまとめて楽しめるのは本機だけ!

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

今回もニューギンさんの最新機種「P花の慶次-蓮-」試打レポートをお届け!

 

本機の確変「天下無双ラッシュ」は、「真・花の慶次2」でもお馴染みの転落抽選タイプを採用。シリーズの前作にあたる「CR花の慶次X-雲のかなたに-」の確変継続率は65%でしたが、今作ではラッシュ継続率約82%と大幅にパワーアップ!「これぞ慶次!」と感じることのできるスペックになっていますよ。

 

角田信朗さんによる「最期の一花」大西洋平さんによる「虎の咆哮」といった新曲も追加され、本機一番の見せ所をより一層盛り上げてくれます!

 

 

継続率・ラウンド振り分け・継続システム。「天下無双ラッシュ」はこれまでのシリーズの総決算!

 

初代から打っている身としてはやはり「高継続」のイメージが強かった「花の慶次」シリーズ。規制の影響もあり、ここ何作かは継続率約65%まで抑えられていましたが、本機の「天下無双ラッシュ」は継続率約82%にパワーアップ!

 

城門突破しまくる「慶次」を楽しめそうですね。

 

 

 

 

 

 

10R大当たりである「天下無双ボーナス」の振り分けが70%。残る30%は「大ふへん者」でお馴染みの「ランクアップボーナス」となっています。

 

ラッシュ中はまずリーチ演出で大当たりを願い、外れてしまった場合は「大ふへん者」の出現を願う…初代から変わらぬドキドキ感を今作でも楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

 

継続システムは「真・花の慶次2」でお馴染みの転落抽選タイプを採用。内部的に確変状態であれば上杉軍(赤軍)が負けずに電サポ継続となります。

 

「真・花の慶次2」のラッシュ中転落確率は約1/270.8(「漆黒の衝撃」も共通)でしたが本機では転落確率約1/520.12となっているので、100回転目の継続ジャッジもそこまで恐れなくて大丈夫!?

 

 

 

 

 

ラッシュ中は200回転を超えると消化スピードが約1秒で1変動と大幅にアップします。

 

 

 

選べる3つの演出モード

 

 

 

本機のラッシュ中は演出タイプの異なる3つのモードから選択可能。プレミア出現率がアップする「極ラッシュ」ももちろん搭載されています!

 

 

大戦モード

 

 

 

 

「城門突破演出」がメインリーチとなる「大戦モード」。「花の慶次」の王道と言えるモードになっているので、初打ちから違和感無く楽しめるハズ。

 

 

 

 

 

 

シリーズの代名詞ともいえる「城門突破演出」はもちろん健在。

 

 

 

 

 

メーター速度やカットインの有無、その他チャンスアップもこれまで同様に存在。チャンスアップの複合を願いましょう!

 

 

 

 

 

 

「天激ボタン」を押せば、一撃で大当たりの告知が出現するかも!?

 

 

 

 

 

 

 

今作では新たに「河原田城演出」というリーチ演出が追加。敵軍を殲滅すれば「天下無双ボーナス」に当選となります。敵軍の数が少なかったり、「直江兼続」が出現すれば大チャンス!

 

 

 

喧嘩モード

 

 

 

 

「CR花の慶次-琉-」のST中演出「喧嘩モード」が6年ぶりに復活!

 

 

 

 

 

 

「琉球編」を象徴するキャラクターである「利沙」ももちろん登場します。

 

 

 

 

 

 

 

 

メインリーチの「竜嶽バトル」は、チャンスアップが重要となっています。大当り時はチャンスアップが複合しているパターンが大半だったので、チャンスアップの複合に期待しましょう!

 

 

 

 

 

新要素として液晶下部のハイビスカスが追加。試打では確認することができませんでしたが、点灯すればもちろん…!?「極ラッシュ」を選択すれば大当り時にかなりの頻度で光るようになっているので、ハイビスカスを光らせたい方は「極ラッシュ」がおすすめです!

 

 

 

群雄モード

 

 

 

本機から新搭載された「群雄モード」は、「四武将リーチ」を始めとした新規リーチ演出を多数搭載!

 

 

 

 

 

 

メインリーチである「四武将SPリーチ」は

伊達SPリーチ<真田SPリーチ<奥村SPリーチ<直江SPリーチ

の順に信頼度アップ。やはりここでも「直江」が頼りになります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「聚楽第SPリーチ」「穀蔵院SPリーチ」「天激チャンス」は発展時点で大チャンス!変動開始時に画面が消灯すれば、「群雄モード」専用の「全回転SPリーチ」に発展…!?

 

 

 

 

絶賛稼働中の「漆黒」を好んで打つ機会も多い僕ですが、初代から打っていた身としてはやはり慶次といえば高継続というイメージは忘れられずにいました。

本機のスペックを見た瞬間の感想は「慶次が帰って来た…!」です。まさにこれまでのシリーズの集大成といった出来栄え。

これから長期間お世話になる気がビンビンしておりますよ!

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列